桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼にナニカが“憑く”瞬間、舞台と客席は『One Love』

<<   作成日時 : 2011/08/26 05:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像ワシはその子が好きなのです。
その子、子ぉとか言うたらあかんなぁー。座長やもんなぁー。
その子…あ、失礼、やっぱ失礼、でも呼びたい…
紅劇団・紅大介座長のその瞬間、
“憑いた”と思わされる瞬間って、なぜだろう、
他のどんな若い子さんやベテランさんのその瞬間より、
「ハッピィ空間」を感じさせてくれる気がするのです。
その“ナニカ”が何よりの魅力だと感じ、
ワシ、つい、目が離せなくなってまうのです。

ワシ、歳とかではなく、なんかその子は「子」って感じがしましてね。

あ、悪い意味ではないのです。

なんというか「子」っていう魅力…

コドモという意味ではなく、

「まっすぐ」(に見える)というか、たぶん不器用なくらいに「まっすぐ」(な風に舞台から見える)というかね。

で、そんなとこが、
純粋(かどうか、そんな素のことや人間性は知らんが)で、だから、いい意味で「子」って思ってしまう…。

ああ、つい人と話題にしてるときそない呼んでまうのです。(失礼。笑)

…なんやろなぁー。

…なんかそんな風に見える舞台なんよなぁー。

…そんなんが「滲む」ような気のする、舞台姿なんよなぁー。

で、だから目が離せなくって、心ぎゅっと鷲掴みにされて、
舞台でその子がええ表情(かお)で笑うと、関係ねぇワシまで嬉しくなる。
嬉しくなり、キモいけど、ワシもニタァってなる。

でも、これ、こないなるの、ワシだけじゃないはずと思うのです。

なんで?!って言われたら解らんけれど、そんな「魅力」を持つ子ぉなのです。

その子は、そんなだから、そんなんやからこそ、「憑く」瞬間があるような気がして、仕方ないのです。

フ、と、憑く。舞台上で、憑く。

…それは、つまり、「乗る」ってことかもしれないけどさ。

きっと本人が気持ちよくノってはって、
→せやから客席もそんなノってる彼の発する“ナニカ”に魅せられて魅入って
→ほな、本人(彼)はもっとノる、
→ほなほな、客席はもっともっともっとノる。
→めっちゃええ表情(かお)

このいわば“相互作用”というか、舞台上も客席も含む「舞台の醍醐味」とでもいうかさ。

そんなんが、そんなその子、そんな、彼だからこそ、顕著に見える気がするのです。

画像


そんな“憑く”子だから、
つまり“持ってる(んちゃうかと思わせてくれる)”子だから、
いや、絶対、“持ってる”やろ、なんやろ、めっちゃ“持ってる”やろと思わされる、
だからこの座長から、目が、離せません。

ノってると思わされるときとか、写真、ええ表情の写真、何枚も何枚も撮ってしまうもんなぁー。

こちらも“憑いた”ように撮ってしまうもんなぁー。笑

…この瞬間が、もう、たまらんのよなぁー。笑

そんな彼は、それゆえ、ワシにとって、「ありがとう」って、思わせてくれる役者です。

舞台の醍醐味を教えてくれて、ありがとう。
舞台と客席との「相互作用」を主観的にも客観的にも味あわせてくれて、ありがとうって。

いや、毎回ドキドキすんねんけどな。
「今日は“憑く”かなぁー。調子(&機嫌)ええかなぁー」って、観る前、ドキドキ。
でもこのドキドキ感も、ちょっとスリリングで楽しかったりもする。笑

くそっ、歳下の若い子ぉ、しかも全然好みじゃない顔やのに体型やのに!
ワシ、何、なんでこんなに振り回されてんだ?!

と、思いながらも、どっか、ワクワク。笑

だってその「瞬間」に出会えると、
舞台と客席が“一緒んなる”…彼の芸を通して“一緒んなる”その瞬間…
を、客席も舞台もどちらも見渡せるような席、1客席の片隅席で感じるその瞬間…
ゾクゾクします。たまらん。って、なります。

うわ、ワシ、あなたに目ぇつけちゃったわよ!
飽きるかと思ったけど、やっぱ、まだ、まだまだ飽きてないわよ!

そりゃ、最初はあなたのお父ちゃんの笑えるくらいカリスマなオーラに興味を持って、
そっからこの劇団を観るようになったけれどさ。

んでもって、お父ちゃんは座長を降りても不定期出演(?!)な今も、
なんで、どうして、
こんな変わらず笑えるくらい格好いいカリスマオーラを放ち続け、こりゃまた飽きないけどさ。

さらにさらに、そんなお父ちゃんの昔っからの大親友(?!でも、ですよね?!)で
せやから数年前からこっちに入りはったおじちゃん…
なんか解らんけどものすごい舞台テクと雰囲気と得体の知れない魅力を持ってはるから
私的に今、気に成って、飽きなくて、掴みどころなくって、
せやから追いたぁてしゃあないおじちゃんに、そりゃ、いっちゃん(?!)興味持ってるけどさ。

でも、ワシ、なんか解らんけど解らんくらい“憑く”瞬間のある、彼がとても好きです。

これから、めちゃ、楽しみよ!

いや、ちゃう、ちゃうちゃう、これからも、その舞台姿を、ぼちぼち、見させて下さいね。

これから、どないなっていきはるんか。
どんな風に、育っていきはって、
どんな風に、ええ男…いや、今もええ男やろうけれど、
これからもっと(?!)ええ男、ええオッサン、日本一の座長になっていきはるんか。

見せて下さい。

おばはん(と認めるのは悔しいけれど。。)もまだまだ…
いや、おばはんは、今のあなた以下に、もう、まだまだマダマダ過ぎますが、
せやからこそ、おばはんも必死に、君よりももっと必死で勉強して稼いで働いて、
ひぃひぃぴぃぴぃ言いながら、もっと必死に精進致しますから!(泣笑)

なぁーんて。

そんな風に思わせてくれる子、若いその座長だからこそ、
センターで『One Love』(嵐!)を踊るその姿は、かなり、ググッと来ました。

だってあの歌詞。あのメロディ。目の前におるのは、“そんな”子。笑

…“憑いた”よね?! 今、「キタぁ!」よね!

なんじゃこのハッピィな空気の空間! 何、その、お客さん、皆、めっちゃええ表情(かお)にするその力!

若いひとも、ベテランさんも、結構いろんな役者さん観てきたけど、
ワシ、憑く瞬間、全体的にこんなハッピィ空間になったと感じさせてくれるんって、
なぜか、君やねん、君が一番やねん。なんでやろうねぇ。

…ま、あくまで、ノッてて、“憑いた!”って感じるとき、なんですけど。笑

もしかして、嵐より、嵐?! もしかして、ジャニーズより、ジャニーズ?!

…んな、アホな。笑!

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
One Love、花より男子のテーマ曲でしたね。イケメンいっぱい出てくるあれ。
おとうちゃんは「花は紅」、息子は「花より男子」?!笑

ジャニーズの曲で踊るんって、ワシはあっちでもこっちでもあまり観たことない気がする。
ま、たぶん、人気もあるし、たくさん使われているのでしょうが。
そんなんもあって、これ、ええなぁーって思ったなぁー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大衆演劇人生劇場-センターと役者と飛車角の爺ちゃん、舞台と客席-
舞台から芝居好きな役者さんが訊かはる。 「明日のお芝居、何しようか迷ってます。ここで今決めようと思います」 「『赤城山』、『飛車角』、『座頭市』…」 ほな、すかさず客席から声が飛ぶ、「飛車角!!!」。 これ、先月のおはなし。三重県のセンターでのおはなし。 そんなことが、そんだけのことが、でも、凄ぇ、 「ええわぁ、ええなぁ」「たまらんなぁ」って、嬉しくて、楽しくて。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/09/02 23:00
「同魂会の娘」あるいは“桜餅” -紅なるみ-
子供じゃなく、大人でもない。 少女じゃなく、大人の女でもない。 あ、でも、乙女ではあるかも?! でも女の子と云うのは失礼。 そんな「今」やからこその魅力でキラキラ。 桜餅みたいな彼女は無敵、最強。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/08/10 04:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼にナニカが“憑く”瞬間、舞台と客席は『One Love』 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる