桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 『役者音頭』にまつわるRow & Row

<<   作成日時 : 2011/08/25 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像『役者音頭』が好きです。
『役者音頭』は
富美男ではなく武生の歌と知ったのは最近です。
『役者音頭』はディスコ調です。
『役者音頭』は
めっちゃ簡単で誰でも解る歌詞だからこそ、
めっちゃ簡単で誰でも解る歌詞でも、
きっとめっちゃ深い意味がいっぱいです。

誰の歌とかいう以前に、知ったのも最近です。

1年くらい前かしら。

タイトルといい、歌の感じといい、

絶対、絶対に誰か役者が歌ってるねやろなぁと思い、調べたら梅沢武生の歌と知りました。

うわ。富美男やなく武生の歌なんだ。

と、知ったら余計に気に入りました。

…ひねくれもの?

いや、

一番の人気者!

…ではなく、それを作った…作ったって言い方はおかしいけれど、
お兄さんの方の歌と知ると、
邪推かもしれませんが、余計に、しんどいこととか、味(という言い方は嫌いだが)が出てんちゃうか、と。
(座長はお兄さんだしね)

歌の歌詞に異様にこだわる癖のあるワシ。

その後、手に入れた梅沢富美男の自伝(※でもこれも監修は武生…って、ええ話やな)に
この歌の歌詞が載っているのをみて、しみじみ、「ええなぁ」と思いました。

檜舞台もかまぼこ板も板に変りがないじゃなしどこでやろうと芝居は芝居、乗った役者の心意気。

ええなぁ。

…って、ワシは役者じゃないので
ほんまの役者の気持ち、役者音頭の気持ちなんか解らんし、解ったフリしちゃ失礼な話なのですがね。

役者って大変やろなー。

きっとワシらアホな客なんかには解らんくらい。

ワシらアホな客はキャーキャーわーわー言うとったらええねん。

いや、あかんねんけど、うざいねんけど、そない言うねん言いよんねん。

けど、役者って、そんな客や同業者やら…

あんな人間人間人間人間なこってりな世界で毎日生活=仕事=生きてってる。

いや、そんなん役者やのぉてワシら皆仕事して御飯食べて遊んで、
しょうもないのやら素敵なんやら人付き合いせやあかんし、せやから、同じっちゃ同じやねんけどさ。

けど、けど、あんだけ人間丸出し、大衆ならぬ体臭と香水と気持ちとゲンジツが
入り乱れ、錯綜し、誰が狸で誰が狐で、誰がウソついとって誰がホンマで…みたいな世界で生きとったら、

しんどいやろうなぁー。

…あ、ワシ、お人よしすぎですか?! やさしすぎですか?!

そんな中であんだけあんなにの舞台を毎日、まぁーいにち、見せてくれる…

いや、別に見せてくれてる訳やなし、ワシらが勝手に観にいっとるんやけど(笑)、

しんどいやろなぁー。

強いよなぁー。

いや、弱いんかもしれんが、強い、なんたるバイタリティ。

…あ、綺麗事? いいよ、別に。そう思うなら思ってくれても。笑

でも、それでも、満員札止役者の夢をかけて今宵の幕が空く、役者音頭でズズイとなぁ。

…かっけーなぁ。皆。

近いようで遠かったり。遠いようで近かったり。

舞台と客席というのは、男と女のようにきっと深くて暗い、いや、明るい川がある。

…ような気がする、Row & Row 。(※『黒の舟唄』。笑)

ワシは役者ではありません。1、客席の、1です。

なんで大衆演劇かとあっちゃこっちゃで聞かれますがそれはいろいろあります。

Row & Row。何の因果かやめられぬ。笑

『役者音頭』、作詞した方は、京都の大衆演劇の小屋主の子供だったんだって。

…ヤキモチ。いろんなおっきな意味でヤキモチー!笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
こないだひっさしぶりにオトコマエがこの曲踊ってるん観ました。目の保養やなぁ、ほんま。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『役者音頭』にまつわるRow & Row 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる