桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 歳忘れ顔見世座長大会〜ちょうど一年、また惚れ直し?!

<<   作成日時 : 2005/12/23 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

行きました。行ってしまいましたよ、座長大会に。
ええィ、厄払いじゃ、今月は一回も大衆演劇観てないし、
年末の座長大会観るってちょっと憧れやったし、
「当日券取れるかどうかわかんないけど、とにかく行っちゃえ!」
勢いだけで、夜の部開演の一時間前に劇場へ駆けつけました。
・・・行って良かった。大満足です。
いや、満足どころかもうお腹いっぱいです。もたれるくらい。
楽しかったー。 いい気晴らし&活力になりました。
(写真は花吹雪さんのポスターより二代目桜座長。オトコマエですなァ)
画像


その名のとおり、普段は別の劇団で全国回ってる座長さん方が、
集まって、ひとつの舞台に立つ、いわばお楽しみのサービスday。
チケット代は「え?まじ…」と一瞬怯む値段(普段が安いから余計)
ですが、その分、見応えは充分です。
なんてったって、劇団の座長ばかりが集まるんですから。
お芝居なんて「こんな使い方あり?!」な贅沢さ。
舞踊ショーでの次から次へと出てくる力のある座長らの舞にうっとり。
てゆーかショーなんて、すごい人らはが続々と出て、
「これでもか」というほど、その芸を披露されるので、
もうお腹いっぱいなほどです。
すばらしい芸の競い合いで、俗っぽくも華やかな一日となります。
ファンも負けてません。見得やらなんやらの張り合い。
唄う座長に続々と付けられるご祝儀。
(たぶん大衆演劇なんて観たこと無い人は引くよ。
 一年観てる私でも今日の量には唖然。
 まぁ、浪速クラブでの一平さんの某日の例があるから、
 免疫は出来てるけどね)
今日のために、「あたしの座長」のため特別に誂えたお着物プレ。
豪華絢爛。ここは別世界。
現実とか、お金の価値とかさ、
「それがどうかして?」な世界が繰り広げられます。
傍から見てたら「気ィ狂ってるであんさんら」なんやろな。
でもこの日だけはそんなの言いっこなし。夢の一日なんですから。

馬鹿馬鹿しいけど、なんか「人間」がいっぱい見れる舞台。
だから見たかったし、実際行ってみて良かった。
ほんまに楽しかった。笑。

本日2日目の構成演出は、
大御所・大日方満先生と、我らが“要ちゃんっ”こと里見要次郎座長。
お芝居の台本と演出は、要ちゃんです。
ご本人は、茶屋の婆さん役でしたが、いい台本でした。
各座長がええ感じに目立ってたし、話もうまかった。
あんだけたくさんの座長の出し入れを考えて、
見せ場作るんは大変やろなぁと「作家志望」の目で感心しつつも、
「あの座長、かっこいいやん。今度大阪乗ったら観にいこう」なんて
「ミーハー桃」の目でも観てました。笑。
若ちゃんはひたすら可愛く、千様は味のある老役、
たつみさんはフレッシュでまっすぐ、
飛龍は目をギラギラ光らせながらずっとネタして皆笑わせてたしなぁ。
たつみさんを主役の「番場の忠太郎」に据えて、
周りの座長たちがそれを支えるようにして進んだストーリーは、
今月急死した、のぼる総大将の追悼の意味も込められていたのでしょうね。

舞踊ショー。ほんまにお腹いっぱいでした。
でも個人的にナンバー1ゾクゾク(なんやソレ)は、
今回、要ちゃんではなく、二代目・桜京之介座長だったのでした。
大衆演劇を観出してちょうど今日で一年。
一番最初にはまった二代目さん。
キャラ的にも見た目的にも「あんなん」なので、
いろんなとこ観劇してる中で、かなり、いや沢山悪い噂を耳にしました。
たまに手ぇ抜いてるように見える時あるし、キツイ顔やしな。
噂はかまへんのですが、なんか芸に関して手ぇ抜いてるように
見えたときはちょっと嫌になって、見るのやめた時もある。
あーでも、この人は、ええ役者やわ。うん。
唄はもひとつやし、舞踊は完璧ではないかもしれませんが、
何かオーラ、ありますよ。
やっぱおいらにとってはこの方、Mr.大衆演劇。
色っぽいお声、切れ長の目、得意の悪そうな流し目。
なんだか憂いを帯びた、でも誘うような色っぽい目です。
悪いお色気です。
どんな役やっても立役はプレイボーイで、女形はやっぱヴァンプ。
そんな妖しい魅力、ある方です。

『雪深深』は参ったよ。
伴奏流れた瞬間この曲やってわかって、
出た来た瞬間「うぉー」でした。
お名前通り全面に桜を散らした左半分黒、右半分グレーのお着物。
芸者風の鬘に鼈甲の簪、桜散る舞扇。
♪でも…今も好き 、ニタ〜リ艶然と向ける笑み。
この人は大衆演劇の役者だ、ほんもんだ。
悪くてずるくて、人間くさくて、きれい。

今日は私の中で二代目さん、要ちゃんを越してしまった。笑。
ちょうど一年経って、またこの人に惚れ直したのね。
あーなんと因果なものか、とシミジミ感じました。笑。

来月は、一平さんに会えます。
この人は、別格です。うまいとかきれいとか越えてるもん。
なんかもう、とりあえず、「すごい」もん。
来月が楽しみで、また怖くもあります。
あまりにも綺麗すぎるもんって、なんか怖いもん。

でもね、1月、浪速クラブの隣の朝日には二代目が乗ってるの!
どうしよう。…気ィ多いなぁもう笑。


★第十五回 歳忘れ顔見世座長大会(2日目) 
        12月22日夜の部  於 新開地劇場★
【一部】お芝居『忠太郎月夜〜親子しぐれ』
【二部】口上挨拶:司会は要次郎座長。会長挨拶代理はあきら座長。
           今月亡くなった小泉のぼる総大将(のぼる會)への黙祷も
【三部】ショー
花吹雪若手(花の津軽の男唄)〜
☆各座長の唄
澤村謙之介(北のいい女)〜橘佑之介(Close your eyes)〜
都若丸(宗右衛門町ブルース)〜南條のぼる(恋唄)〜
市川千太郎(?)〜近江飛龍(タイガー&ドラゴン)
〜かつき夢二(石狩挽歌)〜市川おもちゃ(?)〜小泉たつみ(ごめんね)〜
紅あきら(心が風邪をひいた夜)〜桜京之介(ブランデーグラス)
〜里見要次郎with直樹・龍星(雪が舞う)〜大日方満with皐扇(おはん)
☆各座長の舞踊
謙之介(東京流れ者)〜佑之介(赤と青のブルース)〜
若丸(アキラ節)〜のぼる(雪蛍)〜千太郎・女(越前竹舞)
〜飛龍(?)〜夢二・女(?)〜おもちゃ(?〜転がる石)〜
たつみ&若手(イヨマンテの夜)〜あきら・女(鬼あざみ〜?)
〜京之介・女(雪深深)〜要次郎(月〜?)
〜大日方皐扇(悲しい酒〜?)〜ラストは全座長総踊り

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
きれいはきたない、きたないはきれい。座大=大衆演劇=《人》。
今年も座大に行きました。 恒例、2日間開催される関西大衆演劇親交会’s 年末座長大会です。 一昨年初めて行き衝撃感じたこの大会、去年しみじみ感動したこの大会、 今年は…両日共行きました。 …大馬鹿者ですね。笑。 去年この会場を後にするとき、決めてたん、 「来年は2日とも行きたい、いやさ、行く」って。 ...続きを見る
桃花舞台
2007/12/21 21:23
座大って『キセキ』
座長大会が好きです。 なぜなら、あれは、アホの集まりやからです。 仮面舞踏会ならぬ、白塗り舞踏会。 それに付随する誠にもって不純な気持ち、気持ち。 お金!着物!ハートマーク!わぁ!きゃぁ!カッコイイ!綺麗! ...続きを見る
桃花舞台
2008/12/20 18:10
「我」 -座長大会の風景、「人間」そのものの風景-
親交会のメンバーはめっちゃ減ってました。 所属劇団が減り、座長が減ったからか、 一部口上挨拶の後に所属劇団の花形が踊ったりしてました。 でも、親交会会長里見要次郎は里見要次郎でした。 びっくりするほど変わっておらず、もう、めっちゃ「要次郎!」でした。 そんな親交会年末座長大会を観てワシが思いを馳せたのは、役者の「我(が)」。 そんな親交会年末座長大会に出演する役者とお客さんを感じ、 ワシが「ほんまにもぉ…」と、笑い、苦笑いし、 でも「ええな。嫌いじゃないな。しゃあないな」と... ...続きを見る
桃花舞台
2011/12/29 04:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
良かった&桃チャンがワクワクで観劇してんのが文章読んでて感じれてこっちまで嬉しくなるわ(≧∇≦)
そこが桃チャンの文章の良い所やな

…ってウチは思う(−ω−)ウム(←偉そう(笑))

でも最後の全座長総踊りって凄そうやな
みぃちゃん
2005/12/24 00:58
ども。座長大会ってやっぱり凄いんですねー。
あちきは、浜松でちょっと燃え尽きて、他のとこを見に行ってないよ…。なんかサボってるような気分になるんですけど。(それが間違ってるから、自分・笑)

浪速クラブ某日の一平さんのすごいのってのは何でしょう?着物セットとかですか?
浜松バーデンバーデンは、そういうとこは地味でした。
やっと、1日目をアップしたので、お暇だったらごらんください。
ミオ丸
2005/12/24 15:24
★みぃちゃん様
わくわく、伝わったのならめちゃ嬉しいです。笑。
お褒め頂き、ありがとうございます。

最後は皆で親交会の文字の入った揃えの着流しで立役勢ぞろい。
題名わかんなかったけど、北島三郎さんの曲でした。
二代目さん、充分化粧落とす時間あったろうに、
女顔のまま、着流しに男鬘。
この人、いつもだ(女形やった後、ラスト舞踊出る時)。
替えてこようよ〜とつっこみつつも、
なぜかその女化粧の立役が色っぽくて「ま、ええかな」笑。

いろんな座長さんが見れましたし、
客席でもいろんなファンの方と話せたし、楽しかったですよ。

そうそう、紅あきら座長がすごくカッコよくて、
こちらもちょっと惚れた。笑。
そない若くないです。
息子の大介くん(17?)が来年、座長襲名予定だし。
でも、なんかキザな雰囲気にええ声、しっかりしたお芝居の
「ちょい悪オヤジ」で「おぉっ?!」と思った。笑。
女形もね、一見めっちゃ「男の人が塗ってる」って感じなんです。
でも、動きとか表情とか、ずっと見てる内になんかはまってまう。
この歳だからこそのお色気、というか。
桃レス
2005/12/24 23:58
★ミオ丸様
レポ見せて頂きましたよ。
というより、アップ、今か今かと楽しみにしていましたもの。笑。
今回もボリュームたっぷり、写真も素敵で、楽しく拝見しました。
そりゃこりゃ燃え尽きるって。笑。

桜散らした黒(?)の女形の着物、
私が前にここに貼り付けた写真(友人からもろた写真)
のと一緒やぁって思ってみてました。
浅草で、贔屓の方から頂いたものらしいですよ。
写真でもびーっくりしたから、
生で見たら相当インパクトあるんだろうな〜。見たいっ。

お芝居、現代ものだったのですね。
私は座KANSAIさんで現代もののお芝居はほとんど観ていません。
(『小豆島』くらいかな?)
なので、ちょっと羨ましかったです。
個人的には、股旅物武家物など、「めっちゃ時代劇!」
の方が好きかなぁって気はしますが。でも、いいなぁ。笑。

ぶっかえりも見られて良かったですね。
女形のぶっかえりは、『天城越え』で見ました。
あの時も白→赤だったなぁ。あまりの技術にぎょっとしたなぁ。
桃レス
2005/12/25 00:08
レポ楽しんでいただけて良かったです。
大衆演劇って、ディテールが楽しいから、ついつい細かく書きたくなってしまいます。
で、長くなる。

黒&桜の着物、実物で見ると、顔も違うんですよ。
あの濃いピンクが顔に映えるのか、もしかすると化粧を変えているのか、目元がぽっと紅色に見える…。色っぽいです!

白→赤のぶっかえりもあるのかあ。
私の見たのが、ピンク→白で、あと立ちの黒→黄色もあるでしょ。
いったい、何セットぶっかえりの衣装を持ってるんだ?この人。
あまりの素早さに、え?今なにしたの?って感じでしたね。しかも、回転しながらやるじゃないですか。あれはたぶん、遠心力かけた方がきれいに落ちるんだと思う。後ろ、帯にひっかかったりしないように。
ミオ丸
2005/12/25 12:41
わかりますわかります。一曲だけでいっこ文章書けるもん。笑。

桜のお着物、化粧も変えてるんや。それは知りませんでした!
一平さんはどちらかと言えば柄物とかドハデな物より、
シンプルな着物をしゃきっと着る方が似合ってるな、
と私は思うんですが(帯と揃えでブルーとか)、
いやぁ、何着てもサマになってますね。
ご本人の品の良さ着こなしの巧さのせいかな。お見事です。

ぶっかえりの時は、ストロボ焚いたりと照明も派手やから、
ほんまに見てて、ゾーッと鳥肌たちますね。
そうそう、回転しながらの瞬時の動きに、
「え?うわ!すごい!」みたいな。
返すタイミングも計算されているのでしょうね。
ただの趣向になっていないところがすごい。
曲の盛り上がり、ここやというポイントでのぶっかえり。
深読みしてまう人間ですので、『天城越え』のぶっかえりなんて、
ほんまに感動しました。
あぁ、ここでぶっかえりなんや、
あー、ストーリーになってる、感情?物語?そんなんが見えるって。
(好きやから言うてちょっと過大評価しすぎな感はありますがね。笑)
桃レス
2005/12/26 00:04
化粧を変えているのか、色が映るのか、どっちなのか?
聞いてみたいですねー。

ええっと、19日分もアップしました〜。
ミオ丸
2005/12/27 19:52
拝見しました。
ええ、もう一人でワーキャー騒ぎながら見せて頂きましたよ。

写真のコーナーまで作られたのですね。
ええ感じのショットいっぱいで素敵です。

『黒い花びら』、めっちゃカッコよかったのでしょうね〜。
あの白コートって、大衆演劇ではよく見かける定番スタイルですが、
あれがほんまにぴったり「似合う!」と思える役者さんって、
意外と少ないと思う。
私の中では、あれ似合うの、
劇団花吹雪「二代目さん」桜京之介座長の『一番星ブルース』の際がダントツ!なのですが(この方は白コート姿は定評あり)、
お写真拝見して、写真だけで一平さん、ランクインです。笑。
桃レス
2005/12/28 12:50
書込みありがとうございましたー。
白コート、一平さんのはかなり最終兵器ですね。
例えるならば、眠り狂四郎の半月殺法、桃太郎侍の薄衣、宇宙刑事の蒸着スーツ…、あ、いかん、ちょっと調子に乗ってきた(笑)。オタ魂が…。
桜京乃介座長の写真見てみましたが、似合いそうですね。ちょっと目切れ長で、あまり恰幅が良すぎず、でも立派な感じだと似合うのでしょうか。
ミオ丸
2005/12/28 19:56
桃太郎侍の薄衣という表現、よくよくわかります。笑。

うーん、そうですね、がっちりしすぎてない、
でも痩せ過ぎてない人が似合うなぁ。
そうそう、切れ長目なんですよね。四角いアイメイク。
初めて見た時強烈なインパクトでした。
あら?してみると私は「アイメイク頑張って塗ってる役者さん」
が好きなんだろうなぁ。笑。
桃レス
2005/12/30 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
歳忘れ顔見世座長大会〜ちょうど一年、また惚れ直し?! 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる