桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 森山大道 × 女形

<<   作成日時 : 2011/06/29 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像至近距離でした。
至近距離だったから老いたシワさえ見えました。
至近距離だったから、
白く塗ってるけれど、塗ってるから、
毎日、毎日塗ってるから荒れた肌が、
その肌の荒れが見てとれました。
モノクロ白黒だったから、
まっすぐなモノクロだったから、
その肌の荒れ、でも笑顔が飛んできました。
その笑顔はええ笑顔、でも、どこか歪んでいて見えました。
まっすぐ。まっすぐ。歪み。
写真家・森山大道が撮った女形の役者の写真です。

ゾクリ。

ワシが目にしたのは日本の写真家シリーズとかいう薄い本ですが、
たぶん、これ、
『にっぽん劇場写真帖』におさめられている写真のうちの一枚でしょう。
(ワシ、この本探してる。欲しい。けど、絶版?そして近所の図書館にも無かった)

ページ、開いて、瞬間、止まった。

うわ。

ゾクッ。

こんなんな、反則やと思うねんワシ。正直な話。

でも…

そう撮るか?

そう、撮ったか。

そう。そうなんだ。そう切ったか。そう来たか。そしてこんなカタチになったか。

森山大道。

なんなんだ!

単なる犬のオッサンじゃなかったんや。

(めっちゃ失礼な覚え方やな。てか、それ、なんかちゃうしな。笑)

ゾクーッ!と来た。
ゾクゾクーッ!と来た。
たまらんってなった。
ヤバい!って。
これ、もしかしたら、ちょっとエロい意味入ってるゾクゾクーッかもしれない。

(どういう意味やねん)

誰か知んない。なんて役者なのか解んない。どこの誰か解んない。
1966年に東京北千住で撮ったらしいことしか解んない。
でも誰か、どこの誰なんかなんて、しょーみ、そんなん、どーでもええことやと思う。

だってその誰、を撮った訳ではないと思うから。

写ってた女形のそのひとは、決して綺麗なんかじゃなかった。

若い? こともないと思う。

いや、でも、もしかしたら若いのかなぁ。解んないなぁ。

けど肌は決して綺麗じゃない。

荒れてる。

モノクロだから、至近距離だから、はっきり解る。

残酷なまでに、うん、写真というカタチだから、残酷なまでに写ってる、その荒れた肌。

に、こてっと、化粧。

鬘。

桜柄の着物。

そんな女形さんが、笑ってる。

カメラの前で笑ってる。笑ってるよ。笑ってる。

でも決して綺麗な笑顔じゃないよ。カンペキ完全笑顔じゃないよ。悲しいくらい。

と、思うのは、ワシの主観かな、ワシの勝手な受け取り方かな、うん、たぶん、せやな。

けど、笑顔やねん、笑顔。

その笑顔は、この役の笑顔なんか、このひとこの役者のこのひとの笑顔なんか、
解らんような、わっかんないような笑顔やねん。

なんやねん。なんなんやろうこの顔。

そしてそんなこの顔を撮れる撮りよった大道(呼び捨てかい!)、
なんやねん。なんなんやねん。

ゾクーッ!ってなった。
ゾクゾクーッ!ってなった。

これって…エクスタシー?

鬘、ちょい、浮いてるよ。

ね、その分け目ってか、そんなのまで、はっきり写ってるね、モノクロって。

でもモノクロなのに、なのに、こってりしたお化粧の、紅のこってりさは、
触れてもないのに、伝わってくるね。

でも、でもその紅の下の、歯、決して良くない歯並びのその歯も、はっきり見えるね。

これは…男だ。

女だけど、男だ。

ううん、でも、男だけど…女だ。

女形だ。

写真家・森山大道が撮ったその女形の役者の写真、

その女形、の、写真、には、

笑顔の男、ううん、女、と、いや、男、女、の、

ちょいと広めにはだけた胸元に、胸毛が写っていました。

ううん、胸毛を、写して、いました。

ちくしょう!

至近距離!

まっすぐ。歪み。ゲンジツ。リアル。虚!実!己!

画像


ワシ、負けません。

だから見てて?

…なぁーんてね!笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
写真は大道気取りです。あ、ウソです。失敗のような写真です。でも面白かったのでオマケに。笑

新聞読んでたら、中之島国立国際美術館での写真展の告知が載ってましてね。
「森山大道写真展 オン・ザ・ロード」。とりあえず、図書館に入って、一冊引っ張って、ほな、この、女形写真が。
いやぁ、出会いですねぇ〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ON THE ROAD -森山大道とか、とか、とかとか-
森山大道が何を撮りたいのかワシには解りません。 森山大道が何を撮ろうとしたかワシには解りません。 解ったような気がしました。伝わってくるような気がしました。 でもあくまで「気がしました」だけな気がしました。 その写真たちは皆、解んない、 解んないのに強烈にこっちに向かってくるのです。 圧巻なのです。圧倒なのです。 押し寄せてくるのです。向かってくるのです。 これどうだ?!これどうだ?!これは何だ?! 向き合え!向き合え!向き合え! この国と!人間と!そしてそうすることで... ...続きを見る
桃花舞台
2011/08/13 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森山大道 × 女形 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる