桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「キリッ」の噺

<<   作成日時 : 2011/06/19 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像よく好きな役者さん嫌いな役者さんそのタイプを訊かれます。
なんで、とか、どうして、とか、どんな、とか。
好きなんは、「キリッ」な人です。
嫌いなんは、「キリッ」じゃないような気のする人です。
な、なんだよ、「キリッ」って。笑
でも、これ、私的には役者さんどうこうだけの話じゃなく、
人、皆に当てはまる…というと大袈裟かもしれませんが、
そんな感じなのです。

例えば、嫌いな例。

おひとり。
それはお芝居中、舞台の上で、“お客さんの顔”をしていた座長。

芝居後の口上で、別の役者さんが、
「今日は座長の娘さんの、
小学校の友達とお母さんが観に来てくれてたんですよ〜」
「ね〜!(そのお客さんたちの方を見て)ありがとね〜!」って言ってて。

あ、そうか、それで、座長、
芝居中そっちばっか、ずぅーっと、見てたんだ。
台詞ないとき、そのグループの方ばかり見てたんだ。ニコニコッ、なんて、目配せみたいなんもしていたもん。

けど…いや、芝居中やで? 

微笑ましい光景。なんかウフフでいい光景。かも。

でも…今、芝居中やで?

もう、おひとり。
それは某人気劇団(大衆演劇ではない)の演出を丸パクリしていた座長。

その座長は、その劇団が大好きだってことも公言していました。
だからパクリじゃなく、オマージュ、って言葉が正しいのかも。(便利な言葉。笑)

けど、ワシが「?!」となったのは、座長が、それをあたかも「オリジナル」のように言っていたこと。

なんというキャッチフレーズを付けていたかは忘れましたが、「俺流演劇」みたいに言ってたのです。

ワシがその人気劇団をちょっと知ってる分、思い入れの深さからのいわば「逆ギレ」「逆恨み」かもしれません。
ちょっと気持ち悪い、無駄な感情かもしれません。
パクり、パクられることはよくあることで、それ、別に、ダメなことじゃないかもしれません。

けど…「俺流」?  って?

大衆演劇って「舞台=生活」、
だから、かの世界の役者さんたちは、皆、ほんまに大変で、
だから、かの世界の役者さんたちって、
それでもあんな華やかな舞台を見せて魅せてくれるから、格好ええ、凄ぇ、と思います。

どんな役者さんでも。
どんな顔、どんな歳、美醜年齢関係なく、
どんな方にもファンが居てて、応援してる方が居てて、愛されてて、愛してて…
ああ、だから、ワシも、いやぁ、もう、しつこくラブです。笑

けどな、「舞台=生活」、逃げ場無し!生活!毎日毎日舞台!
いやがおうにも意識せざるをえない同業者!お客さん!…だからこそ、
きっと、持ち続けるのって、すごく大変なんじゃないだろうか、“プロ意識”。

だからどうしても出てしまう…“身内ノリ”。

例えばゲスト出演なんて日のグダッとした芝居とか。笑
例えばたまーに出てまう、のを見てまう、
超ド級の「一部の人だけ、一部の人向けのネタ・笑い」とか。笑
例えばたまに出てまう、のを見てまう、裏事情(楽屋ネタって言うの?)とか。笑

嬉しいねんけどなぁ、“素(顔)”“裏”がちょろっと覗けた気がして。
そんな「やっちまった!な顔」、「てれっとした顔」が観られること、嬉しいねんけどなぁ。笑

人間やしなぁ。近さが魅力やから、そんなとこすら、魅力やとは、思うんやけどなぁ。

だから、ちょいとなら、ええなぁと思うのです。

だって、そんな、カタっ苦しいもん観にきてんねやないんやし。
近さ、あったかさ、そんなのが魅力の皆のお芝居や踊りが楽しいねやし。

けど、その度が過ぎると、ワシは、アタマが硬いからか(トホホ)、「うーむ」ってなってしまうんです、すみません。

ブサイクとか、下手とか、そんなん、悪いことやないと思うねん。

そりゃあ、舞台に立つ、客に見せる!というお仕事やねんから、そりゃあ、見てくれ綺麗な方が絶対ええ。

得やし。ええ。

でも、そうじゃなく、それだけじゃなく、「意識」?

それが「うーむ」なのって、ブサイクとか、下手とか、それよりもあかん…ような気が、ワシは、するねん。

「キリッ」とした、ナニカ、光るもの、滲むもの。 

それは言いかえれば「プライド」?

と、その「キリッ」に見合うだけの、己のナカミとか、表に出す、出しているもの。

ああ、このバランス、バランスこそが、めちゃ、めちゃめちゃむっずかしいのだけれどね。笑。苦笑。

そういった意識を持ち続け、
見てくれではなく、心、「キリッ」とする、し続けるってこと、
それは、「舞台=生活」なスターたちにとっては、ほんま、ほんまに大変なことやと思います。

けど、だからこそ、ワシ、あくまでワシは、
かの世界での、そんな「キリッ」な人を、ほんまに、格好ええなぁって思うんですよね。

そんな「キリッ」が滲む人を、
完璧完全「キリッ」ではなくても滲んでたり、な人を、ああ、うわぁ、って、思ったり、するのですよね。

それは、いわば、「厚い化粧に憂いを隠し、酒で涙をごまかしてぇ」、いる人?

あ、それ、金田たつえの『花街の母』。

うん、でもたぶん、それ、それぞTHE 「舞台」の役者?!

なぁんて。

…言い過ぎ?笑

でも、役者さん、仕事をする人、いや、そんなのぜぇーんぶを合わせて、ワシ、そんな、「キリッ」な方が好きです。

見た目「キリッ」、じゃなく、じゃなくても、ナカミ、「キリッ」、な、そんな。

いろんな事情で「キリッ」って、もしかして、なれてはいなくても、
なんとなく、なんとなぁーく、「キリッ」ってしていたい…が匂ってくるような、そんな。

そして己もそうありたい、あれかし、あるべし。

うきゃー、それって、超、めっちゃ、しんどく、たいへんネ。 キャー。キャーキャー。笑

うん、ワシもまだまだ、まだまだ。

ってな訳で、ワシも、毎日、「キリッ」と…。

ああ、しんど。笑

そんな「目」を、「手」を、ちゃんと培っていきたい、培いながら、舞台、ううん、人、を追い続けたい。

キャー。キャーキャー。理想やー。

ベタッ、バタッ。(ごまかすな。笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
さいきん2人ほどとそんな話をしとったので書いてみた。こないだの【これ】と同じような記事なんですけどね。笑

でもでも、別に役者さんどうこうじゃなく、芸人でも、バンドマンでも、書き屋でも、なんでも、せやと思って。
キャー。キャーキャー。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「キリッ」の噺 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる