桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS キザ考A。キザと人間味の微妙な関係。そして濃く輝ける理由。

<<   作成日時 : 2007/02/11 02:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

とある、若い座長さん。
ナルシストです。キザです。キメキメです。殿下です。
ワシね、どんな役者さんでも「嫌いっ、もう観たくないっ」てのはないねん。
文句は何観ても言いますが、誰を見ても、
嫌! もう二度と観たくない! ってのはないねん。ほんまよ?
でも、ワシはその若い座長さんが、唯一、ニガテでした。

だって、放ったらかしやねんもん、客を。
全部自分発信自分受けやもん。
見下してるもん、客を。
氷の君、やもん。…あれ、かっこいいなその言い方。笑
そう思ってました。ええ、過去形ですよココ重要。

かっこつけすぎで、
世界入りすぎで、
キザ・ナルすぎで、
なんか、情が感じられない。人間味が全く感じられへん。
なので、なんか、ちょっとワシには怖い。

と、思ってました。

その座長さんを、木曜、夜、友人と観てきた。

なんでもかんでも苦手とか言って決めつけるんって良くないと思うねん。
それに、あんだけ人気あってカッコイイねんから、
なんかスゴイ魅力があるはずや。
ワシがそれに気付いてないだけや。
いや、ハナから「苦手」扱いして、気付こうともしてないんや。
そんなん、絶対、あかんわ。

そう思ったので。
ものすご前の席で観ることにした。
基本後ろ席好きな人間が、
浪速クラブ入って「お席どこします?」て訊かれたとき、「前がいい」! 笑
「うーん、前ねェ」と席探してくれはるおじちゃんスタッフさん、
その背中に向かって、「うん、めっちゃ前(がいい)!」。
おじちゃん、苦笑。「ここは?」…え? いっちゃん前はちょっと。
でもかなり前の方に。 
臨戦体制なワシ。←なんか言葉おかしいよ。笑

出てきた。
やはり爆発的に、キザで、ナルシストで、入り込み具合炸裂でした。
どひゃー。

でも…ん?

キメすぎ。もう氷のように完璧キザでナルシスト。
氷の君。王子。吉野君(『なんて素敵にジャパネスク』より。笑)

でも。
だからこそ。
いや、そこまでキザやからこそ、

ワシ、
笑えてしまったん。
なんでやろ。

キメキメ。
ナルナル。(すいません、そんな日本語ありません。笑)
オノレの格好の良さ色っぽさ人気ぶり、
今ノリにノってる人気役者やということを、
ぴたりとも疑うことなく、むしろそんなの当然よ、
はいはいわかってるよ、当たり前やん、俺かっこいい、
はい、ウインクするよん、はい、ぶりっ子ポーズしちゃうよん、
な、踊りぶり。

そんなん、イラっとくるん。きてたん。
疑わんの? なんでそんな「上から」なの? 
なんでそんなに自分大好きなの? そんなんじゃ芸止まっちゃうよ、と。

そう、だから、苦手だったん。

でもね。
キマってればキマってたほど、
酔えば酔いはるほど、
見えたんよ。
何が?
ホコロビが。

ん? この言い方じゃただの根性悪にしか聞こえないやろけど、
ま、ま、怒るんちょっと待って、ね。笑

100点満点のキメに近ければ近いほど、
客(ワシ?)って贅沢、その、0.00000001%くらいのホコロビを見つける、
知らず知らず見つけたくなる、そして、見つけてしまう。

見つけた。

それは、「完璧にカッコイイ!!」なんて無理やいうこと。

イラってくるけど、ほんまにかっこええんよ。
でも、その「俺ってカッコイイんよ」と思う意識から、何かがちょいと緩む。
無意識的に。
つーか、そもそも、
昨日も書いたけど、そこまでばりばりにキメキメキザって、
キマりすぎてるから、観てて照れるんよ、笑ってまうんよ。

そう、100点に近すぎることが、欠点。
やりすぎてる、から、笑えてしまう、そこが、ホコロビ。

でも、その「笑える感じ」は、決して、悪い笑い嫌な笑いじゃないねん。
ほっとするねん。
あ、こんなにキメてる人も、ダメなとこあった。
それは、びっくりするほど、人間臭い面。
零度じゃない、人肌温度。 

なんか、嬉しくなった。王子じゃない、我々下々のモノと同じやってわかって。

で。
そうしてキメすぎてカッコつけすぎな姿がカッコイイんや、と思った。
そう、そういうこと。 (どういうこっちゃ)

「バカだなァ、ええなァ」って誉め言葉、出ました。
嫌いじゃなくなった。いとおしゅうなりました。

妬いてたんかもね。
「その自分で自分のカッコよさわかりすぎてる(実際カッコイイ)」とこに。
ほんっとに苦手やったんやけどね。
その自信からくるキラキラさに、
なんにもない自分は、知らず妬けるとこがあったのかもね。

しかもほっとんど自分と歳変わんないのに、よ。
ここ、重要やってんよ。
何、この「上から」感は?
若いのよあーたも、なのにナニソレ?!、まだまだ謙虚におらなあかんのちゃん?
(例え自分イケてるってちょっとでも思っていたとしても)って。

でも、やっぱり、若かった。
いい意味でも悪い意味でも若かった。
そして、そこがあんだけ強烈に濃く輝ける理由だとわかりました。

さ。
これから。
歳とるぞ。嫌でも。楽しくも。
どんどん若さだけじゃ通用せんようになる、
そして、ぶちあたる壁だっていっぱいあるだろうと思う、
でも、歳とることは悪くない。
きっと、歳とることで、「自分」が見えてくる。
そんな自分と向き合いながら、歳重ねてく。
そしたら、そしたら、変な自意識も消えるでしょう。味も染み出て。
がんばろ。

大の苦手やった若い座長さんに、
よくよく考えさせられました。
嫌いじゃなかった。あー、いいなって思った。また観たい。
うん。やっぱり、酔えるだけある、華やかで光ってる、カッコイイや。

でも、やっぱり、「好き!!」じゃあ、ないけど、アイカワ殿下。そういう理由で。笑

☆真芸座 合同公演 @ 浪速クラブ 2/8 夜☆
【ミニショー】
けい中心 ♪津軽〜 
         キレイ系、男前系の揃った劇団さんやなァと感心
幸次&? 「?」
         ばりばり動きそうな威勢よさげな二人。ニコニコ楽しそう
りか ♪生まれ変わっても〜みたいな歌詞の曲
       お芝居でも好演。この女優さん好き〜。
       可愛くてたくましそう。笑
梅座長 「?」
        傘をもってクールに涼しく。
        目元涼やかな兄上、梅之助座長。上品なお顔立ち。
昇座長 ?〜「酒と泪と男と女(ライブバージョン)」
         客席から登場。キメます。
         カッコイイポーズ数種を次々、披露。
客、キャー、ですよ、そりゃ。
【お芝居】 花の渡り鳥
         クールそうに見えた兄上が大暴走、驚きました。
         そしたら、弟もチョケる、チョケる。仲いいなァ、もう。
         よォ笑いました、兄弟でしか出来ん笑い。笑
【ショー】
女優さんら 「?」
         女優さん全員がしっかりサンに見える。
ポワンはいない。びしっと
鷹・幸・剣 「立ねぷた」
         若手さんもいきいき・ピチピチしてます。勢いある
  ター坊 「いいってことよ」
         ばりばりキメて踊る子役くん。
めちゃかっこいいねん、その踊りっぷり!
    鷹 「(うめ吉の俗曲?)」〜?
         爽やか好青年。健康優良児、体育会系さわやかくん。
        にかっと笑いながら踊りはります。すごく印象良し。
        嫌いっていう人少なそうやなァとか思ったり
   志保 「おさん」
        可愛すぎるおばあ…いや、おばちゃま。
        でも、塗って踊るとホノカに色っぽい。いいなァ。
        お芝居でもニコニコ、いらんこといっぱいしてて可愛かった
梅座長 「竹とんぼ」
      嫌味の無いすきっとしたクール二枚目さん。微笑む様も男前
昇座長 ♪あなたにありがとう〜 みたいな歌詞ある曲
        アクあるこってりお茶目キザな男前。
        でも、ここまであざとく演出できるん、かっこいい
け・ひ・鷹 「?」
       ひろみさんは感じのよいお姉様、けいちゃんはほんまにキュート
  大五郎 「北海の満月」
        すごすぎる11歳。なんだこれは。幕開いたら寝転がってた!
        溢れんばかりの若さと勢い。
        そして、この歳でどこまで?!なナルシスト具合。
        びびりました。
        でも、この子、嫌いじゃないねん。他もみてみたいねん
梅座長・女 「恋」
        正統派二枚目なお顔ですが、変わった色や形の鬘も合う。
        でもって、変わった格好しても、品がある。
        しっとり、情感たっぷり。きれいでした
昇座長・女 「DESIRE」
        曲でもうびっくり。ばりばりダンシング。
        こういうのんも似合いはるんや。
        オットコマエな女やったなァ。笑
若手さんら 「揚州エアポート」
        なんか面白い動き取り入れてた気がする。
        でも思い出せん。なんでや。。
    愛 「紅の舟唄」
        本日の衝撃作。
        そして、たぶん今年の衝撃作のうちのひとつに入る。
        両座長のお母様です。
        めちゃめちゃ凛とした涼しすぎるお母様。
        びしっと張り詰めた雰囲気を持って、
        客を静止させる何かのオーラをお持ちです。見入った
梅座長・女 「?」〜「湯の花KOUTA」
       なんやろな、こういう軽い感じの明るい曲でも上品やねん
       キレイな顔してはるねん
昇座長・女 「好色一代女」
       さっきみたいなアップテンポも似合うけど、
       やっぱり、こういうしっとりとムードある曲のが、
       より、「らしさ」や色っぽさが増して、合ってはる。
  ラスト 「人生廻り舞台」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アイカワが『哀歌』で魅せた大衆演劇のバカで俗でタマラン素敵さ
月ィ替わったけど、2月の楽日、ひさびさ芝居にゆきまして。 けっこ、気合い入れて、「行くぞ!」と数日前から決めてまして。 冷めながらアツく、そんなんしとる暇ないやろ日に、出向きました。 ココ観るって、決めてました。 訳あって、やっぱりニガテやとわかってる座長を1人で観てきた。 そして、本当に、いい観劇となりました。  ワシ、お礼言いたいよ、“殿下”。 やはり、この方は、今、最も輝いてる座長さん(の1人)です。紛れもなく。 今、いっちゃんノってる役者さんです、哀川昇座長。 ... ...続きを見る
桃花舞台
2009/12/27 21:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わかる! すごくわかります!!
「殿下」? うまいっ(爆笑)。

ところで私、「この劇団だと桃さんが気に入るのはこのヒト?」って
なんとなく予想がつくようになりました。
大五郎くんは絶対好きだと思った!

わたし的おすすめは、紅あきら氏のお兄さんの
椿裕二座長(劇団大川)です。うん、きっと受けるはず!(?)
愛媛みかん
2007/02/14 21:53
殿下っつても、パタリロじゃないですよー。笑

ですよね。
自覚し出しました。
そして、最近、友人にもよく言われます。
わかりやすい、偏った、スレた好みなようです。
思いっきりバカっぽい人、
枯れてる人、
不思議オーラ漂わせてる人、
独り爆発的に異様に巧い人。…どれかです。笑

大五郎くんは11歳であの芸風やから好きです。
もし20前後なら、たぶん、「うーむ…」です。笑
大五郎くん(てか真芸座自体)は、友人から、
「桃♪ちゃんにいっぺん見て欲しいわ。で、感想知りたい」
と薦められ(?!)ました。
ありがたいことです。そして、十二分に楽しみました。笑

椿さん、自分でもずっと注目してて、
その友人からも「あんた、絶対好きやで」と太鼓判押されています。
来月、大阪に乗られるので楽しみでなりません。
龍昇さんも、めちゃ好きなんですよ、私。笑
桃♪⇒愛媛みかん様
2007/02/15 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
キザ考A。キザと人間味の微妙な関係。そして濃く輝ける理由。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる