桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「歩」 -城を見た「あ、変なおじさん」、見城たかしはWalk On-

<<   作成日時 : 2011/05/28 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

画像肩で風きる王将よりも俺は持ちたい「歩」のこころ。
お若い頃は関東の土地で
ぶいぶいぶいぶい言わせてはったそうです。
あ、ちゃうな。
立ちで、ではなく、女形と歌で売ってらしたそうですから、
楚楚としゃなりと、でも朗々と言わせてはったそうです。

バブルの頃?
それこそ梅沢富美男さんのちょっと後くらい?
うん、虎さん(前記事参照。笑)と同じ時、同じ頃に、
同じようにギラギラしてはったそうです。吠えてはったそうです。

うん、そう、ちょうど今の私と同じ歳の頃に
人気座長(?!)として己の城を築いて。

(ちくしょう。同じ歳でまだぺーぺーのワシは悔しいぜ。笑)

その城のてっぺんに長ぁいこと城のてっぺんにおられて。

え?でも城下にも降りたくなったりもした?
え?うん、きっと、たぶん行ったらあかんような城下にも行って、ワルさもしてきはった?笑

そんな白塗りに、チョンマゲの「バカ殿様」。

あ、失礼、ちゃうちゃう、マリネラ王国の「殿下」(※歌うとき)。

女形をすると、今も、かなり体悪いらしい今も、
なのに、でも、びっくりするほど、ほんまもんの女に見える、「ひとみ婆さん」。

あ、ちゃうちゃう、ちゃうって、「変なおじさん」。

いや、「見城たかし」さん。

ワシ、志村けん、大好きで、昔、ちっちゃい頃、欠かさず観てたの。

が、おっきなってから、観なくなった。

なぜなら、
ワシの好きな志村けんは
死ぬほどアホなことしてPTAとかに怒られてでも「カラスの勝手でしょ」とかまだ朗々と歌ってる志村けん。

だから、
老いて、髪の毛、さらに薄くなって、
でもテレビに出続けて、
CMやバラエティ番組の司会なんかで素を垂れ流している、そんなおもろなくなった姿は正直、観たくない。

いや、観たい。観たいし、観たらにたにた嬉しくなる、けど、でも、正直、ちょっと、寂しい。

でも、ワシは、そんな姿を、本音少し寂しいはあっても、でも、かっこわるいとは思わない。全然、思わない。

歳よりやで?爺メイクしやんでも爺やで?ちょい寂し悲しなるで?
明らかに笑いの間ぁとか、そりゃ、笑いって体力仕事やから間ぁも絶対少しはズレとんで?

でも、出てくるだけで、やはり、タレント、ではなく「芸人」の雰囲気、ある。

その、昔よりさらに薄くなった頭とちっこくなった体から滲み出す、
歳くったからこそ、の、芸人の魅力で、笑わされます。

死亡説とか流れたこともあったけど(あれ、おもろかったよな。笑)、どっこいハゲて、どっこい生きて。笑

だって歳くったって、週刊誌で未だにスキャンダルも…って、ひゅうぅ。やるぅ。笑

綺麗事かもしれへんが、 腐りかけても、腐っても芸人は芸人。芸人。

それってたぶんほんまに、やっぱ、格好いい。

歌手としてデビューし、
学生服でステージの上で歌っていたマリネラ王国の殿下は、
城を築いて座長という殿さま…「王将」にならはって、
城を進み、舞台から時代を大衆演劇を人間を見続け、
きっとたぶん時代とか若さとかのせいでええ意味でも悪い意味でも「バカ殿様」にならはって、
(そんな人いっぱいおったやろうし、今も居てるよね。今のバカ殿様たちが。笑)

今は、どういう理由か解らないけれど、
城のてっぺんにはおられないけれど、
でも今はまた、まだ、別の城で今は家老とか側用人的ポジション…
きっと劇団にとってはなくてはならないポジションにおられ、「あ、変なおじさん」、

けど、「芸の人!」の雰囲気をふわぁり、でも、たぁっぷりと…。

肩で風きる王将よりも俺は持ちたい「歩」のこころ。

だって、歩のない将棋は負け将棋。

ま、嫌々歩いて、いや、踊ってはるように見えるときもあるのですが。(最強失礼)

でもワシ、あの穏やかぁな笑みを浮かべるその顔、その目がギラッ!
「死んでたまるかっ!」みたいにギラッ!と光る瞬間(過去記事)が「うおっ、たまらんっ」。

うわっ!

こわっ!

凄っ!

格好ええっ!

みてろ待ってろこのまま済まぬ。歩には歩の意地がある。

ずっと一本の道を歩いてこられて、
ま、しんどそやけど、もうちょっと、もうちょっと、歩いていかれるのですね。

いつかと金とで大暴れ。後にゃ引かない俺の道。

ワシ、肩で風きる王将たちも観たい。いっぱい観たい。でもワシは観ていきたい「歩」のこころ。笑

北島三郎が晴れやかに晴れやかに歌う『歩』は
かつて、昭和54年9月9日、
嘉穂劇場にて開かれた初代片岡長次郎13回忌追悼興行座長大会で「初代大川竜之助」が踊った曲。
(『旅姿 男の花道』 橋本正樹 白水社 1983 より)

その初代大川竜之助の二男さんである紅あきら氏の息子、
紅大介座長率いる「新生紅」劇団に、現在おられる「歩」氏。(4年半め?くらい?)

そんな「歩」氏が、『歩』、
平成23年5月25日…5月24日(火)「劇団美鳳 城進三回忌追善座長大会」の翌日、踊ってはった。
(ん?2日代わりのプログラムらしいから24日もか?わからなくなってきた。笑)

全ては偶然。

でも時代、とか、天、とか、なんやろ、なんか解らんけど、
そんなもんが「繋いだ」みたいな、そんな縁というか、なんか、そんな感じなのかもしれないね。

とは、ちょっと綺麗事?!笑

HE IS 「見」「城」。

THIS IS “役者”! THIS IS たいしゅうえ…

いや、それは言いすぎか。うーん、でも、ちょっとは、そうな気もする。うん、なぜだろう、します。 

だって人生しょせんは夢、人間最期が華、桜

俺の!俺の!俺の舞台を観ろ!

いや、俺の!俺の!ううん、俺は家老とか側用人、
俺はええから、俺んとこの今の城の、若殿の舞台を観ろ!全員集合!

あ、でも、やっぱり、俺の!俺の!俺の舞台を観ろ!5分だけでもいい!笑

あ、ちゃうな、これ、完全にワシの主観やな、でもいいや、
彼の!彼の!彼の舞台を観ろ!(やっぱりなんかむかつくのはなぜだ。笑)

お前待ってるから急いで来いよ、お前だよ、お前、関東に来いよ。きっと、「だいじょうぶだぁ」。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
虎さんの翌日、観ました。どちらも、どちらもほんまに格好良かった。

「歩」のときの、この踊りのときの、「吹けば一番飛ぶだろう」んときの、手の平に乗せて吹く仕草、好きです。
なのに前日の座長大会で写真撮りすぎたデジカメさん、充電切れて、撮れず。ちくしょう。(で、これは翌日のこの踊りんときの)笑

ちなみに私、将棋が出来ません。新世界の囲碁将棋センターで将棋さしてるおっちゃんらに憧れます。誰か教えて。いや、マジで。笑

…あ、これと似た記事んなっちゃった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『富士山』には月見草、いや、登り続ける「目」がよく似合う
「悪い目やなぁ〜」って思うのです。 ですが、だから、「いい目やなぁ〜」って、思うのです。 あ、あの瞬間、その瞬間の、その目。 あの目が好きなんです。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/07/01 01:37
揺られて男は「花」になり、黙って役者は「川」になる
あなた、流れて、今、ここへ。 でも流れてきたあなたは、 ここで、しっかり、 足、とどめ、足、踏みしめ、 今、ここに立っているのですね、その足で。 揺られて、忍んで、演じて、踊って… 黙って「男」は「花」になる、いや、黙って「役者」は「川」になる。笑 ...続きを見る
桃花舞台
2011/07/16 16:04
これが北島まつりだよ、うん、これが「演歌」ってヤツなのかもよ
「山」! 「川」! 「竹」! 「歩」! 「誠」! 「輝」! なんしか、「祭」! 北島三郎って、凄い。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/07/19 15:47
「一番」の所作、「一番」の景色 -『富士山』-
この役者さんのこの曲この踊りこのこのポーズ(仕草?所作?)が好きです。 あ、いや、好きかどうかは解りません。 きゃあきゃあ、ひゅうひゅう、Maxハイテンション(しつこい?)ではありません。 残念、ヒネクレてんのか、なんなんか知りませんが、なれません。笑。 でも、このベテラン役者さんが、この曲で、こう踊るときのこのポーズを観ると、 しみじみ、ニタ、うわぁって、なります。「わ。格好いいなぁ」って、ホンマに、ね。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/07/22 12:33
桃版・富嶽百景
富士山を見てきました。 一泊二日の間に晴れたりまた曇ったり…。 コンジョワルのワシは思いました。 「あの雲と山は グルになって人間をバカにしてんちゃうか」。 そんなことを母に言うと、 「あんた、ほんまにスレたな(笑)」と言われました。 そう、富士山に行きたいと言ったのは実家の母。 モノカキというヤクザな稼業についている長女、 せめてもの親孝行で、お連れ致しましたのです。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/10/13 14:13
ドロッと流し目が語るもの-見城たかし@『情炎』-
大衆演劇の役者さんを観ていて 「色っぽいー!!!」「わぁー!!!」と思わぬワシが、 ひさしぶりに「うぉう」「たまらん感じやな」となりました。 これも生舞台ではなく、7年前のDVDを観ていて。 その人の名は、(元)「翔龍」、「見城たかし」後見。 (※DVD撮影時、今は「紅劇団」後見) その人が踊っていたのは、『情炎』(吉幾三)。 ワシが生でこの人を観たのは4年前の関西の劇場でした。 ずっと関東に居たが、 その年の正月からその九州の劇団に入ったばかりというその人は、 ... ...続きを見る
桃花舞台
2012/12/15 13:42
「今」(「生」)-“師匠(おっちゃん)”、役者、『男の人生』-
北島三郎の今が好きじゃない。 テレビで“氷川クン”に手をひかれたり、 “北山クン”にヨイショされる北島は、老害としか思えない。 故郷に錦飾り、生きてる間に記念館建て、 業たっぷりの典型的な「成り上がってきた演歌歌手」、 今その業は蝋燭の最後の火が燃えるように見え、 せやのに出し続ける新曲はどれも味はなく只枯れていて 苦笑いを通り越してやりきれなくて爆笑! トホホ! そんな北島の聞いた事も見た事もない曲を踊ると言います。 若くない役者がある日突然『男の人生』を踊ると言います... ...続きを見る
桃花舞台
2014/07/18 18:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
女そのものに見える女形と、(多分)着流しにザンギリの『歩』ですか。
あ、それに歌の上手い洋装の麗人?笑

いいなー、贅沢。そういう役者さんを観られるのが、大衆演劇の一つの醍醐味ですよね^^


最初は'虎'さんに引っかかったんです(笑)、さすが大阪の方の視点はユニークだな、と。

それから、'飢餓海峡'というインパクトの強い歌にぶつかり、あの記事に引き込まれ、あちらにコメント書かせて頂きました。


今は若い座長さんが増えて、全体的にも、長年培われて滲み出る実力より
まず動けることや、見た目の華やかさが求められるのかな、と感じる時があります。

そういう中で、託せる(自分が頂点を見た世界の未来を?) 若き座長さんに出会い、桃さんのように熱く観て、後押ししてくれるファンがいたら、
歩みを止めることは出来ませんね・・・というより、止まりませんね。

見城さんはお幸せだなと思いました。
そして、そんな役者さんに間に合えて、楽しまれている桃さんも^-^


またまた長々とお邪魔様でしたm(__)m


ルイコ
2011/05/30 15:51
勿体ないほど素敵なコメント。
心の底を読まれているようなグッサリ来るコメントに、
「類は友を呼ぶのか?」と、また、ナマイキなことを考え、
ナマイキに、恐縮しながらも嬉しい気持ちでいっぱいです。

はい、散切りに、着流しの「歩」でした。
この格子柄(?)に
桜の着物は翌日観させていただいた
別の曲でのものなのですけどね。
けれど、なんというか、足元…
それこそ歩んできて、歩んでいかれるのであろう足元に、
「花」「桜」が散りばめられていることに今更気付き、
「あ、いいなぁ」と思い、のっけさせてもろたです。笑

「桃さんのように熱く観て、後押し」?!
いえ、お世辞でも、褒めでも、コメントでも、
そんなことおっしゃってはいけません。

私は何もしていません。何も出来ません。出来ていません。

情けないですが、勝手に観て、勝手にわぁわぁアタマん中で
ごちゃごちゃしょうもないどうでもええことを自己満足的に
考えて、このようにアホみたいな文を、
それでも書いておりますだけ。てか、それすら、自己満足です。

ですが、はい、私は、果報者です。

この方もそうだし、
「人間」というものを、近い近い距離で見せていただき、
ちっぽけな私に、
本当に本当にいろんなことを感じさせていただける
「大衆演劇」「舞台」というものを、
バテながらも観させていただいていて…。

虎さんも、大好きです。一目惚れ。
でも、城から歩さんも、ほんま、大好きです。
これも、一目惚れ。んん?そこはわからへんけれど。笑

私も歩み続けたいと思います。
飽きっぽくワガママで、体力もなく、駄目な私も、
でも、歩み続けたいと思います。ペン、持ちながら。
よろしければ、今後とも、笑うてやって下さい。

あ、怒っちゃヤーョ。笑
桃♪⇒ルイコ様
2011/05/30 18:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
「歩」 -城を見た「あ、変なおじさん」、見城たかしはWalk On- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる