桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ああ、いい女』を見せて、魅せるのは、「ああ、いい男」

<<   作成日時 : 2011/07/16 03:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像「ああ、いい女」を、
花道から駆けてきて、
キメッキメで踊るその男(ひと)は、
もう、まさに、「ああ、いい男」。

何をやってもキマってるのです。

特に、男っぽい役(芝居)、男!な役、
舞踊でも、そんな雰囲気で1曲演ると、
「うわぁーー、かーーーっくいー!」。

かっこいいことが逆に邪魔になるくらいカッコイイのです。
なんやろう、ええ意味で悪目立ちするくらいにカッコイイのです。
(脇役をやっても主役より目だったり、
ちいさな役でも半端なくオーラ出てたり)

きっとそれが簡単な言葉で言うと「オーラ」とか言うやつなんでしょう。

お芝居のかっこいい役ではきっともうこれ以上なく格好良くキマってます。
表情、仕草、ひとつひとつが全て繋がって「くぅっ、かーっくいいなぁ」。

なんでそんなにかっくいいムードを持ってはるんですか?

そのふと立ち止まるその表情、
そのキマった、キマりまくったポーズ、なんでそんなにキマるんですか?

え?歳?

関係ない。関係あるけど関係ない。

いや、今で、今でも、こんなんやねんで?

若い頃、どんだけ、ヤバいくらい、かーっくよかった?

きっと今の若いコ、若い役者さんで、
若くても、
でも、今若い子が若くはないあなたの今でも今もそのキマった姿を
慕ってる人、羨ましがってる人、意識してる人、めちゃいっぱいいると思う。

そんなこの方は、フォークソングとかPOPSとか歌謡曲が似合う気がします。

ストレートな演歌よりも、ちょっと思わせぶりな雰囲気の、
フォークソングとかPOPSとかが、
だからこそ似合う、てか、雰囲気が漏れる、漏れる漏れるような気がします。

そんな曲たちが流れる中で、
踊りを踊る、というより、
ポーズで、表情で、
動きで、「俺」!を見せて、魅せるのが、だから、すごく、かーっくいい。

私的にはね、
どっちが凄いとかどっちが正解とかじゃないけれど、正解なんてないけれど、
≪演歌には“踊り”っ!が似合う≫
≪POPSや歌謡曲、ムード歌謡には“踊りっ”も似合うけど、“キメキメッ”でも似合う≫
と、思います、最近思っているのです。

(あ、別に踊る人が凄いとかキメキメムーブがダメとかそんなんじゃないよ。
いろんな人いろんな見せ方があっていろんなものがあるから、だから面白いのだもの)

(あ、でも、ワシは最近、「踊る!」って人が好きだということに気付きましたけどね)

でも、この方、歌謡曲系で、「踊る!」ではなく「魅せる!」っぽい方が、

せやのに、

「演歌」で、「魅せ」、ても、「かーーっくいー」かったのです。

ちゃうな。

「いろっぽいぃー!」だったのです。

その曲は『ああ、いい女』。

歌詞の、歌の、色っぽさがね、うわぁぁ、ぶわぁぁっと、漏れたよ。

目に見えないそんなんが、会場中に、滲んで、皆が「悩殺」された気がしたよ。

花道から、だだっと走ってきて、振り返る!

振り返り、あっちの方角向いて思い馳せ、立ち止まり、見つめる!

あ、「少しみだれた、みだれた ああ、いい女」を思い出してる!

…ように見える!

何?!

何なの?!

演歌でも、演歌でキメッ、てるのに、なんでそない、「かっくいーぃ」が漏れるの?

やっぱ、それって、それこそが、皆が羨む「オーラ」なの?!

『ああ、いい女』を踊る…いや、踊るやなく、見せる、「ああ、いい男」。

ウルフカット(?!)みたいな鬘で、でも、着流しで。

演歌で、演歌なのに、キメッ。なのに。

踊り!ではないのに、キメッ、なのに、色気っ!

決して若くはなく、でも若くはないことが逆にもっと更に色気ムンムンな、いい男の色気の『ああ、いい女』。

やっぱ、「紅あきら」氏の、あのムードは、反則なくらい、ずりぃくらい、の、「オーラ」なのだと思います。

…ずりぃーぃ。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
役者さんによって、得意不得意、似合う似合わないってあると思うん。
そんないろんな芸、いろんな役者さんがひとつの劇団で、ひとつの舞踊ショー・お芝居にいてはる。いろんな見せ方生き様が散りばめられている。
そんなのを、いろんなお客さんがいろんな「好き嫌い」(主観)で観て、想い馳せてる。ああ、いい男いい女。
面白いなぁ。どんな役者さんも、どんな舞台も、皆、ほんまに、面白いなぁ。

あ、ワシ? ワシは個人的主観で言うたら、今は、
ちっこいひとりの人間が、着流し一枚で、曲の世界を、「踊る」ことで、
別に何のアテ振りとかでもなく「踊り」で表現する人が好き…というか、面白い。
しっかり、どこまでも「踊り」なのに「おはなし」のような女形をする人(※スイッチオンな時)が好き…というか、面白いです。
いや、あの、誰が、とかじゃなくって!なくって!(たぶん。笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いい女(男)の定義は
男から見るのと女からでは違いますね
また同じ男同士、女同士でも意見がわかれる

あの人いいね
エッ!そうかぁ〜?なんてのも多い(笑)

いい女 いい男は 
やはり内面から滲みでるものなんでしょう

お芝居のセリフで好きなのがコレ↓

清水次郎長もいい男だけれど
それに勝るとも劣らないのが川北長治
ほんに、おまえはチョン←柝(き)の音
いい男だねぇ〜

いい男(女)を
素直に認められる人は立派だと思います
へっぽこおやじ
2011/07/16 11:35
今回の場合の「いい男」はギャップという意味のいい男です。
そういう意味で、書いてみました。

いつものような「わ、似合うなぁ」と思う感じの曲ではなかったのに、
でも、いつものような、かっくいーム―ブで、
ほな、演歌やのに、キメッてしたら、
なのに、めちゃ、色っぽさが出て、歌にぴったり、
歌の世界、見えたぁ、って、
で、それが「いい女」の歌だから「いい男」。

こういうのが見られたりするから、だから、もう、面白いって思います。

ほんまにほんまに「いい」ものって、
男がみても女がみても、いくつの人がみても、
「いい」と思う、伝わる、と思う。そんなことを思います。
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/07/16 13:19
いいもの見たんですねぇー
イイなぁぁ⁂ こういう事があるから見に行っちゃうんですよね(*^o^*)
はんつー
2011/07/17 12:24
イイでしょーー?笑

そうそう、
こういう事があるから、
ときにドキッとさせられる瞬間に
何度も出会えるから、素敵なんですよね。

はんつーさんも、きっと、見られますよ〜。
桃♪⇒はんつー様
2011/07/17 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ああ、いい女』を見せて、魅せるのは、「ああ、いい男」 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる