桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 『川の流れのように』、しみじみ…

<<   作成日時 : 2011/07/31 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

『川の流れのように』って、いいね。
『川の流れのように』って、しみじみ、いいね。

美空ひばりって、天才、巧い…は解ってんねやけど、たまにクドく感じることありませんか?

あの声。

お嬢!
天才!
不死鳥!
ははぁ!(ひれ伏し)

やけど、

そんだけの個性、
もう完成に完成されたあの声、
あの個性ゆえ、何曲も何曲も何曲も聴いていると、飽きてきたりしませんか?

ワシだけですか?

あ、ハイ、解りました、ははぁ!って、なってまいませんか? ワシだけですか?

ワシだけかもしれませんが、ワシはたまにそないなります。

なので何曲も聴けません、1曲じっくり聴きたい感じです。

好きやけど、好きやけどそんな感じなのです。

けど、じっくり聴くと、いやぁ、やはり、ええね。

当たり前なのですけれど、ええね。

お嬢!
天才!
不死鳥!
ははぁ!(もういいですか?)

人ってサ、

面倒くさくないですか?

人付き合い。

気ぃ遣い合い。

利害関係。

もう、あ、ハイ、解りました、ははぁ!って、なってまいませんか? ワシだけですか?

ワシは自分も他人も含めて、
人の嫌なトコ、あかんトコがすぐ見えてしまうという嫌な人間なので、よく、嫌になります。

うっとおしい。

何、何なの。

自分自分、「我」「我」、気持ち悪いなぁ人間って…そして、ワシ(自分)って。

知れば知るほど。

近づけば近づくほど。

1曲、聴きこめば聴きこむほど。

クドくなります。

けどサ。

でも、それでも、

それだから、

人って、おもろいのかもしれません。

それでも、人はおもろいのやと思うのです。

…ねぇ、お嬢?天才?不死鳥?よっ!ひばり!

ああ、女ってうざいわ、男ってうざいわ、人ってうっとおしいわ。

けど、面白いわ。

生きることは旅すること、終わりのないこの道、この川の流れ。

で…しみじみ思う、『川の流れのように』って、いいね。

『川の流れのように』って、しみじみ、いいね。

画像


酸いも甘いも知っとるようなおっさんおばはんが踊る『川の流れのように』もいい、
でもたぶんまだだいぶ浅瀬な、若い、若い若いコらが踊る『川の流れのように』も、それはそれでいい。

まるでひばりのように「超個性!」な舞台上の面々。と、それを観る、もっと「超個性」な客席の面々。

なんてまぁ恋、じゃなかった、濃いんだ。

あ、ワシも濃いか、その一因、じゃなかった、一員か。

で、やはり、『川の流れのように』、大衆演劇舞台で使われる、踊られる、『川の流れのように』が好きです。

しみじみ。

お疲れ、“川”さん達。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
そんなこの曲を作詞したのはヤスシ・アキモト!
んもう、このオッサン(知り合いでもなんでもないのに失礼)天才だ。AKB!笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『川』 -川の流れのように-
意外と優しい。 意外と冷たい。 意外と穏やか。 意外と激しい。 冷たくなくて、でも冷たくて。 綺麗で汚くて、 楽しくて、怖くて… 安心して身ぃ任せてたら危険…流される けど、流されたらあかんけど、揺られるのは心地いい。 そんな『川』は、きっと、やはり、「人」というか「人生」みたいな? あ、「みたいな?」なんて誤魔化しちゃダメなんですけれど。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/08/12 04:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
千穐楽をあんなに名残惜しく思ったのに
もう今日は
遠く離れた地で初日です
川の流れは岸に立ってこそ思うもので
流れて行く水は
ただそれが
日常なのかも知れませんねぇ

桃サン
楽しく読ませていただいたこのヒトツキでしたわ
九段下
2011/08/01 22:49
そぉです、きっと、そぉです。
流れる水は己が流れていることを
岸に立つ者ほどは思っていないと思います。

ふふふ。

所詮しがない旅がらす、
でも、皆、めちゃ、素敵な旅がらす。

先月はありがとうございました。
今月もぼちぼち、よろしくお付き合いくださいね。
桃♪⇒九段下さま
2011/08/02 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『川の流れのように』、しみじみ… 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる