桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 神奈川沖浪裏水滸伝-SHARAKU? NO! HOKUSAI-

<<   作成日時 : 2011/05/10 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像「写楽」が好きです。
いいよね、あの、トンデモ役者絵。
けど、あほほど好きなのは「北斎」です。
いいよね、あの、ぶっ飛び浮世絵。
あれぞキチガイ。ああ、なんてかっこええのでしょう。

写楽の絵を初めて観たときの感想は「ヘッタクソ!」でした。
何。あの手ぇ。グローブみたいやん。餅みたいやん。
あ、あの絵ね。いっちゃん有名なあれね。
小学生んとき、小学生ながら、「うーわ、この絵ぇ、ヘッタクソ!」。

そっから興味を持ちましてぼちぼち他の絵も見ましたらば笑いました。

何。この顔。めっちゃブッサイク。
役者絵やんな?こんなん、描かれた役者怒るで!

これどこに需要あるんやろう。
いや、ないやろう。
でも…描きたかってんやろなぁ。笑

絶対、世渡り上手ではないよね。商売上手ではないよね。“賢く”ないよね。

よ、名役者!にっぽんいちっ!ヨイショぉ!
あなた最高です、きれいです!ワシもちょっと修正してもっと綺麗に描きまっせ!
この絵(※当時の役者絵はブロマイドみたいなもん)、そりゃもう売れまっせ!
なぜならあんたが綺麗だから!よっ、ええ男っ!

…ないない。してへん。言うてへん。だって、そんな絵描いてへん。

むしろ逆。

ブサイクはブサイク!だってこいつはブっサイク!
長い顔は長い顔!だってこの役者顔なが、上手面っ!
目ぇ、ちっこ!化粧してるのに目ぇちっこ!
女形ぁ?いや、女の格好化粧はしてても男にしか見えへんやろ。
下っ手くそやなぁ。所作もなんもあれへんなぁ。下手っくそ!何そのポーズ!

…そんな事実を、そのまんま。いや、より、誇張してイッキイキ!

「写楽」。「楽」しく「写」す。ね、楽しさ、伝わるよねあの絵から。
イジワル?!ってほど、楽しそうやもんあの絵たち。

画像


あれは下手だからでもなければ、対象物をバカにしているのではないと私は思います。

むしろ好きちゃう?好きすぎるんちゃう?

だから近づいて、でも遠目に見て。笑ってんねやけど、でもきっと真摯に、筆の赴くまま。

見えてくるのは認めたくないゲンジツにどうしようもないリアル。
それは隠したい修正したい。世間的皆様的には隠すべきだし、隠した方がきっとエエ。
でも、楽しく写すその人は、あかんとこすら個性として見、描ききる!

でも、そんな写楽は、だから、たった10カ月でおらんようになりました。

たった10カ月しか活動してへんのに、だんだん、「まんま」ではなく、「無難な」絵ぇに変わっていってるねん。

ゲンジツと葛藤し、描くんしんどなって、消えちゃった?
“ゲンジツ”“リアル”に悔しながらも負けちゃった?
「愛」、伝わらんかった?「真実」を描き過ぎて消えちゃった?

10か月だけ描いて、消えちった写楽。それはいまだ何者なんか、誰なんか解りません。
(こないだのNHK特番では「写楽は能役者の斎藤十郎兵衛!」ってはっきり言うてたが)

最後の方は「楽」しくなかったんかな。「ラク」には写せなくなってもたのかな。 
だから「写楽」じゃなくなり、消えちゃったのか。残念。もっと、見たかった…。

してみると…やっぱ、北斎って、キチガイやなぁとしみじみ思います。ああ、ラブ。

最後の号(名前)は「画狂老人」「卍(まんじ)」。「卍」とかもはや意味解りません。笑

出会った頃(会うたことはないで。笑)から大好きで、ちっこい頃から憧れててしゃあない、北斎です。

キチガイ北斎。キチガイ桃。我も神奈川水滸伝。あ、違った、我も神奈川沖浪裏。笑

画像


私、ちょい写楽風味の当代女北斎。(厚かましい?)

嘘の雲母刷り、仕掛け「舞台」の中、私、私まるでまるごとHOKUSAI。(それ、UTAMARO!笑)

「これがしたくて生きてきた」「骨は拾って書いてやる」…なんちゃって。笑


http://youtu.be/pejuEb5Nkl8

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
西鶴や言うたり、近松や言うたり。ねぇ。
てか、北斎ネタも昔っから多いですね。 「酔」ネタとか「富士山」ネタとか、どんだけ好きやねん。

神奈川水滸伝、好きです。
特に年寄り(失礼)たちが踊る神奈川水滸伝が好きです。
ってなことは以前にも【こんなん】書きましたが。
中でも特に「ええわぁ〜、格好よォないがええわぁ」と思う神奈川水滸伝、先月飢餓海峡とセットで観られましたよ。贅沢!嬉しかった!笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『富士山』には月見草、いや、登り続ける「目」がよく似合う
「悪い目やなぁ〜」って思うのです。 ですが、だから、「いい目やなぁ〜」って、思うのです。 あ、あの瞬間、その瞬間の、その目。 あの目が好きなんです。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/07/01 01:37
「マウントフジ」
どや顔で注いでくれたそのカクテルは赤かった。 赤なんや! 青ちゃうんや! 緑でもないんや! 白くもないんや! そうなんや!そう来たか!予想外! そう。そうして、いつもいろんな表情(かお)を見せてくれるのですね。 思いもよらない、いい裏切りを見せてくれるのですね。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/08/12 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神奈川沖浪裏水滸伝-SHARAKU? NO! HOKUSAI- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる