桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 世間を振り切り宿命だと信じ愛し愛され相舞踊…まるで「虎」

<<   作成日時 : 2011/06/02 18:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

画像濃厚。
エロい。
匂い立つようなそれ。
観てはいけないもののようなそれ。
なのに、だから、
観たらあかんもんのような気がするから、
だからより凝視。じぃーっ。
濃すぎて、
なんかもう観たくない気持ちもあるねんけど、
でも凝視。じぃーっ。
だって目が離せない。その匂い。
見てしまう、感じてしまうのよ、その関係。

相舞踊にあまり興味がなくて。

確かに綺麗なんですけどね。2人のコラボレーションってね。

でも「あなた!あなたの舞台から見える(と思われる)あなた自身!」を
見たい、感じたい、興味ある。そんなワシは、相舞踊を観ても「さよか。」が多かった。

元々見た目(だけ)綺麗なものを見たい訳ではないし。
2人の仲よしこよしな舞踊が観たい訳でもないし。(ゲストとかでよくあるあれ。笑)

逆に「1人!」が観たい方。

舞台上の俺ひとり vs 満員のお客さん。
俺、俺の身ぃひとつで、何を、どんだけ、見せて、魅せられる?見せて、魅せてくれる?
そこでかかってくるのは己、己のナカミ、己自身。
舞台にはきっと出るもん、性格、生き方、考え方、向き合い方、“ナカミ”“人間”。

だから「個人舞踊」を面白がり、
いや、生活=舞台、生き方生き様、毎日=舞台=旅=人生、な「大衆演劇」が面白いワシです。

けど、だから?、ギョッとしてもた、その「相舞踊」。

それは「劇団美鳳」の2人おる座長のうちのアニキの方の座長「一城進悟」(女形)と、
東京大衆演劇劇場協会演劇部長「俺」 林「虎」廣、あ、間違った、
東京大衆演劇劇場協会演劇部長 劇団「虎」 林友廣(立ち)の、相舞踊。

劇団美鳳 城進三回忌追善座長大会、の、昼の、相舞踊。あー!漢字多い!

なんか解らんけどものっすご濃かった。濃い匂いすら漂ってきたように感じた。
…のは初めて観た強烈なインパクトの虎さんのせい(だけ)ではないはず。

確かに感じた、その舞台からのその「空気」は、何だ?

別に、よぉある相舞踊のように、くっついたり、顔・頬を寄せたり、
気持ちええくらいあざとくベッタリ絡んだり、チューしたり、エロっぽく踊ったり?

そんなん、ない、ない。ありませんありません。全く。

なのに、漂う、濃い、濃ゆい、匂うような、濃い雰囲気。なに?

同じ劇団の2人ではなく、父子でもなく(一瞬そうかと思ったもーん。笑)、
この2人は、でも、濃い、濃い、師弟なんですよね。

関西のワシには解らないその詳しい事情。
きっと関東のお客さんには何がホントで何がウソで
どこまでが真実で何が何だかは解らないけれど、
けど、少なくとも関西のワシらよりは詳しいであろう、この2人のカンケー。

でも、きっと、この2人には、この2人にしか解らない、
うん、きっと近くにいる人(座員とか同業者とか)はワシらより…客席のワシらよりも
知っているのだろうけれど、
でも、きっと、めっちゃ、この2人にしか解らないであろう「これまで」があり、
いろぉーーんなことがあり、2人でいろぉーーんなこと、ええことも悪いこともあり、

でもこの2人にはこの2人しか解らん、この2人だからこそのカンケーが
もう、山のように海のように、あほっほどあるねやろなぁ、そんなカンケーなんやろなぁ。

ってことが、匂ってくるかのような、気すらした、濃厚なカラミ。

あ、いやいや、くっついたり、べたべたしたり、そんなん何もあれへんの。
なのに、なのに、他のどんな相舞踊よりも濃厚…なように感じた、相、いいえ、愛舞踊だったの。

うん、愛憎舞踊だったの。

あ、いや、「憎」はないと思うねやけど、そんな濃さだったんですよ。笑

2人のカンケー。

2人だからこそのカンケー。

2人だから、2人しか、きっと解らんカンケー。

それってなんか、そこはかとなくどこか色っぽい。もといエロいですよね。

世間を振り切り宿命だと信じた、愛し愛される、まるで海雪な虎な2人。

あなたを追って俺も虎。恨む言葉も水面に消えてく、まるで海雪。

なんで相舞踊でこの感じで「海雪」なんかさっぱり解りませんでしたが、なんか素敵に海雪。
(意味などない。意味なぞいらない)

いい師弟なんだろなぁ。なんだかんだいって、
きっとこれまでいろんなことがあって、でも、だから、だからこそ、いい師弟なんだろうなぁ。

そう、それはきっとこの2人にしか、解んない。それ、秘め事。でも、だから、この舞台、この相舞踊。

女形で出てこられた進悟座長に客席ざわざわ。

関東の友人がワシに「年に何回かしか女形せぇへんねん」と耳打ち。

ほな1曲目踊って、あ、曲がかわったと思ったら、
くるくるくる、しゅるしゅるしゅる〜っと舞い出てきた虎さん。お師匠さん。

「あ。そういうことね」な客席。(謎)そして見せた、この相舞踊。げらげら。うわぁ。ええなぁ、もう。うふふ。

画像


ついていきますアニキ、おう愛いヤツ、心酔×愛し合い。濃い、濃い、恋、師弟。

なんか、なぜか、妬けちゃうのは、ワシだけではないはず。ねぇ? ははは。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
顔もそっくりに見えたもーん。

出来たら、次、次もし観るときは、立ちの相舞踊も観たいです。はい。濃いんだろうなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「喝采」 -降りそそぐスポットライトの中それでも私は-
いつものように幕は開きます。開きますよ。 誰が居なくても。あなたが居なくても。 嬉しくも悲しくも、悔しくも楽しくも、 どんなことがあっても、毎日、 毎日、関東だろうと関西だろうと、開くんです。 開くったら開くんです。 だってそれは「仕事」で、 あなた(方)は「プロ」で、 そしてその世界ではそれが=マジで=「生活」。 それは「旅」、 生きて舞台してってことが生活で、 そんな人生という「旅」。 降りそそぐあのライトのその中、踊ってるのは誰? ...続きを見る
桃花舞台
2011/06/05 17:42
ギラギラ光る目が語るもの -虎 林友廣@『昭和残照』-
大衆演劇の役者さんを観ていて 「ぎゃー!!!」「格好いー!!!」と思わぬワシが、 ひさしぶりに「ぎゃー!!!」「たまらんー!!!」となりました。 それも生舞台ではなく、7年前のDVDを観ていて。 その人の名は、「虎」、「林友廣」演劇部長。 (DVD撮影時は座長) その人が踊っていたのは、『昭和残照』(杉良太郎)。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/12/15 13:38
「虎」@『屋久島』 -これが関東、「虎劇場」、なう-
お出ましだ! 演劇部長のお出ましだ! ほら! センターの客席から その名の書かれた手拭広げ、 スタンバイされた傘回し! 舞台に列なし並ぶファンが捧ぐ、 紙のお花と生の花束を胸に手に、 その目とダイヤを光らせて! 観よ! 背中に書かれたこの三文字! これが関東、「虎劇場」! ...続きを見る
桃花舞台
2013/07/17 14:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世間を振り切り宿命だと信じ愛し愛され相舞踊…まるで「虎」 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる