桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS キミの背中には羽根がある?

<<   作成日時 : 2010/08/21 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

画像後ろ姿で語れるようになるのは、
いや、後ろ姿が語るようになるのは、
いつからでしょうか、
いや、どれくらいの、何からなんでしょうか。
歳?でも、きっと歳だけじゃないんだろうなぁー。
なんてことをあっちゃこっちゃで考えたりするワシです。笑

先日、ワシは人の「目」に興味があると書きましたが
それと同じく興味があるのが「背中」。

背中で呼んでる唐獅子牡丹。

あ、いやいや、背中の絵、
絵のある人に興味とかそんなんとちゃいますよ。
そんなん、ちょ、しんどいっす。笑

そうじゃなくて、背中、背中。

お背中流しましょうか、の背中。

あ、いや、お背中流しましょうか、は今村昌平の『復讐するは我にあり』ん中の
あの衝撃シーンから思い出しただけだけど。笑

あ、そうだ、

ボクの背中には羽根がある、の、背中です。

いや、あの、羽根、ないんですけどね、実際はね。笑

目はその人の“命”やと言われる&思うんですが、
背中も、たぶん、ある意味、きっとそう。

若くたって、歳とってたって、曲がってたって、しゃんとしてたって。

うん?でもなんだかそんな“カタチ”だけじゃないような気もする。

いや、でも、ある程度の歳は要るんかなという気もするけど。

あなたの背中からは何が滲み出ていますか。

何を発信してますか。

いやーん、そんなん思われんねやったらおいそれと後ろ向かれへぇーん。

きゃー、でも、目も重要ー。

と、思うと、
まっすぐ、胸張って堂々と人見る&立つってのは、
なかなか自信と勇気がいることなのかもしれませんね。

うきゃあ。

羽根があるかどうかは知りませんが、
ずっと君と生きていくための羽根、
どんな夢もかなう気がする羽根があるかどうかはよくわかりませんが、

でも、かっこええ人の背中ってのは、
なんだか、なんか、なんか“出てる”ような気がしたりするのです。

男も、女もね。

ナントナク。

それは必ずしも「黙って後ろからついてこい」ってな“押し”や“大きさ”だけじゃなく、
それとは逆に隙や欠けてるもの減ってってるものみたいな“弱さ”みたいなんも
もしかしたらあるのかも。

でっかかったり、ちっこかったり。

まぁるかったり、ごつごつしとったり。

セクシィだったり、いたいけだったり。

肉ぎょうさんついてたり、ホネホネだったり。

分厚かったり、薄かったり。

焼けとったり、白かったり。

あれ?なんの話しとったっけ、
ワシが書くとどうも食いもんの話みたいになってもうてダメですが。笑

うしろすがたのしぐれていくか。

そんな背中にがばっと、羽根のあるかもしんない背中にがばっと抱きつく…
なぁんて言うとなんだか色気があって、
ワビもサビも雰囲気も理解したええ大人ぁな感じもしますが、

これを書いておるワシは、そんなんやなく、人の背中を見て、
ばしばし叩いたり、つんつんつついたり、こそばしたり、と
そんなアホしかよぉ出来ません。うへへ。笑

歩いてて、前に居てるのが知ってる人やとその背中で気づいて、
あ、よっしゃ、うっふっふとニヤつき、近づいて叩いたりつついたり、みたいなさ。

ま、でも、それが楽しいのもあるんだけど。笑

すぐには無理、だけど、そんないーぃ背中になりたいもんですね。

そんな背中にも会いたいしね。

今、「幸福」と背中に触ったみたいぃ〜。

いや、せやけど羽根なんかあったら夜寝るとき大変やでぇ、痛いでぇ。と思うんやけどなー。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
あ、はい、画像はこじつけです。
でも、Kinki Kidsのこの歌は結構嫌いじゃない。他の曲全然知らんねんけどな。笑


そんな名曲?迷曲の歌詞は→http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND13231/index.html
ワシはジャニーズでは嵐が好きですー!笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
笑い泣き -≪“おじさん”@総舞踊≫の格好良さ-
舞台を観ると、 若いコと同じ衣裳で同じ鬘で同じ曲の中に、 ひとり、“おじさん”が居る。 例えばミニショーのラストや 三部ショーのオープニング、 総舞踊で、 若い役者さんに混じって、“おじさん”が踊ってる。 ワシは、そんなんを観ると、思わず笑ってしまいます。 笑ったあと、でもグッと来て、 でもでも照れ臭くて恥ずかしくって ちゃんとマトモに観ていられなくなり、 目を伏せてしまいます。 でも、でもでもでも、 彼ら“おじさん”から目が離せず、 結果、顔やなく手とか足とか... ...続きを見る
桃花舞台
2013/01/08 13:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
以前書いてくださった「役者は黙って白コート」の背中の話、
ふと思い出しました、大好きです。

宝塚の柴田侑宏は生徒たちに「男役は背中、首筋、指先」だと教えるそうな。
さすがに柴田、男役の本質をついた言葉だと思います。
でも、これヅカに限らず、キザる時のポイントかもね(笑)。
やっぱ、いい役者は背中が語るものね。

あ、せや、ほんまもんの方の背中の話でしたね!
背中のいい男オトす時は、無論後ろから襲うでしょ(爆)。
私の背中?
自信ないわぁ〜、前も自信ないのに。。。
ひつまぶし
2010/08/21 08:19
キザじゃなくてもいいんです、
隙があったり、そんな逆バージョンも好きなのです。はい。

後ろから襲う?
いやいや、後ろからつつくの、こそばすの、
私、ガキんちょなので。笑
桃♪⇒ひつまぶし様
2010/08/21 11:07
ひとの後ろ姿を撮るのは卑怯やと僕はよく言います。
後ろ姿に人生ありみたいなんがいややからです...
わかってくださいよ〜、文句じゃないですよ〜...
まだまだ堂々と前へ回って正面勝負ですわ!
Carlos!
2010/08/21 12:35
背中に羽根で、天馬を思い出し、マイティ・ハーキュリー思い出した!
さすがに知らない・・・よね?(笑)

子は親の背中を見て育つ…って言われるけど、
子供の頃、背中に物差し入れられたもんです。

バックシャンて言われるのはどうなんでしょ?(笑)
まの
2010/08/21 17:35
うわ。やっぱCarlos!先生好きです。
このコメント、ちょっと嬉しいです。

私最近己を奮い立たせてあっちでもこっちでも正面勝負してます。
でも相手がデカすぎて。
で、隙をみつけては背中を見てます。卑怯、卑怯。笑。

盆過ぎましたよー。勝負の話、きかせてくださーい。
桃♪⇒Carlos!様
2010/08/21 22:46
天馬?ペガサス?

バックシャンってひさしぶりにききました。笑

背中に物差し…私猫背。笑
母は会うといまだに「踊りかお茶か習わせておいたらよかった」
と言います。踊り!踊り習ってたらよかった!
…いや、そんな家ちゃいます、ちゃいます。笑
桃♪⇒まの様
2010/08/21 22:49
やってしまいました…卑怯なこと…(笑)
しかも友人に頼んで、ある役者さんの後ろ姿を…

彼女は、ちゃんと許可貰って撮らせて頂いたようで、望むものとはチト違ってた(笑)

盗撮みたいなね、隙だらけってのが良かったんだけど^_^;、許可済みのそれは、とてもシャンとしてキレイで、
羽根も、キチンと折り畳んで仕舞ってたのか、見えなかった(笑)

それはそれで、その方らしくて素敵ですけどね。教えませんが(笑)
この記事読んで、待受にしました(笑)


まの
2010/08/22 03:55
別に卑怯ではないでしょう、
ワシらとかとは違って、
純粋に“お客さん”なのだから。

うん、是非待ち受けにしてください。

羽根、きっとあるのでしょう。
好きと思うからこそ見える羽根が。
いいエピソードですね。ありがとうございます。
桃♪⇒まの様
2010/08/22 05:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
キミの背中には羽根がある? 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる