桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「花」 -大衆演劇って、人間って気持ち悪い…ええなぁ篇-

<<   作成日時 : 2011/04/18 03:01   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像「大衆演劇って気持ち悪ぃなぁ…」
と、座長大会の客席の1片隅にてふと思ったのは、
若ぁい、イケメンの人気座長が踊り、
めちゃめちゃええ笑顔でニカァッとキメて、
んでもって、それに対してオバ…もといお姉さんらが
「キャー!」「わー!」「たかしー!」「アイカワー!」なんて叫ぶ…
うん、呼ぶ、とか、掛け声かけるとかではなく、
叫ぶ(笑)のを、観、聞いた瞬間です。
「大衆演劇って気持ち悪ぃなぁ…」
ううん、ううん、ちゃいます、ちゃいますよこれは。
そう、そうですけれど、ちゃいますよ。
「“人間”って気持ち悪ぃなぁ…」、これ、これです。
だから好きなんです大衆演劇が。ううん人間が、うん、それでも。笑

気持ち悪いなぁ、というか、アホやなぁ、というか。

…あ、勿論、私もなんですけどね。
いや、勿論、なにより、誰より、そんなことを感じ、思う、
私「が」いっちゃん気持ち悪いっつうか、最強にアホなんですけどね。笑

いやぁ、しかし、「大衆演劇」って、改めて、気持ち悪い。

なんなんですか、
あの、ちっこいハコの中でぎゅうぅぅっと、うわぁぁぁっと、
気持ち気持ち…あ、いや、こんな綺麗な言い方しょうもないわ、欲・欲・欲望…こっちや…がうわぁっと蠢く感じは。

蠢くというか、ちょっとちゃうな、→←、交わされるあの感じは。

舞台から「発する」…「あげる」→←「受け取る」…「欲しい」「ちょうだい」な、あれ。

何を発する/受け取る、あげる/欲しい・もらう、というと、勿論勿論、「芸」なんですけれどね。

ちいさいハコの中で人間と人間が向き合う、向かい合うのん。
たくさんたくさんお客さんが居る中なんだけれどさ、でも「私」と「あなた」なの。
「1対1」なの。ううん、うまいこと言えてるかな、伝わってるかな…
でも変な意味ではなく、例え仲良し知り合い顔見知りとかじゃなかったとしても、
「舞台」と「客席」で「1対1」、「私」と「あなた」なのですよね。

「舞台」と「客席」で「1対1」、「私」と「あなた」。
その関係で、舞台から「発する」…「あげる」→←「受け取る」…「欲しい」「ちょうだい」のやりとり、交わし合い。

そしてそれによってより輝く舞台上の役者!より輝く客席の「私」の笑顔!

なんて欲→←欲!

という「1対1」が、×小屋に集まった客数!

舞台で踊ってる一人の役者に向ける、向かう、何十人何百人の「私」の気持ち(欲・業)。
それを吸いとって、受け取って、輝く輝く舞台上の「私」の気持ち。

…うわぁー!うひゃー!どひゃー!

なんて光り輝いているんだ!なんて禍々しくて綺麗なんだ!ぎゃあ!…「気持ち悪い〜」! 

大衆演劇って、気持ち悪い!
なんで?なぜなら、人間がいっぱいで、もう、超・人間人間人間×何百だから!
うわぁ、もう、人間って気持ち悪いー!

と、気持ち悪い私は気持ち悪くなります。

だから、気持ち悪いけれど、たまりません。

だって、気持ち悪いくらい、「生」…リアル、ライブ、ライフ…生きてる。生きに生きてる。

そう、こんなに「人間」が見られるもんって、あれへんのちゃうやろかって思うから。

人間が人間になる…発する方も受ける方も、“気持ちまるはだか”というか、原始的な姿になるというかさ。笑

体裁とか、世間体とか、

人前で作ってる作ってきた「私」というものや、

かっこつけたり上品ぶったりきれいな顔してたりするその“仮面”、

そんなもんがぼろぼろ剥がれて、

ううん、禍々しくて最強かっこええ(もしくは綺麗な)“神”たちによって“心まるはだか”に剥がされて、

でも「欲しい欲しいもっと欲しい(=観たい、会いたいって意味)」と向き合う「私」たち。

歳もキャリアも顔も美醜も(笑)名誉も地位も関係なく、“はだか”になっちまう「私」たち。

その真ん中にいる、めちゃめちゃ禍々しい業だらけ、
こちらもまた“はだか”(悪い意味ではなくいい意味で“裸の王様”。笑)な“神”(役者)さんたち。

…うわー、なんて、「生」、なまなましく、生きてて、人間人間、いっぱいいっぱいなんでしょうか。笑

人間ってなんて業が深いんだろう、欲深いんだろう。
生きるってなんて業だらけなんだろう、欲だらけなんだろう、「我」なんだろう。
うひゃー。もう。ぎゃあー。気持ち悪い。

ほんでもってそんなことを思いながら、
ただ舞台観てるのに、いや、大好きな舞台というものだからこそ観ていて
感じ、「人間」を感じすぎ、アタマん中ぐじゃぐじゃになって、
でも、私ゃ声には出さず、そんな全体を観て「わー」となってる私、マジ、気持ち悪い。笑

人間って、なんてたくましい、なんて「虫」なんだ。

ほんっま、きっもちわるいなぁ、わっけわかんないなぁ、おっかしいなぁ…おっもしろいなぁ。

なんて…しょうもなくて、どうしようもなくて、アホぅで…素敵なんだ。

って、気持ち悪いほど思わされる、
しょうもなくて、どうしようもなくて、訳わかんなくて、可笑しな人間が…いっぱいの「大衆演劇」…「人間」。

泣きなさい、笑いなさい、いついつまでもいついつまでも花を咲かそうよ。ううん、咲くのよ、いついつまでも。

画像


…あ、でも、「世界にひとつだけ」とか「ナンバー1よりオンリー1」とかそんなん、
そんなことはあらへんと思うよ。そんなんキレイゴトやわ、ないわぁ。

そんなんやのぉて、人間ってヤツぁ皆、狂い咲いてる花ばっかなような気が…
とまで言うと、ちょっと言い過ぎかもですが、花と蝶? 花とみつばち? 花と虫? ううん、皆、花、花。

でも、ぶっさいくでも、よっぼよぼでも、ぱっぱらぱぁでも、
アタマ悪くても、調子乗り過ぎてても、どんなにワルくても、
どんなに自分自分してても、咲くの、咲かせ続けるのよ、きっと人間ってヤツは。

たくましいから、しつこいから、うざいくらいに生きる力(笑)があるから。

そ、すべての人の心には花があるし、すべての人が花ですねん。

…あー、なんかむせ返りそう。目ぇチカチカするっ。眩暈するっ。ああ…気持ち悪い。笑

で、それでも、ううん、それだから、あーぁ、大好きなんです。 

いや、嫌いなんですけれど、でも愛してもうてしゃあないんです。大衆演劇が。ううん、「人間」ってヤツが。

…うん、ヘンタイなんです。笑

わっはっは。ああ、しんど。たまらん。もっともっと。あーぁ。…楽しい。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
そんなヘンタイ記事を面白がって下さった方はこんな記事、や、こんな記事もご参照あれ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
葉桜や人に知られぬ昼遊び-アンヂェラスとシバイとワシ-
大学の、学生さんたちのゼミで“先生”をして参りました。 東で学ぶ可愛いお嬢さん方とお坊ちゃん、 とてもインテリジェンスな雰囲気漂うクールな先生の前にて、 西の、妙齢の女1匹、俗っぽ〜い内容を、より俗っぽく…ううん“楽しく”! ちっともアカデミックではない喋りでざっくばらん! もしかしたら営業妨害・講義妨害かもしれないことを好き勝手に喋って参りました。 で、その後、気の置けないデザイナー女史とお茶。参りましたその場所は、浅草…「アンヂェラス」! ...続きを見る
桃花舞台
2011/06/11 00:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「花」 -大衆演劇って、人間って気持ち悪い…ええなぁ篇- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる