桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸人? 阿国! 神?! -ハコの風景、芸人と「人」の風景-

<<   作成日時 : 2011/08/17 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像あれ。
あの歌手。
あの芸人。
あれぞ「見世物」。
あ、卑弥呼?んーん、あれ、きっと阿国!
そう、きっとあれ、あれぞ、「神」。笑。
そんなことを感じたのは、決して、
彼女が巫女みたいな衣裳を着ていたから
…だけではないはずです。

叶麗子をご存知ですか?

「通天閣の歌姫」、いやいや、「浪花の歌姫」

NHKの朝ドラ『ふたりっこ』のオーロラ輝子のモデルとなった歌い手さん。

って、その紹介の仕方も古いかな。

『ふたりっこ』のあの双子はもうだいぶ大きくなりましたし、
あのドラマも「懐かしいなぁー」みたいになっちゃいましたが、
輝子のモデルとなった麗子は、今も通天閣歌謡劇場を始めとするいろんな場所で歌ってる。

例の、あの「頭に通天閣のオモチャ乗っけて」だったり、
めちゃめちゃとんでもなく派手な着物着て、
素かキャラか解らん、んーん、どっちでもなくどっちでもあるパフォーマンスで、ネ。

画像


あのステージあの姿と、もはや信者のようなファンさん(おっちゃんら)が群れる光景は、
大衆演劇の役者におねぃさんたちが群れるあの光景…
ワシが大好きな「座長大会の風景」と同じように、
何度観ても、ホンマに、いろんなことを感じさせてくれます。

あの、遠目に見たら“ちょっとイっちゃってる”光景は、あれ、なんなんだ?

あれは、もはや「演者とファンの関係」とか
「己という商品を中心とする需要と供給の関係」とか、そんなんを通り越して、

芸人というカブキ者とそれを囲む人の本来の姿を思わされるというかなんというか…

あ、なんか、カッコつけて解りもせんくせにそんなん書いてますがやはり解りません。笑

が、通天閣歌謡劇場というちいさなハコで叶麗子とその周りの光景を観ていると、

その衣裳やそのパフォーマンス、
あの年齢不詳、なのに、不思議ちゃんな喋り方、と、客との信頼関係…
そんなものも相まって、あれ、「神」?! とすら、感じることが多いのです。

ま、神は神でもCD必死に売らなあかん、リアル生活がかかっている人間!なんですがね。

だから面白く、だから愛しく、だから、客席もワシも、泣いたり笑ったりするのですがね。

でも、あれ、やっぱ、神や。芸人って、神や。

めっちゃ情に厚くて、でも、冷たくって、
だって生活があって、生きていかにゃあかんくって、
せやけどせやからこそ支えてくれる皆がホンマに本心から大事で、
舞台の上で、舞台の下で、泣いたり、笑ったり。

人間臭い人間臭い「神」、んでもって、神みたいな神聖な、でも「人間」。

超絶目力で妖艶な流し目を送っていたかと思えば、
突然ばたっと倒れて、それでも歌ってる麗子ちゃん。(倒れる前にちゃんと下駄脱いでる)

倒れたら一斉に近寄るカメラ小僧、ならぬ、カメラオヤジS。

客席に降りて、イスの上に立ちあがり、歌う麗子ちゃん。

それを拝むようにするおっちゃん、歌の世界に入り込み涙するおっちゃん。

「おにいさん、何泣いてるん?おかあさんのこと思い出したん?
も〜、泣かんとってぇ。後で抱き合って一緒に泣こなぁ〜」

「あかん。この歌歌ってたら涙出てくるんですよ。ごめんなさい」

画像


そんなやりとりやトークもあれば、
浜村淳のアドバイスにより作ったという巫女イメージの衣裳を、ストリッパーのように脱いで、見せて、魅せたり。

あれ、芸能の神様、アメノウズメ?

いや、あれ、出雲の阿国や。歌舞伎の始祖や。芸人や。神や。

あ、でも人間や。麗子ちゃーん!

画像


その光景はとんでもなくイっちゃってて、あほみたいで、でもアホやから素敵で、
どうしようもなくって、とほほで、わははで、たまらなくて。

で、魅入られちまったあなたやワシは、また、「この風景」を観に、いや、一緒に感じに、

あの劇場この劇場あのひとこのひと歌に芝居に…「舞台」…いや「人間」に会いに、足を運ぶのでしょう。

あーぁ。

そんな、「さだめ・・・」

ああ、これ、これが、楽しいね。笑



叶麗子/さだめ… / あなたが星になった日

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
このひとのステージは一度観ておいた方がいいです。いや、マジで、いろんな意味で。
これ、と、大衆演劇。
もちろん、「芸」としても素敵やねけど、なんちゅうか、もう、ほんまに「人間」という意味で、魅力というか、感じることいっぱいなのです。笑

あ、この記事は去年書いた この記事 (大衆演劇篇)の歌謡劇場篇。ということであちらも、是非。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸人? 阿国! 神?! -ハコの風景、芸人と「人」の風景- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる