桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「俺」の『山河』はデカく、そして、美しい

<<   作成日時 : 2011/07/17 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像人は皆「山河」だそうです。
と、五木ひろしが言うてます。
あなたは「山河」ですか?
てか、「山河」って、なんなんですか?笑

五木ひろしの『山河』を初めて聴いたとき、ワシはひっくり返りました。

「顧みて恥じることない足跡を山に残したろうか」

デカい。デカすぎる。

「永遠の水面の光増す夢を河に浮かべたろうか」

重い。重すぎる。

なんちゅう曲や。

これが森羅万象というヤツなんでしょうか。
そしてこれが人か、人の一生なのでしょうか。

ほな、ほなワシ、まだ、まだまだですわ。

うわぁ、ワシ、ちっちゃいなぁー。すみません、精進します。笑

でもね?

多少ヒネクレているワシは、この「己マダ至ラズ」なデカさに感服し、舌を巻くも、

「ちょ。デカすぎるんちゃう?
なんかもう壮大すぎて荘厳すぎて、吹きだしてしまう(笑ってしまう)ねやけど…」

と、笑ったりもしてしまいました、いや、いまだに、たまに笑ってしまうこともあります。

ね、このへんが、もう、いかに、まだ、ワシが“ちっちゃい”かということなのですがね。笑

…でも、笑えるよね、笑えない?、

「愛する人の瞳に、俺の山河は美しいかとォォォォ」。

いや、そない訊かれても、
いや、訊かれても訊かれても、

ははぁ、美しゅうございます、殿ぉ!五木殿ぉ!

思わず逃げだしたくなるような、壮大さです。

こんな壮大なる自然の前に、人間(ワシ?)ってなんてちっぽけなのだろうなぁ。

でも、ちっこいけど、生きて、生きてるんだよなぁ、皆。

それを「山河を信じ、愛し、生命を刻み、やがて山河に還る」とか言われたら、

もう、正直、「なんのこっちゃ解りませぇーん、勉強しまーす」って感じだけど、

でも、きっと、それでも、人は山河なのでしょう。

中国の、仙人が住んでるような山河?

ワシの大好きな芥川の『杜子春』みたいなもん?(無理矢理すぎるコジツケ。笑)

あー…人間って、人の一生って、なんなんでしょうね。

あ、これも、ちょ、デカすぎる? 禅問答?!笑

でも、それでも、俺の山河も君の山河も、きっと、めっちゃ、美しいのですね。

そんな『山河』は、舞踊となると、
いつも、とか、どれも、とは言えませんが、袴(正装に近いカタチ?)で、ビシッ!と踊るイメージです。

ワシはよくそんな『山河』を観るような気がします。
やっぱ、このデッカい曲、森羅万象、人の一生とかなんとかそんなんを表すには、
ビシッ!と、仁義礼智忠信孝悌を表し(なんのこっちゃ)、袴と扇で、祈るように踊ってこそ!なのでしょうか。

格好いいですよね。

若いコが踊るのも、歳カサが踊るのも、どれも、どちらも、格好いい。

きっとそれは今、“登り中”の『山河』であり、
きっとそれは今、“顧み中”の『山河』であり、いろんな人の、いろんな『山河』。

あなたは、誰の、どんな『山河』がお好きですか?

ワシ? ワシは“登り中”の『山河』が好きかな。
若い、今、ちょうど、“登り中”の『山河』を登りつめ、最後、顧みるまで、観てみたい、かな。一緒にな。

それって、なんだか、ドキドキ、せぇへん?笑

愛するあなたの瞳にその彼の『山河』は美しいですよね。

「俺の山河は美しいかとォォォォ?」

はい、美しい、美しいよ、My 殿!五木殿じゃなく、My 殿!私たち皆の殿!笑

しかし、デカいわ、たまげるわ。圧倒されるわ。たまにお腹いっぱいなるわー、もう。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
作詞が小椋佳で、作曲が堀内孝雄だということを、今、初めて知りました。ほぉぉ。(何が?!笑)

ワシは大川龍昇氏の山河が好きです。好きというか好きを通り越して凄いもんを観たと思わされ、好きです。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
曲の♪山河は6分何十秒もあるんですよね?
♪白雲の城もそうですが
袴踊りは見てるぶんにはいいんですが
踊ってる方は大変そう

また素人の私から見ても
上手い下手がわかるような気がします

国破れて山河あり
障子破れて桟があり
8が破れて3となる??
へっぽこおやじ
2011/07/17 18:48
ダジャレお好きなんですか?!

国破れて…と言えば、サンガリアですよね。

私は踊りの巧い下手は解りません。
あくまで感覚で観ています。

袴踊りは皆お好きですよね。
ワシは着流し踊りが好きです!
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/07/18 03:06
こんにちは。
『山河』を初めて観たのは、当時23,4才の若手さんでした。

立ちだけど、紫系のちょっとラメが入ってるお引きの羽織り物で、
回転を変えていたのか、重いというより、幻想的な感じもして素敵でした。


曲のアレンジも立派なせいか(笑)、踊る方関係なく
イントロが流れると、思わず座り直したりして(笑)、見終わって、この方のは…ふーん…て思う率高い舞踊曲です(笑)


個人的なことですが、この曲聴くと、中原中也の『帰郷』を思い出します。
最後の2行…そういうことかなって…

私流の解釈は、それぞれの「山河」って、かつては誰もが持っていたはずの「良心」というものなのかなと。

硬いですね(笑)

ルイコ
2011/07/18 12:33
はい、ほんま、「ふーん」って思う率の高い舞踊曲です。
私にとっても、そんな感じです。笑

中原中也か。
私、いつも中国、漢詩系のイメージだった。

良心、良心。
「川」から「山河」へと続けて書きましたが、
さて、「川」はどうですか?

曲から、人から、いろんな方いろんな芸から学ばせてもろてます。
そんな今日この頃です。わはは。
桃♪⇒ルイコさま
2011/07/18 13:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「俺」の『山河』はデカく、そして、美しい 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる