桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 酒と泪と男と女と舞台と人間と歌と踊り。

<<   作成日時 : 2011/07/27 03:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像人はなんでお酒を呑むのでしょうか。
あなたは?ワシは?
解んないので、で、また呑むのでしょうか。笑

楽しい酒がいいですね。

楽しい酒になるのは楽しい日の終わりやないとダメですね。

楽しくない酒はヤですね。

なんしか、いい酒がいいですね。

わぁーい! とか やったぁー! みたいな、
ただただ楽しいではなくても、しみじみいい酒だといいですね。

毎日毎日いい酒!になる、なんてことはないでしょうが、
でも、そんなだからこそ、いい酒の日はいいですね。(どういう意味や)

ってなことを、よく考えるワシなのですがね。

演歌にも、「お酒」がテーマ、「お酒」をテーマにした歌って、多いですよね。

そう、きっと、人はグラスとかお猪口とかを前にすると、
いや、お酒を呑むとき、思いとか、“ナカミ”とか、もしかしたら、出るのかもしれません。

それが「絵」になり、だから、「歌」になるのかもしれません。

ひとりのお酒。

ふたりのお酒。

にぎやかにいっぱいでのお酒。

どれも「絵」になり、「歌」になる。

そんなお酒の歌が、違和感とかなく、「似合う」ように踊れるようになったら…

うん、そないなったら、ある意味、“最強”なのかも?!“出来あがって”るのかも?!

…なぁーんて思ったりする今日この頃。

んー…やっぱ、『酒きずな』?

いや、『ひとり言』?

いやいや、やっぱ、『二度惚れ酒』。

舞台。人間。お酒。んまぁ、なんて大好きで大嫌いで、愛してやまないものたち!

ま、お酒、弱いワシは、うん、まだまだ、なんしか、まだまだなんですけど、ね。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
『酔待酒』ってのも、すごい好きな曲。あ、吉幾三ね。
先日若いオトコマエが踊ってはるのを観ました。
以前は、かなりむかーしのビデオで、若い(んかな?)座長が女形で踊ってるのを観ました。

お酒の歌はいいですね。てか、演歌のほとんどはお酒と心情を重ねたものばかりですね。
ああ、酔っぱらっちゃったぁ〜…フリしているわぁ〜。笑

お酒の歌…での踊り、好きです。ずっと観てゆきたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
酒と泪と男と女 いいですねぇ
河島英五の世界(詩&曲)は宮沢賢治に似ています

泪という字も好き
泪橋のたもとでジョーを待つ
丹下のとっつあんや
子供たちの優しさが浮かんでまいります

丹下段平は殺陣師段平に似ています
どこがじゃ 段平だけやないかっ(笑)
へっぽこおやじ
2011/07/28 10:38
宮沢賢治ぃ?!!!

先日オーエス劇場の近くで
泪橋の話題をしていたところです。
まだあるんですね。

私は力石が好きです。
…ってか、関係ないし。笑
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/07/28 14:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
酒と泪と男と女と舞台と人間と歌と踊り。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる