桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 近そうでまだ遠い? 恋しくて憎らしい?-『大阪LOVER』-

<<   作成日時 : 2011/07/03 03:51   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

くだらねぇ曲だなぁ〜。
大阪人ナメとんちゃうかぁ〜。
ちょっと大阪弁使ったからってさぁ、
そんなもんで、あーた、
特にワシら大阪人は、こんな、
わざとらしくたっぷり大阪弁使った大阪の曲、
には、厳しいで〜。と、思ってたこの曲。

何。この「大阪女=本音を正直に言う」
「けど、ちょっと照れ屋でシャイで、言うてるようで言うてへん」
「なんかそこがかわいい」
「純情、純粋、情が濃ゆい」…
みたいな、べったべたコッテコテを、あーた、
まさに、ドリカム、
夢叶いまっせ的に歌詞にしちゃったわよ、歌いあげちゃったわよ、
ユニバですよ、的な、これ、この曲。

ワシ、嫌いでした。

嫌いを公言していました。

キモいわぁ。って、言うてました。

『大阪LOVER』(ドリカム)。

なのに。

なのに、大衆演劇の舞踊ショーで使うと、悔しいくらいに盛り上がるのはなぜですか?

え?盛り上がるのは、ワシらのご当地、大阪だからですか?

と、ひゅーひゅー、わーわー、な客席の一席で思いました。

若い、イケメンが踊るのだな。若い、イケメンだから、きれいな、べっぴんさんになるのだな。

それがな、『大阪LOVER』なのだな。

いや、別に誰の『大阪LOVER』でもないのでしょうけれど、
この瞬間だけは、きっと、皆、皆にとってオンリー1な『大阪LOVER』なのだろうな。

近そうでまだ遠いか大阪? 恋しくて憎らしいか大阪?

それは大阪だけか?

いや、ちゃうやろ。

大阪は、大阪人は、特に濃ゆいけれども、それは、そんな気持ちは、
そんな気持ちの盛り上がり、舞台の盛り上がりは、大阪だけやないやろ、きっと。

近そうでまだ遠いか「あなた」と「私」? 恋しくて憎らしいか「あなた」と「私」?

この曲の瞬間、いや、別にこの曲だけやないけど、
大阪やし、ワシも大阪人やし、なのでこの曲の瞬間、
濃い大阪の客席は、うわぁっと、テンション上がる盛り上がるのを、なんか、なんとなく、なぜか、肌で感じます。

画像


うわぁ〜、あほみたい。なんや、あほみたい。

なんて自己陶酔極まりのない空間だ。演る方も。観る方も。

けど、んまぁ、こんだけ陶酔して、アホになれて、なんて楽しい空間なんだ。

近そうでまだ遠いか「あなた」と「私」? 恋しくて憎らしいか「あなた」と「私」?

≪東京タワーだって、あなたと見る通天閣にはかなわへんよ≫

これ!この、歌詞!ひぃぃぃ!ぞぉぉぉ!なんてストレート!なんてコッテコテ!

≪なんでそんなに笑って? 一生に一度の告白やんか!≫

ひぃぃぃ!この女、き、キモいぃぃぃ!

…けど…ええよねぇ! ええ女よねぇ! 笑。

このド・ストレートで、だから、キモいこの曲を、
誰かが踊って、ふりふり、ぶりぶり、ニコニコ、ノリノリで踊って、
で、客席がもうマジほんまイケイケ、ドキドキ、ウキウキになる…
その瞬間を、肌で感じ、ひぃぃ、と、うわぁぁ、ええなぁ、素敵たまらん!を感じるのが、ワシ、好きです。

ヒネクレ者、ってか、乙女じゃないので、感情移入&陶酔はさっぱり出来ませんが、
そんな皆ってか空間、雰囲気を感じると、このノリノリの曲と、そんな役者そんな客席を感じると、
たまにホロッと来たりも…したりなんかしますのよ。

え?

ヘンタイやから?

ちゃうちゃう。

エエ女やから!

ハイハイ。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
そう考えると、やっぱ、ドリカムって凄ぇよなぁ。笑

でも「何度ここへ来てたって大阪弁は上手になれへんし」って!
そんなね、ちょいちょい来るくらいで上手になられてたまるかっちゅうねん。ほんまにもう。
てか、ワシ、ちっさい頃からずっと大阪(&神戸)なんですが、なんでときどき標準語混ざるんやろ。
まぜこぜなんやろ。自分でも疑問。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
近そうでまだ遠い? 恋しくて憎らしい?-『大阪LOVER』ふたたび-
大衆演劇のショーで『大阪LOVER』(ドリカム)がかかるときの、 あの会場中の盛り上がりは、一体、なんなんでしょうね。 最新の曲、ヒット曲、ええ感じの曲が出ると即舞台で使われる、 「今」の魅力いっぱいの大衆演劇。 せやけど、ワシ、あの、『大阪LOVER』はそれでも、 これからも、結構ずっと、「スタンダード」(古典)として、 長いこと、飽きず、飽きられず、使われていくんやないかと思います。 だって、皆、好きじゃん?! 笑 ...続きを見る
桃花舞台
2011/11/19 14:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近そうでまだ遠い? 恋しくて憎らしい?-『大阪LOVER』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる