桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 役者音頭 -モノカキ桃と大衆演劇と「人間」篇-

<<   作成日時 : 2011/04/19 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像絶賛が嫌いです。
世の中に完璧なものなんてないと思うのです。
絶賛する人は目が曇ってるか、
まわりが見えんようになってるか、
それを見つけてハマっとる自分に酔うてるように思います。
…ん?ひねくれてます?笑

けれど否定ばっかも嫌いなんです。
だってそこで終わっちゃうからです。
「嫌い。」「ダメ。」「無理。」…ってなったらオワリ。
その先はない。ってか、探さないでしょう?つまんないじゃんそんなの。
否定するのはカンタンよ。
だって人ってキャパあるし、
受け入れるよりも受け入れないものの方が多い。
そんなにぎょうさん入れられへん。
でも、だからってすぐにイイワルイスキキライはつまんなくない?
…ん?ひねくれてるくせに、ガンバリ屋さん?笑

そんな私は、そんな私だから、「人間」だらけの大衆演劇に興味がつきません。

なぜならむちゃくちゃだからです。

うん、だって、人間ってむちゃくちゃでしょう?笑

でもね、そんな私は、そんな私だから「所詮役者」という言葉、言う人、思う人(客)が嫌いです。

「役者なんて」という言葉、言う人、思う人も嫌いです。

耳にしてしまうとムッとします。

「大衆演劇でしょ?」「大衆演劇なんて…」という言葉もね。

嫌いなのによく耳にしてしまう。ムッとする。なんで。なんでそんな言い方?!

でも私は役者じゃない、ただの1客席の1人です。

きっと役者はもっと嫌な思いでこんな言葉を聞いていると思う。
昔からそんな目で見られたり、そんなんと闘ったりしているのかも、と思います。

でもねでもね、だからと言って、私、「大衆演劇サイコー!」と言う言葉、言う人も嫌いなんです。

…ま、これは大衆演劇だけに限った話ではありませんが。
何かひとつのものだけに固執、執着して他は排他的、興味を持たないで、
で、目が眩んでサイコーサイコー…って、やだなぁ、なんか“狭い”なぁって思ってしまって。

…ん? やっぱ、ややこしいやつですか?

私はサイコーは思いません、すみません思えませんし、
すみません、大好きですが、大好きでも、何事も「絶賛」は出来ません。
ギリギリのところでぞっこん夢中にもなれません。まぁ、なんてまぁかわいそうな性格。(と、昔言われたことも。笑)

近頃はそんな私の「毒」が好きとか言われますが、別に面白がって毒を吐いている訳でもありません。

ただ、ただひねくれてるけれども正直なだけなのです。(どっち?!笑)

「きれいなものはきれい、でもきれいやけれどもきれいなだけでおもろないつまらない(でもきれい)」とか、

「キモイもんはキモイ、けれどキモいけれど凄いもんは凄い、好きやないけれど凄い」とか、

「実際はどうかは解らんけれどもあくまでワシには舞台からこう滲んでるように見えた」とか、

「人気やなぁ。解るわぁ。でも、じゃあ、どこが凄い?ああ、なるほど、こういう点や。
でもこういうとこはモヒトツなんとちゃう?」とか、

「うわ、誰も見向きもしてへんなぁ。凄いのになぁ。なんか悔しいなぁ。こんな凄いねんで?どう思う?」とか、

で、

「だから面白いなぁ。もっと観たいなぁ。たまらんなぁ」
「大衆演劇ってなんて“人間”なんだ」「人間ってしょーもなくてどうしようもなくて、でもなんて素敵で面白いんだ」って。

…ね? あの、ひねくれてるけど正直なだけなんです。カワイゲは無いけど意外とマトモなんです。(え?笑)

提灯記事とかそういうのは書けません。し、書きたくもありません、てか、書けません、のがホンネ。笑

駆け引きとかゆーやつも出来ません。びぇーん出来ません。
ああ、そんなもんが書けたり、出来たりしたらもうちょいラクんなってるやろのにぃー。笑

でもそれでもそれくらい、うん、それくらい、好きなのんです。愛して…って言葉は嫌いやけど愛してまーす、なのです。

惚れちまってるのです。あー、めんどくせっ。

そんな私もまた役者じゃないけど役者です。

へたっくそですけど、アホウでしゃあないんですけど、物書いて、そんで生きてる役者…芸人です。

多少口は悪うございますが、悪意はありません、全くありません。愛ばっかりです。
と、自分で言うところはいけません。笑

でも、ややこしいですが、プチナマイキですが、カワイゲありませんが、ヘンタイですが、ええ女です。

あ、ウソ、ええ女なんてどうでもいいや、もう、そんなのいいや、ええモノカキです。
と、誰も言うてくれんので自分で言うてみます。笑

そんな私の「ヒネクレbut愛してまーす」なアタマの中、ううん、それをカタチ(ことば)にしたもの、

楽しんでいただけているでしょうか? 楽しんでいただけますか?

そうでありましたならばこれ幸い。

なかなか“お花”もつきませんし、可愛いオネーチャンも寄ってきてはくれません。

でも、毎日、踊ってます、もとい、なんか、書いてます、あっちゃこっちゃで。ふふ。はは。

厚い化粧に愁いを隠し…って、あんま厚くはないですが…
酒で涙をごまかして…って、いや、最近お酒もあまり呑んでいませんがね(ホンマに)。笑

大衆演劇のファンさんで、ここに来て下さる方、ちょいちょい増えました。
検索ワードとかでもね、そんなん、結構、多いです。

けど、大衆演劇というよりそれが象徴する「人間」に興味がある私です。

大衆演劇、ううん、≪舞台≫に、「人間」を観に行っている私です。

そんな私のこれはそんな方に直接楽しんでいただけるものではないかもしれません。
(そういうものを書くつもりもありません)

でも、逆にいえば、直接的な大衆演劇の記事でなくても、また、大衆演劇なぞ知らない人にも、向けているものです。

なんしか、ヒネクレ可愛い(え?)私の、そんな私だからのエッセイ/コラムです。

楽しんでいただけているでしょうか? 楽しんでいただけますか? どないですか?

と、あれこれ、読んで下さる方が増えたからこそ、改めて、ひさびさに、ちょいご挨拶したくなりました。ふふ。笑

あ、役者音頭でズズイとなぁ、ですよ。あ、うん、しょーみ、これ歌いたかっただけです。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
あ、役者音頭は梅沢富美男のにーさん、武生の歌です。好きなんす。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Eye -あがり目 さがり目ぐるっとまわつてナナメなワシの目-
ものすごーーーく好きで。 好きで、好きで、好きぃ〜で、 影響なんぞ受けまくっていたり、 己の価値観形成にすら影響していたり。 若い頃観たもの、はまったもので、そんなもの、ありますか? そして、そんなものとやっと「“並んだ”のかなぁー?」と思ったことはありますか? ...続きを見る
桃花舞台
2011/04/23 10:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりに奈良で里見要次郎さんの舞を観ました。撮りながらえぇなぁとほろっとしました。金沢つよし座長もいいねぇ。違う立場の方の集まりはなんかね全日本と新日みたいな感じで...「戯曲の大阪」という本、近松や西鶴を知る入門書みたいな内容で面白いです... 桜は散りましたが呑みましょかぁ...
Carlos!
2011/04/19 09:25
要ちゃんー!
要ちゃんはいいですねぇぇ。
超エンターテイメントな舞台に、
私も観ながらほろっときてしまうこと、あります。

全日新日ノアもチャリティーマッチをやるって発表されましたね。
行きたいー!行きたいよー!

戯曲の大阪、興味深いです。
近松、西鶴、ああ、好きだ。

呑み、いきましょう。
マグロのお刺身と日本酒がいいです。
もしくはまっ黒けのホルモンとビール。
またはおでんとビールwith猫。
楽しみにしてまっせ〜。
桃♪⇒Carlos!さま
2011/04/20 02:13
こんな回りくどく書かなくても、おっしゃりたい事は理解出来ますよ!
言い訳がなければ私も同意見でしたが…
残念
通りすがり
2011/11/17 10:43
言い訳?

残念と言われ、残念。

しつこいくらいに言葉を尽くさないと伝わらないと思っている私は、
まだまだ力不足なのでしょうね。

少ない言葉で、ストレートに、ちゃんと、伝えられる。
そんなカッコイイ書き手にならねば、と思うのですが、
まだまだ、まだまだモノカキとしても、人間としても、
お稽古がたらないようです。と、痛感する今日この頃…

だったのて、厳しいコメント、ちょっと凹みました。
でも、嬉しかったです。よろしければ、呆れず、見守ってやって下さい。
桃♪⇒通りすがり様
2011/11/17 14:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
役者音頭 -モノカキ桃と大衆演劇と「人間」篇- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる