桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺らたちはおいらの花魁にさくらん錯乱-大衆演劇の華-

<<   作成日時 : 2011/01/25 04:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像その花魁ショーはね、面白かったのです。
若い座長が作った(と思われる)
その花魁ショーは
花魁と助六と大店の御隠居?(意休?)
皆が軽快にステップを踏むのですよ。
イマドキのPOPS…
ビッグバンドの伴奏にヨコ文字の歌詞が流れる中、
ああ、皆が御機嫌にステップを踏むのですよ。
これ、まさに「錯乱」。『さくらん』よりもさらに錯乱。
私、ふふふ、と、笑ってしまいました、
ニタッとして、ホ・レ・テしまいました。
グッと来てしまいましたのよ。
なぜならね・・・というお話です。

以前にもこんなん書きましたが、私は花魁ショーが嫌いです。
豪勢な衣裳に、なんだか「着られている」というかサ。
「着られている」のに、その豪勢な豪勢な「衣裳を見せる」ショーに見えちゃってサ。

いや、綺麗なんですよ。うわぁ、って思うんです。華やかだし。
そりゃ、いろんな役者さんの個性を生かした贅を尽くした花魁衣裳を見るのは楽しいしね。

けど、ええのです、もう。
あ、出てきはった、おおお、ずるずるずる、くるくるくる、おおお、ふわりふわり、
ポーズ、ポーズ、おおお、おしまい。うひゃあ、送り出し大変そやなぁー。…スミマセン。

客席からお練りをして、歩いてきて、舞台に上がるのを見せる劇団さんもありますよね。
あれがまた大変そうですよね。嬉しいねやけども大変そうですよね。

以前観た某座長さんは歩いてるとき完全に素の、男の顔になってはりました。
お供をしてる若手くんに素の顔で、めっちゃ怖い目で、
「気ぃつけろや。俺、この下駄やで、足挫いたらどないなるかわかっとるやろな。
お前が俺を先導せなあかんねんぞコッラ、チッ、そっち、そっちやっつーの」…みたいな。

目と、いや、手も出てた、花魁姿やのに完全にオッサンの表情で合図送ってた。
…ああ、あれを観てから余計に苦手になったのかもしれません。(気持ちはわかるけど。笑)

でもな、初めて観たその花魁ショーは、面白かったのです。

途中までは普通でした。芝居仕立ての。きれいなのん。助六さんと花魁さん。
あ、爺出てきた。意休かな。御隠居的な旦那的役どころかな。
ちゃうかな。ま、なんしか恋敵なんかな。恋の鞘当だ。

と、ふと曲が替わって、かかった曲は、椎名林檎。…あ、『さくらん』だ。

私の好きな漫画家である安野モヨコの、でも好きじゃない漫画『さくらん』。
映画化されて、モデルの土屋アンナが主演をして、
音楽が、私は好きだけれどこのときこの使われ方は好きじゃなかった椎名林檎で、
ああ、いろいろ感じて、観に行ってからぴーぴー言うた『さくらん』。(その問題の記事はこちら。笑)

ああ、若い座長さんだなぁ。きっとあっから作りはったんだなぁ。

…ええやん。ええなぁ。ええやんか。

…「今」やんか。「今」の花魁ショーやんか。

…、ああ、「今」だなぁ…って。

あ、あの、正確に言ったら4〜5年くらいになっちゃうのだろうけれどさ。笑

若い座長さんゆえに、とても合っていて、
しかも(元ネタはあるけれどその元ネタを生かした上で)オリジナリティー。

あ、オッサンとか、歳くった役者さんがこの構成の花魁ショーをやらはったとしても、
そこまで「お。」と思わなかったと思いますよ。(失礼)

これ、若くて、イケイケで、ちょいナマイキそーな若い座長さんが、今、こんな花魁ショー。
(失礼。でも土屋アンナみたいってことで。ことにしておこう)、

「おおう」ってなってね。私、思わず、にかぁ、ニタァと、なってしまいました。

…ええなぁ。

そして、そんな御機嫌な今の花魁ショーだから、ふと、気付かされたんです。

以前からいろんな劇団の花魁ショーを観て私が勝手に思っていたように
「そんなんやない。花魁は高級娼婦やで。芸は売ってもなんとやらやで」と、
そういう意味では、これ、全然高級感とか雲の上の人感はあれへんっちゃあれへん。

だって、ステップ踏んで皆御機嫌に踊ってるもん。ええ、軽快なステップやで?
御隠居までもがまぁなんて身軽に観たことあれへんような足取りやで?
(好きやけどさそんなん。笑)

いやむしろ、他の劇団よりも高級感やら雲の上感はもっとあらへんですわ。

けども、これ、「大衆演劇」やで?

見下げたり、悪い意味で言うてるんじゃない。
安い木戸銭で、私たちにとってもとても近い距離で、ケやのにハレで、
毎日ケでハレの舞台を毎日毎日見せてくれる、
あの「ハイパーミラクル、でも生活、やけどもザッツエンターテイメント」
な「大衆演劇」の舞台、

の、花魁。

ケでハレ、生活というケで、なのにハレを見せている…から、
毎日その日起こったことやニュースなんかもすぐに芝居のギャグなんかにも
取り入れちゃうような、それが可能な、
だからそれゆえ私たちに身近さを感じさせてくれる「大衆演劇」の舞台、

の、花魁。

≪大衆演劇≫の、花魁。…おいらの、花魁…?!

嗚呼、
このステップを踏み、ノリノリ、御機嫌、にっこにっこ踊る花魁さんたち…
舞台の上の彼ら彼女ら全員という“花魁さんたち”は、

うふふ、もしかして、ほんまもんの花魁以上に、“花魁”なんじゃァないだろうか。

あ、身を売るとかカラダという意味じゃないですよ、
心、気持ちって意味、芸って意味やで。そのへん、ちゃう、ちゃいまっせ。笑

でも、ああ、花魁だ、おいらん(おいらの)、おいらたちの、花魁だ。…なぁんて。

めちゃめちゃ近い距離の世界で、
うおう、せやから、嬉しいくらい、夢見せてくれる、惚れさせてくれる、
いやぁん勘違いすらさせてくれる、
きゃあ、舞台上の皆もそれを観ている皆も、男も、女も、若いもんも年寄りも、
アホウもカシコも、皆、心をマルハダカに(素)にさせられる、心を脱ぎ脱がされる…

そんな世界の、舞台の、上の、俺ら(おいら)たちの、あなたたち。

皆、ステップ踏んでますよ。ノリノリ、ご機嫌で、「おいでおいで」って誘ってますよ。

「惚れてみ?惚れてみ?」なぁんて、甘くも悪ぅい、素敵な誘いなんでしょう。
皆、ある意味、なんてめちゃめちゃ我々にとって「花魁」なのでしょう。笑

うわぁお、手ぇ振ってるよ、おいでおいて、なんて、男前な美女たちが、美人な男前たちが。きゃー。

さぁ惚れて惚れられ、酔って酔わされ、夢芝居花舞台。
夢見せてあげる、夢見せてくれる。
どう?日常に最も近い非日常な空間で、あんな芝居に、こんな踊り、
見せて魅せられ、ふわり、うっとり、泣き笑い。さ、そんな、オトナの、気持ちのオアソビしませんか?

まぁなんてクラクラ、なんて眩暈、これがほんまの輪廻ハイライト。

そう、きっとこれがこれこそが、『さくらん』…錯乱…きゃー。…って、そんな茶化し、いらんか。笑

そうか、そうだな、気付かなかった、「衣裳見せショー」じゃなかったんだなぁ。

豪華な衣裳も、なにもかも、
花魁道中ショーでキレて素になって座員に目くばせするようなそんな素の顔も、
ぜんぶ、ぜーんぶ、舞台にのっけて、
いや、ぜんぶ、ゼーんぶ舞台から滲み、漏れてくるようなあの世界、あの舞台。

もしかしたらある意味、
「なにもかも…きっと生活も性格も人間性ももしかしたら生き方とか考え方までも、
たぶんぜぇんぶ舞台に乗ってる「私」から見える、あの舞台。

そんな舞台において、

もっともゴテェッとした、
重たい鬘と重たい衣裳、でも何よりも派手でぶわっとした「花魁」の格好をして、
あなたに!見せる! あなたを!魅せる! 花魁ショー!

そんな花魁ショーってヤツは、
うわぁお、きっとこれ、これこそ『さくらん』よりももっと『さくらん』…錯乱なのかも…きゃー。笑

ああ、そんなことを感じ、
やっぱ、花魁ショーって、大衆演劇の華なのかもしんないね。ああ、ステキやん。
と、ニタリと思いました、思わされました。

おいらん(おいらの)、花魁。

おいらたちはおいらの花魁にさくらん錯乱。お互い(客も、役者も)。化かし化かされ、極彩色の晴れ晴れ夢模様。

…さぁ、あなたの花魁はだぁれ? 

ふふふ。 いぇいいぇい。 ステップ。負けずにステップしましょうね。笑



http://www.youtube.com/watch?v=-ykv1e6yBik
椎名林檎は初期だけ好き。この前後はわけわからなくなって好きじゃなくなった。
けど、これ観て、ちょっと、また好きになりましたよ。ありがとう。笑


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
紅の大介くんのショーですよ。
この劇団は他にも花魁ショーをしてはって、
私、他のに関しては、あまり何も思わなかったんやけど(そのうちひとつはどうしても私的に曲が気になって。笑)
これは、おもしろかった。おかげで、他のいろんな劇団さんの花魁ショー、花魁も観てみたいと思わせてくれました。

あ、でもね、大介くんという意味では『おら東京さ行くだ』のがスキかもしれません。うはははは。
彼は三枚目で踊るとき、なんであんなに楽しそうなのでしょうか。シャイさゆえにハジケルのでしょうか。笑



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺らたちはおいらの花魁にさくらん錯乱-大衆演劇の華- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる