桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「格好いい」のカタチ-『お前だけが』な「お前だけは」-

<<   作成日時 : 2011/08/23 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像「お前だけが」と思わせてくれる。
これ以上ないっくらいに「お前だけが」と思わせてくれる、
その指先で、その視線。
せやからその瞬間、舞台と客席は「おまえとおれ」になる。
…と、思わせてくれる。
だから「格好いい」。
きっとずっと「格好いい」のです。
…「紅あきら」という人は。

出てきた!

うわ、もう格好いい。

踊りだす!

うわ、もっと格好いい。

「格好いい」をカタチにしたらこうなる!

そのポーズ、その仕草、その目線にルビを振ったら「格好いい」!

広辞苑に載っている「格好いい」をカタチにしたらこの舞台になります。…ウソです。

でも、紅あきらという役者さんの踊りは、もう、ほんま、そんな感じです。

これ、これにどれだけの若い役者さんが憧れ、真似してきはったんやろう。

きっと、

きっと数えきれないほどの若い役者さん座長さんが真似してきはったんやないやろか。

そして、

そんな若い役者さん座長さんは、今、憧れ真似た紅あきらよりもずっと若いから、
だから、
その「格好いい」が憧れられ真似られた紅あきらよりも似合うかもしれないけど、
けど、
憧れられ真似られた紅あきらのそれは「元祖」(?!)であり、「本家本元」(笑)であり、
だから、
どれだけ歳とろうと、憧れられ広まり、若いコたちのがもしかしたら人気んなっても、
腐らない変わらない問題ない…「格好いい」に違いない。(ややこしい?)

そう、広辞苑に載っている「格好いい」をカタチにしたらまだまだこの舞台になりますよ、
まだ、改訂されませんよ。これ、ウソやけどホントですよ。笑

うん、そう。
もう、好きとか嫌いとかそんな問題じゃないねん、「格好いい」ねん、ルビ振れるくらい「格好いい」ねんて。

先日、三重県のセンターにて改めてそう思わされました。

画像


出てきて、踊り出した瞬間の、センターのお客さんの
「あの人誰や?」「あれがお父ちゃんか?」「ええなぁ」「かっこえーなぁ」の声・声・声!

「お前だけが、お前だけが、お前だけが居てくれたらそれでいい」

「俺しかないんだね、俺しかないんだね、お前には〜」

『お前だけが』(風)から繋いでの『おまえとおれ』(杉良太郎)。

この選曲! この2曲、「格好いい」のダブルパンチ!

ああ、もう、「格好いい」すぎて、皆、お腹いっぱい!

ああ、ワシ、やっぱり、笑ってしまいます。

「格好いい」すぎて。

「うわー!格好いい!」がいっぱいの空間に。

「格好いい」をカタチにしてくれる、今も、きっと、これからもずっとなこの役者さんを観ていると笑ってしまいます。

「格好いい」すぎて。

…ひゅー、ひゅー!

「もうこんな歳になると、キメて格好つけるのが恥ずかしくなる」なんてよく舞台でも言うてはりますが、何を何を。

そんな照れっと笑う姿も、「格好いい」訳で。笑

…ひゅー、ひゅー!

やっぱ、このひと、大衆演劇界1の“ちょいワル”オヤジ。

ね、私たちって、なんてこんなに“ちょいワル”好きなんでしょうね、ねぇ、あんたも好きねぇ。

ああ、『ろくなもんじゃねぇ』…「お前(失礼)だけは」。笑

なんだか嬉しくなっちゃうね。

だって、いつになっても、いろんなことがあっただろうし、今もあるだろうけれど、

でも、今も、ずっと、変わらず、いや、これまで以上に「格好いい」で居続けてはるのだもの。

私たちはそれを、今も、そしてたぶんこれからも観ることが出来るのだもの。

だから、笑っちゃうのかもしれませんワシ、嬉しくて。

ああ、笑っちゃうくらい、嬉しいくらいに、「格好いい」って、いいなぁ。笑


http://youtu.be/e1lQz_Xuuuc

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
「かなわねぇなぁ〜!」って、思う人(同業者、お客さん、同世代のひとら)って多いんとちゃうやろか。
そんなことも思ったり、する。
そういう意味で、ズルい女、ならぬ、ズルい男、ズルいオッサン(あ、失礼)です。笑

最近、仕事でフォークソングに詳しくなったので、この曲、この曲で踊るこの人の姿が妙にツボでしたの。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大衆演劇人生劇場-センターと役者と飛車角の爺ちゃん、舞台と客席-
舞台から芝居好きな役者さんが訊かはる。 「明日のお芝居、何しようか迷ってます。ここで今決めようと思います」 「『赤城山』、『飛車角』、『座頭市』…」 ほな、すかさず客席から声が飛ぶ、「飛車角!!!」。 これ、先月のおはなし。三重県のセンターでのおはなし。 そんなことが、そんだけのことが、でも、凄ぇ、 「ええわぁ、ええなぁ」「たまらんなぁ」って、嬉しくて、楽しくて。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/09/02 23:00
「おまえとおれ」に関する「かっくいー」とか色気とかのエトセトラ
杉良太郎の「おまえとおれ」をご存知でしょうか。 んまぁ、なんちゅう男の上から目線。 てゆーか、なんちゅうノロケ節。 いや、ノロケもあるが、やっぱ、何より、なんちゅう上から目線。 それが引き立つあの甘くてクドい、いや、切実に歌詞の響いてくるあの名メロディー。 その上から目線がホンマ引き立つあの、甘くて痺れる声。 甘くて痺れる、ゾッとしながらキュンと来るあの、杉良太郎の声・声・声。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/09/20 03:29
みんな違って、みんないい -どれも『神奈川水滸伝』篇-
どちらが『神奈川水滸伝』? どちらも『神奈川水滸伝』! どちらも『神奈川水滸伝』やけど、 どちらの『神奈川水滸伝』も、 舞台に表れたカタチは、 そのどちらもの「色」「個性」が満々!匂いが、ぷんぷん! せやから、どちらも『神奈川水滸伝』も、だから、それゆえ、格好いい。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/11/02 01:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「格好いい」のカタチ-『お前だけが』な「お前だけは」- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる