桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS さくら、さくら、花吹雪夢吹雪。

<<   作成日時 : 2009/05/29 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像やっぱり、とても綺麗です。
何の文句があろう?いや、ある訳ない。
これ、これや、
なんだかんだあって、これが魅力なんだろう。
なんて美しい、なんて俗っぽい、
なんてキラキラ、花吹雪!
大衆演劇ってヤツの「原点」を、
改めて、教わった気がしました。

大衆演劇を観始めて5年目に入ったワシは、
ここ最近も何度か書いてきたけど、
ちょびっと大衆演劇に飽きかけてる感がありました。

元々気が多い性格もあるし、ちいさい世界が苦手なのもある。
熱心すぎるお客さんが多すぎるのもちょっとしんどくなったのもある。
で、それで、さ。

あほほど好きな役者は1匹居てますよ。笑。
でも、もう、このオッサンの存在はなんだかもうちゃうもんになっているから、ねぇ。
(なんせ「敵!」なんて言うてるバカ桃なので。笑)

それはさておき、
なんだか、
周りの「大衆演劇にはまりすぎている人」とか見て、
羨ましく思いながらも(ワシは冷めているので。苦笑)、
寒く怖く思えてきてたのです。

そんな訳で、
今月は、前半はどたばたと通いましたが、
後半、今月の大阪にはいーっぱい好きな劇団さんが大阪に居てはるのに、
行かなかった、ああ、行けなかった。
(後半、いきなり大きなCM原稿の仕事が入ったのもあるし、体調崩してたのもあるんやけどね)

が。

ふと、土曜日、奈良に行った帰り。

…ふと、寄りたくなった。

「あー!なんか!芝居!踊り!観たいー!」って。

…やっぱめちゃめちゃはまってるんじゃん、まだ、とても。

笑。

向かったところは「弁天座」。
乗ってた劇団は「花吹雪」。

画像


画像


ワシが生まれて初めて観た大衆演劇の劇団です。
初めて「女形大会」なるものを観た劇団です。
それ以降、あほほど大衆演劇を観るようになったワシを
ずるずるべったりのめり込ませた劇団です。笑

ひさしぶりに観たこの劇団さんは、パワーアップしていました。
若い皆のお名前も見事に変わっていました。
ワシがズキューンとやられるエロ流し目(褒め言葉)の「二代目さん」は
ちょっとふっくらされてました。
同い年の若座長はさらにさらに男前になってはりました。

そしてそして。

なんと偶然にも、女形大会。

…ああ、また、観てしまった。笑

美しい衣裳に着飾ったハレの役者さんたちが、女形、女形、さらに女形。
どのひとも、どのひとも、うつくしい。
息つく間もなく、イケメンが、とっておきの衣裳と曲で、くるりくるり。

お客さん、ほぉー、きゃー。

なんて世界だ、なんてうつくしいんだろう。

うん、そして、そのうつくしさをちゃんと支える、
お金、流し目、色目、思わせぶりポーズ。

なんて世界だ、なんてきたないんだろう。

笑。

このきたなさとうつくしさの表裏一体加減。

ああ、これが「大衆」、これが「大衆演劇」なんだよ、きっと。

観ててさ、ニタと笑顔になるのが自分でもわかった。

なんやろな、
不細工な役者さん皆無、
皆きれい、皆整った顔のイケメンそろい、しかも芸も達者、
豪華絢爛、花の舞台!文句なし!
だからこそ、俗っぽい美しさ汚さがより伝わってきた気がして。

そんなもんをこれでもか!と見せてくれるこの劇団は、とても素敵に見えて。

眼福。

中途半端に「芸道ひとすじ」やとか「お金なんて」やとか「お客様お客様」
なーんて、うまいこと言うてる劇団さんよりも、明るく、かえって、すがすがしく見えた。
だって、こんなに、イケメン!

きらきらで、俗っぽくて、あざとくて。
ギラギラで、きれいで、アホっぽくて。

庶民の、大衆の、娯楽なんですね。

ぞくぞくして、ドキドキして、わくわくする、身近な芸能なんですね。

そら来た、流し目っ!
わー、きれいな衣裳にカツラのイケメン!

こんな劇団さんが今この時代に日本に200くらいあってさ、
毎日毎日舞台=生活してて、
夢見せて、見せられて。

ほんに極楽。

ちょっと手をのばせば、足のばせば、身近にある別世界。

オトナの娯楽、オトナのおあそび。

ああ、もう、やっぱ、ええなぁ。

画像


そんなうつくしさをお腹いっぱい味わえる、きれいどころいっぱいの劇団です。

ああ、おいら、この劇団から大衆演劇デビューして良かった。

なんだかわかんないけど、この日、とてもそう思いました。

舞台の上には「キレイ」と「夢」と「華」がいっぱい。
花吹雪、夢吹雪。さくら、さくら。

…さ。来月も、いろいろ、いっぱい、観よう。

☆劇団花吹雪@弁天座 5/23 夜☆
昼夜合わせてトリプルの大入り。
もう少しでフォースやったとか!さすがです。

若手が改名しはったことはどっかから聞いてたんですが、
ちょいと戸惑いました。
そしてそして、そんな若手の皆は数年前よりも格段に男前度が上がってました。

無敵やなぁ。

もちろん、お父ちゃんSもええ男。

ちょっと残念やったのは、かおりちゃんのお父さん、春日さんの踊りを観られなかったこと。
ワシ、春日さんのファンなんです。次こそっ。

【ミニショー】
OP:「?」
       幕上がった瞬間、「うへぇ」。
       「ひゅー」なんて口笛吹きたくなるようなイケメン揃い〜
明菜:「惚れたが悪いか」
       なんだか今時の若い女子って感じがして、
       その子がその子らしくお化粧して好みの衣裳で踊ってる感じがして、
       いつも好感度高いアキナちゃん。
       この日一緒に行った友人(初・大衆演劇)曰く、
       「若いころの渡辺美里」に似てる、と。笑
真之輔&夢之介:「侍」
       出たー、美人兄弟。
       若とこの兄弟と。これぞこの劇団っていつも思うんよなー。
かおり:「せつないね」
       ワシ、かおりちゃんが好き。
       この劇団で最も(唯一?)物語のような踊りを踊る、ええ女優さんです。
       若いやろのに。うまいし、情感あって。かおりちゃん(とお父さん)を
       観るのがまたひとつの大きな楽しみだったりする。
ラスト:「?」

【お芝居】 『道中夢枕』
       お。おととしの座長大会で観た芝居や。
       たしかたつみ座長が立てた芝居やって言うてたやつや。
       軽いタッチで、でもキメどころあって、見やすく楽しいお芝居です。

       若座長、すごくお芝居姿がきまってきたように感じました。
       決して顔だけじゃない。

       楽しく芝居する寿美座長、キメッキメの二代目。
       そんなお父ちゃんたちも味があって好きです。

【ショー】
OP:「じょんがら恋歌」
若座長:「愚か者」
       かっこええ。それでええ。
二代目座長:「羅生門」
       ワシこの人好っきやねんなー。
       流し目、キメ、流し目、にやり。どろっとしたお色気。悪いお色気。笑。
若座長&明菜・かおり:「桜小町」
       華やか!これがいわゆる華やか!
寿美座長・歌:「(杉良太郎の曲)」
       淡々と歌う寿美座長
恵介・女:「思い出化粧」
       かわいーーっと客席から黄色い声。
       小悪魔的女形。
松之介・女:「天城越え」
       きれいになりはったなぁ、なんて。
       このひとはどんどんもっと化けるような気がする。
愛之介・女:「津軽海峡冬景色」
       丁寧に踊る、雰囲気がある、落ち着いてて、上手で。
梁太郎・女:「(中島みゆき の曲?)」
       存在感が増しはった。色っぽさも増しはった。重要ポジション。
夢之介・女:「惚の字の・ほ」
       ワシ、この子がわりと好き。
       ふつーの若手さんが持ってない何かを持ってはると思う。
       ひさしぶりに観たら、また化けてた。いやいや、もっと観たい。
真之輔・女:「孔雀舞」
       夢ちゃんのお兄さん、真ちゃん。華やかやし、舞台度胸ある、目線がええ。
       すごい人気です。
若座長・女:「海に歌う歌」?
       彼の美人さは一見の価値あり。好きとか嫌いとかではなく、きれいやねんって。
二代目座長・女:「銀座の蝶」
       この歳やから、この存在感、このお色気なんやろうなぁ、この目線やねんやろうなぁ。
       中途半端ではないこの色気が好きです。
寿美座長・女:「ある女の詩」
       寿美座長の女形、とても綺麗です。無駄なこと変なことしないんだよね。
       それが人気の理由なんだろうね。
ラスト:「ジュピター」



ブログランキング・にほんブログ村へ
ひさしぶりに芝居記事を書いた気がします、
今後も楽しく書きますので、どうぞ、クリックをよろしくです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます☆
花吹雪さん、今月、やっと、伺うことができました。本当に「イケメンの金太郎飴やあ==」グルメレポーターのように、うなりました^^☆
桃さんが、「イケメン」の王道を行くなら、春之丞座長と、薦めてくれたのですが、なるほど☆スタートの劇団さん、、私の良太郎座長(皇子)と同じなんですね^^桃さんお薦めの方、後2人☆今年中に、お会いできるかな〜^^

花柄☆
2009/05/29 05:14
デビューが、『花吹雪』 は、とても幸運だったかも(笑)。

知り合いのお婆ちゃんは、
『たまには綺麗なところ観なさい』(コラコラ笑) と私を誘います。 そして、合間に必ず
『これぞ、大衆演劇よ』 と言います。
全く、異論ないです(笑)。 おまけに、愛想も感じも良い彼らに、にっこりされると、
イケメンに興味ない私も、「また来ます」 なんて、言っちゃったりします(笑)。

かや
2009/05/29 11:20
金太郎飴ですか。
笑ってまいました。
あれだけ綺麗な方が揃ってると、
もう見ごたえがあるというか目の保養を通り越して
目の毒というか。笑。

理屈はおいておいて、
「きれいなもんはきれい、
きれいなもんはええ」ですよね。

私は、
そんな「きれい」を観て、
「きゃー」にはなれんのですが、
「感心」してしまいます。

あの「感心」から大衆演劇にはまったんやなぁ。笑。

でも、はまって5年目、
そんな今思い返してみると、
「ものっすご好き!」「なにをおいても観たい!」って役者さんは、
「イケメン」「美形」よりも
「個性」「俺!」「こんなん、ほかにおれへんで」って人の方が多いかも。

やっぱ好みがひねくれとりますわ。笑
桃♪⇒花柄☆さま
2009/05/29 16:36
そのお婆様、
そしてかやさんと、
全く同意見です。笑。

ばれていると思いますが、
残念ながらイケメンに興味、ありません。
それよりも、あんな役者さんやこんな役者さんに
「ほー」「うわー」「凄えー」となります。

でもね、
そうなんですよね、
「たまには綺麗どころオンパレードを」ってね。笑。

ほんで、
「凄いなぁ、よぉこんなに揃ってるなぁ」なんてね。笑。

なんしか舞台なので、
好き嫌いはともかく、
綺麗なものが次々と登場するというのは素晴らしい。

この劇団さんはそういう意味では
どこの劇団にも負けへんと思います。

そういう意味で、
折に触れて、観たい劇団です。

ちなみに、桃、
友達に、
「大衆演劇観てみたいねんけど」って言われたら、
いつも迷わずここに連れていきますよ。笑
桃♪⇒かや様
2009/05/29 16:41
真之輔くん、すごい人気なのか・・・むべなるかな
観るたび、やっぱりいいな♪ と思うのが真ちゃんなんですよ。
真ちゃんの流し目もなかなか・・・ウーン父親譲り?笑。
かや
2009/05/30 08:52
そうそう、桃さんと同じ日の夜、私の大衆演劇の師匠も観に行ってたみたいです〜(大衆演劇初心者の大学生さん達、連れて行ってたみたい、、彼女達、、はまっちゃたみたいです^^;師匠、、恐るべし、、私も、師匠に洗脳されたひとりですが、、)
花柄☆
2009/05/30 23:27
お!真ちゃんがお好きですか。
私は弟の夢ちゃんを観るたび、
「やっぱりいいな」って思います。

美形兄弟。好みのわかれるところですね。笑
そして兄弟とも父親譲りのええ目、してはりますよね。笑
桃♪⇒かや様
2009/05/31 18:04
ありゃりゃりゃ、
ほな同じ公演を同じ空間で観ていた訳ですね。
なんと奇遇な。笑。

ちなみに私も初・大衆演劇、初・花吹雪を体験したのは、
大学生のころでした。
彼女たち、きっと私のようにどっぷりはまっちゃいますよ〜。笑
桃♪⇒花柄☆さま
2009/05/31 18:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
さくら、さくら、花吹雪夢吹雪。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる