桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 立ちで、着流し一枚で、音すら何でもよくて…って理想?いや、究極!笑

<<   作成日時 : 2010/09/13 04:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像女形も好きなんだけどね。
でも立ちも好きなんです。
あ、もしかしたら立ちの方が好きかもしれないです。
…えぇ?!
でもワシ若いから、いや、若い=バカいから、
女形が好き〜、女形が観たい〜
とことさらに言うてるんです、言うときます。
でも立ち…ワシが憧れるのは、立ちだったりもします。
(どっちやねんってツッコミはなし、だってどっちもなんだもん。笑)
それも着流し一枚の、立ち。
たぶんそれって究極的に役者の素…みたいなもんが表れる芸、
なのかもしれないなぁ、なんて思う今日この頃。

落語が座布団一枚で「世界」を作り出す芸だとしたら、
踊りってきっと着物一枚で「世界」を作り出す芸なんとちゃうやろか。

そこに、扇子が入ってきたり、傘が入ってきたり、
剣が入ってきたり、装飾品が入ってきたり…。

見た目きれい、いろいろあると華やか、嬉しい、楽しい。

特に、日舞ではなく大衆の芸、大衆演劇なんて、もうね、
いかに、ごちゃっとやるか、わちゃわちゃやるか、
目立つか、喜ばすか、惚れさすか。惚れさせたが悪いかどんな罪ってヤツ。笑

うん、ワシも好きです。

びっくりするようなカブキモノな格好、びっくりするような曲。
ほんま、ええ意味で大衆的で、俗っぽくて、悪っぽくて、ああ、たまらない。
もっと他では観られへんようなもんいっぱい見せて、って思いますよ。
だって「大衆」演劇だもの。なんでもありやから面白いねんもん、飽きひんねんもん。

でもね、着流し一枚の踊りって「深い」んちゃうか、とも思うようになりました。

あれは決してサボりや手抜きではないんや。
中にはそういう人もいはるかもしれませんよ。
せやけどな、
例え手抜きでサボりでそうしようと
例え意識してわざと自信や思惑がありきで着流し一枚で勝負しに出てるのだろうと
どちらかは役者さん本人にしかわからず、客席におるワシらにはその心はわからないけれど、

でも、どちらにしろ、
そのカタチからは恐ろしいくらい、「見える」、「滲む」のではないか。

そう思うようにね。

何が見える、滲むって?

「素」が。

素…
それはうまく言えないけれども、
その役者さん自身の力が、いや、力以上に人としての魅力…
生き方やとか、考え方やとか、取り組み方やとか?みたいなもの。

だって着物と音と自分。それ以外、なんもないんだもんなぁ。

怖いで、絶対に怖い、余程の自信とプライドがないと出来ひん。

だって頼れないもんなぁ、物にも、他人にも。

着流し一枚しゅっときて舞台に出る、いっぱいのお客さんの前に出る。
何十個、何百個の目の先に「私」。
観られるのは「私」自身。
私の芸…私の生き様、私の生きてきた道、性格、思い、主義主張、体調。
ごまかせるもの何もない中に、いわば、身、ひとつ。私、ひとり。

その「私」、を見せるための音。

あ、そうなると、もう音の世界を表現する、
なんて、もうそれすら違うようになるんじゃないんじゃないか、

「私」が音の中にいる、そうなってくるんじゃないか。

それはいわば「私」のための音。

そうなると、意識して歌詞に合わせて何かポージングとか歌詞をなぞって何かとか
そんな細工すらいらなくなるんじゃないか。

…ってなったら、究極の究極は、音すらもう何でもええのんかもしれない。

わざわざ色っぽい曲とか持ってこなくたってええのんかもしれない。

なぜなら、色気なんて立ってるだけで、佇んでいるだけで出る、
ちょっと踊れば、わざとらしいことしやんでも、出る、滲む。

それって…ある意味理想系最終系?

いやぁ…せやけどあまりに究極すぎて、なかなか、なんともやなぁ。笑

そんなんは、きっと、ある程度のキャリアやある程度の年齢も必要となってくるんでしょうね。

…いや、でも、ほんま、究極やな。そこまでならんでも、いっか。いいわな。

わはは。

…けど、ワシはなりたいですけどね。

あ、いや、ワシは役者じゃないですけど。

わはは。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
それには受け取る方の力も必要になってくるのかなぁ。
ああ、ワシゃ、送る力も観る力もつけなあきませんな。きゃあ大変っ!笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
桃さん そうですよね〜

私も 立ち着流し たまりませんーうーん なんなん日常には こんなカッコイイ男にお目にかかれなーい。
幕が開き 立ち、踊り出し わーと見とれているうちに くるりと背を向け歩みだす 少し左肩をかたむけ [あーちょっと待って〜]
背中も語ってるー[どうだ 俺は〜]

もうたまらないですね〜

オーラ全開 何事もなかったかのように
また 男の中の男で 踊り続け 最後に次の人に舞台を譲るかの如く 片手を あげ (私の贔屓の座長は…)下がっていくー

[カッコイイ!男前!]って 叫んでいる わたし〜
いいの 他人が なんと思うとも
いいのだー 一曲三分半の間は 夢心地 桃源郷よ〜

そっか なんもない方が〜
この前 傘持って!
(あれっ こんな傘持ってたかな〜) 一瞬考えた〜
着流しは そのまんま(手ぬぐい ぐらいが…)が
ぜーんぶ 座長でいいのかも?
長々失礼しました。f^_^;
なむ
2010/09/13 11:08
以前書いたけど、某若丸座長が、着流し発言してましたね。

着物1枚で勝負する…どれ位の役者さんが意識しているのか(笑)

因みに、私がチョイト好きな方は、着流し多いわ。教えないけど(笑)

まの
2010/09/13 17:28
ん〜、たまらないというかね、

ううん、カッコいい男というか、
芸人として、プロとして、つまりは人間として
カッコエエなぁって。

そんな踊り(着流し一枚)で踊れる人って、
女形やったって、歌を歌ったって、きっと“凄い”んでしょう。

で、「くーっ」って。

たまに、「くそーっ」って。笑

傘。傘もいいですよね。
水もしたたるええ男。
私は「雨」系の歌、「雨」系の踊りもとても好きですわ。
桃♪⇒なむ様
2010/09/13 18:04
意識…してるんですかねぇ。
いや、賑やかで派手な方が皆さん楽しめるし、
ええと思うんですけどね。

ちょいと好きな方ですか。
着流しですか。
教えてくれないのですか。
では…私もちょいと、いや、ものすご好きでも教えません。笑
桃♪⇒まの様
2010/09/13 18:08
ごまかしがきかないのですよね。
胡麻は大好きだからいっぱいかけてもらっても、まぶしてもらっても、
大喜びしますが。電飾とか(笑)。

はじめて素踊りを習った時、松の緑でしたが、
参ったな〜、困ったな〜と何にも知らないなりにムズカシサ、
実感してしんどかったことを思い出しました。

おっしゃるとおり、さらに大衆演劇なのだものね〜。
着流しで踊ることに自覚なくてどうする!!あってほしい、いや、あるにきまってる、多分ね(笑)。
ひつまぶし
2010/09/15 01:13
電飾は胡麻とちゃうでしょ、
胡麻どころとちゃうでしょう。

電飾はアホやと思います。
最強爆発にアホ。
着流しとは全く反対のところにあるもの。

が、結局は一緒な訳やと思います。

オレの、己の魅力っ!

が、全て私の見方です。
正しいとかなるほどとかその通りとか、ありません。
コンジョワルでひねくれててスレてる私の見方なので。わはは。
桃♪⇒ひつまぶし様
2010/09/15 01:58
そうかぁ、桃さん的には電飾は胡麻(かざり)の域を超えてるんだぁ・・・。

着流しと電飾一緒説にはひつまぶしも大賛成!
極端と極端はこれ根っこはひとつなり。
聖と俗、美と醜、ケー○ツとヤ○ザ、あわわわ。後は自粛します。
ひつまぶし
2010/09/16 02:00
超えてるでしょう!あきらかに!笑

聖と俗、美と醜、ケーサツとヤクザ(はどうかと思いますが)、
アホとカシコ、冷静と情熱、白と黒、赤と青、
明と暗、陰と陽…あーぁ、キリがないのでやめましょうか。笑

胡麻、いっぱいまぶしてください、ひつまぶしさん。笑
桃♪⇒ひつまぶし様
2010/09/16 04:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
立ちで、着流し一枚で、音すら何でもよくて…って理想?いや、究極!笑 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる