桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 暮れてゆく暮れてゆく、戻らず進みながら『戻り橋暮色』

<<   作成日時 : 2011/07/07 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

大月みやこが歌う『戻り橋暮色』は完全に「おはなし」です。
「おはなし」よりも「おはなし」かもしれません。
でも歌です。台詞入ってる歌です。歌の「おはなし」です。
そんな『戻り橋暮色』を完全完璧パーぺキに理解表現出来るのは、
一体、どれくらいになってからなのでしょう。

橋は橋でも戻り橋です。一条戻り橋とは関係ありませんが戻り橋です。
何がどう戻って何が戻ってけーへんか何を待ってるか待ってもしゃあないか。
その戻り橋の上からはどんな景色が見えるか。暮色…夕焼けのどんな景色が見えるか。

さぁ、どう?

そんな『戻り橋暮色』を最も完全完璧パーぺキに理解表現出来るのは、大月みやこ。

当たり前。だってこのひとの曲だもん。

でも、じゃあ、この曲を使って、踊る人の場合となると?

さぁ、どう、誰が、どう、表現出来る?

「おはなし(物語り)」…お芝居が好きなワシは、それゆえ、興味津々なのです。

ね、ね、どんな「おはなし」を見せてくれる?

曲と、この曲の「おはなし」の主人公である「女」と、そして「あなた」(役者)。

さぁ、どんなん出てくる?!

わぁ、そんな風な「おはなし」、なんだ!わ、そう、来はったか! うわぁ!

これまでとてもたくさんの戻り橋に立つ「女」(女形)を目にして来ました。

いろんな景色を、見せてもろた。それはそれは、どれも、綺麗だった。

けど、けどね。

ワシ、この曲は、ううん、この「おはなし」はこの「おはなし」(の内容)だからこそ、

ほんまの意味で見せるのは、

やはり、やっぱり、ある程度以上の年齢が要るのではないか、と思うのです。

(※これは何もワシがオッサンやベテラン役者を好む傾向にあるからというだけではないよ)

あ、加えて、台詞入りやから難しいから、なーんて単純な理由ではないよ。

なんやろうな、歌詞の世界が、内容がさ、んーん、「おはなし」の内容に、そう、思わされるのです。

んー、特に最近、そんなことを、思う。
そんなワシは、ちょっと、ちょっとだけ、
人生の辛苦とかなんか、なんとかかんとかを、
ちょっと、ちょっとだけ、舐め始めた、とこみたいな?(ええように言うな。笑)

でも、若いコが、チャレンジしてるのも、いいな、素敵やなぁ、って思うのです。

ワシ、10代のコのこれ、観たことある。

当時は「あんたにはまだ早いねん!」なんて客席で逆ギレしました。(何様やねん)

でも、10代の彼が、ぴっちぴちの彼が、
精一杯、オトナぶって、オトナの女ぶって、踊ってる「戻り橋」も、今思うと、わりと、嫌じゃない。

あ、20ちょいの彼が、なぜか、ニコッと笑いながら踊ってるこれも、観ーたーよー。

うん、ちょい意味は解らなかったけれど、うん、ふふ、ええな、ってニッってなりました。

彼の、20ちょいの彼の彼なりの「戻り橋」なんだなぁって、なんだか、いいなと、観た。

なぜなら、それは10代の「戻り橋」であり、20代の「戻り橋」。

それはきっと、そんなにたくさんいっぱい戻らなくていい戻り橋。
そんなにたくさんいっぱい戻るとこない戻り橋なんだもの。

「戻り橋の女」に、ちらっと成って、けど、でも成ってはいても、
そのナカミは10代の彼だったり、20代の彼なんだもの。

だからその「戻り橋」は、あんまたくさん戻らないけれど、でも、ちゃんと、今の、その、己の、「戻り橋」。

いいな、いい、景色だな、暮色だな。明るいな。

けどやっぱり…

やっぱりワシは、「戻り橋」は、この「戻り橋」という歌は、ううん、「おはなし」は、

たくさんたくさん戻るものが出来、

戻れないものも出来…

戻りたくても戻れなかったり、戻っちゃいたい、

けど、今はここに居る…

そんなある程度ナニカを重ねた人の、人に似合うというか、

それこそ、それぞ「戻り橋」だと思ったりも、するのです。

画像


…戻る戻る書き過ぎてるけど、意味、伝わってます?笑

曲と、この曲の「おはなし」の主人公である「女」と「あなた」(役者)。そして、「私」(客)。

「一人前に愛されるほどきれいな女じゃないけれど」

いや、ここだけやない、ここだけやないで。

ここに「グッ」と来る人、来させる人、けっこ、いるかもしれないけれど。

ここだけやないって。

それもやけど、それよりも、

「やくざな人と皆んなが怖れ背中の傷あと見たけれどそれは心の古い傷」

うーん。

ふふふ。

うん。

…やっぱ、居るんちゃうかなぁ、ある程度の、ナニカが。

演る方にも、観る方にも。

うおー。



でも、さいきん知ったとある役者さんの話で言うと、
以前は戻り橋、踊ってたけど、でも、もう、戻り橋はいろいろあって、踊らないんだそう。

あ、もう、戻らない。戻れない。

ちっくしょう、それ、悔しく寂しいけれど、ちょっとええ話やないか。

そういうことも、ある。

ってなると、そんな戻り橋はどんな戻り橋よりも観たい戻り橋なのにね。

それでも今日も暮れてゆく、暮れてゆく、戻り橋。

ってことで今のワシは、10代、20代の今は全然あんまし戻ってない戻り橋を、
10年後20年後、たくさんいっぱい戻るもんが出来、でも戻れなくなったときに、

そのときまで、それくらい、観てみたいなぁ…なんて、思ったりも、しています。

戻らず、進みながら、
さぁ、これからの戻り橋からは、どんな景色が見えるか。暮色…夕焼けのどんな景色が見えるか。

ふふふ。

ま、きれいな女じゃないけれどね。

わはは。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
以前、ってか、去年書いた戻り橋記事も似たようなこと書いてた。ああ、駄目だなぁ、ワシ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大月みやこの≪魔性≫- 大衆演劇の舞踊ショーから-
芝居風アルバム『橋ものがたり』に収録された 『戻り橋暮色』『くらやみ橋』、『かわせみ』。 早坂暁の『夢千代日記』をモチーフに作られた『夢日記』。 大衆演劇舞踊ショーにおいて、 もうド・“テッパン”とされる 「大月みやこ」の歌の魅力を探りましょうか。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/07/01 23:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
戻り橋暮色 大好き
曲の長さの関係で歌の部分しか踊らない方が多く残念

わたしは曲がかかってから
舞台袖から中央への出方
そしてセリフの語りのところでの表情
ここだけで80%が決まると思う変な奴なんです(笑)
へっぽこおやじ
2011/07/07 12:37
厳しい評論家だなぁー。

私そんな難しいことよぉ解りませんし
考えません。笑

そんなんより、そのひとそのひとのその曲が好きです。
そんだけです。笑
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/07/07 15:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
暮れてゆく暮れてゆく、戻らず進みながら『戻り橋暮色』 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる