桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 『LOVEマシーン』に関するエトセトラ

<<   作成日時 : 2011/09/17 04:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと面白い『LOVEマシーン』に出会いました。
聴きました、というか、観ました。
世代的なものなのでしょうか。
せやから、ちょっと、おお、「ええなぁ」と、ニタッとしました。
ふふふ。ははは。ほほほ。

モーニング娘世代なワシです。
世代という言い方はおかしいかもしれませんが、
高校生くらいの頃か、ちょうどその頃、「LOVEマシーン」ですよ。

なんで覚えてるかつっつたら、
あーた、文化祭かなんかで演出したとき、この曲を使ったから覚えているのです。笑

(あ、演出っつっても、芝居じゃないですよ。コンサートです。笑)

「LOVEマシーン」

あのノリったら、ねぇ。

何だか解らないけれど、この曲は残ると思っていました後世に。

なぜかは解りません。

カンです。当時のワシの妖怪アンテナが察したカンです。

だって、「おまつり」っぽいからさ。

狭いターゲットを対象としている訳じゃない、
あ、いや、もしかしたらそうなのかもしれないけれど、
そうじゃなく、広く、どこでも狙えそう、
どっか楽しんでもらえそう、共感や、どっか、ちょっと自分を当てはめてもらえそう、

そして…

一緒に盛り上がってもらえそう。

って、妖怪アンテナが、思ったのだと思う。

そう、今風おまつりソングというか、
「なんやかんやありますが、頑張りましょう!」みたいなノリというか、
そんなんやない?

なんしか、「元気!!」「元気になれる!!」ノリですよね。

そうして、当時のワシがカンで思っていた「この曲は残る」は、やはり、正しかった。

と、後からほくそ笑みました何年か後、ってか、さいきん。

ね、残ったね。

プロレス…「ハッスル」…絡みで竹内力…じゃなかったRIKIがカバーしたりさ。

あ、そりゃともかく、

あちこちでカバーされたり、なんだか応援歌のように歌われたりさ。

そして今年に入って、AKBと対抗するように(いや、それはちゃうけど)、

ドリームモーニング娘、なんてのが再結成され、この曲が歌われたりさ。

先日、このドリーム(※何がドリームだよ。ねぇ。…でも嫌いじゃないそういうの。笑)を動画で観て、リアル世代のワシは、たまげましたよ。

うわ、なんかもう、なぜかちょっと時代を感じるわよ、と。

そして、99年当時のPV観ても、たまげましたよ。

うわ、なんか、時代だ、と。

そして、「え、え、AKBは…若いなぁ」と。笑

ああ、こうして、時代は移り変わってゆき、ワシは今よりさらにオバハンになっていき、
今、自分が横目でみてる年寄りたちのように、團菊爺みたいになっていくのかもなぁ。

…なんて、しみじみ。

あ、それはおいておいて。笑

そんな「LOVEマシーン」を先日、
大衆演劇の組ショー、創作舞踊って言うのかな…ラストショーで観ました。

わはは。なぜ今、今更今頃この曲で作ろうと思ったんだ。笑

きっかけはなんなんだ。笑

でも、なんか、ワシは世代的にちょっと嬉しかったよ。

そしてそれは、ものすごく、は言いすぎかもしれん、
うん、好きなワシの主観が混じってるかもしれんが、結構、よく出来ていて。

そしてそれは、ものすごく盛りあがった、
いや、舞台にかけたその日が日だけあったのもあるんだろうが、
すごく、ものすごく盛りあがったんだ。

(ワシが観たのは初演ではなかったようですがね)

ああ、「おまつり」だぁ…。

そう、今風おまつりソングだ。

今でも、今風おまつりソング。
時代がかわっても、今でも、楽しく楽しいおまつりソングなんだ、これは。

そして、今、ここは、「おまつり」なんだ、この空間は、この瞬間は。

「なんやかんやありますが、頑張りましょう!」

なんしか、「元気!!」「元気になれる!!」…なろう!

…ぴったりやん。ぴったりや。ええな。ええやん。素敵やん。

え?原曲?カバー?どんな曲を、どんな風に構成・演出してって?

それは、だって、舞台を観ないとね。

観ての楽しみだから、書いたり、写真載っけたりするのは、反則でしょ?

(ワシはそういう考え方です)

でも、今更、いや、今でも、
いや、いやいや、きっと今だから!こそ
「元気!!」「元気になれる!!」「なんやかんやありますが、頑張りましょう!」

99年、流行ったあの当時とは時代も景気もちゃうよ。

どっちかっつうと、たぶん、今の方が「ううーん」だろう、いろいろとさ。

でも、そんな今、今だから!こそ
「元気!!」「元気になれる!!」「なんやかんやありますが、頑張りましょう!」
って、舞台から…。

おまつり騒ぎな、あの舞台から。遠くて近い、近くて遠い、あの舞台から。

そして舞台と客席は、一緒になって、Wow Wow Yeah Yeah!

うん、そうだ、日本の未来は世界が羨むパーティーにしようじゃないか!
(あ、この歌詞になると、ちょっとネタバレか?笑)

そんなこんなで、
いい表情(かお)いっぱいの
その「LOVEマシーン」を使った、『LOVEマシーン』は、
ちょっと、いや、めちゃ、楽しく、ステキに見えたのです。

「なんやかんやありますが、みんな、頑張りましょう!」

「なんやかんやありますが、みんな、今日も、明日も、頑張りましょう!」

うん、みんな。

AKBもドリームモーニング娘も、辻ちゃんも加護ちゃんも。

舞台も、客席も、みんな、みんな、Wow Wow Yeah Yeah!

ええい、それが「LOVEマシーン」!

うん、きっと、それこそ「LOVEマシーン」!

…ってのは、ざっくり、まとめすぎ?

でもワシは、その『LOVEマシーン』を観て、
散りばめられた愛すべき、いや、愛しちゃう小ネタにゲラゲラ、
でも、曲と、時代と、人…みたいなもんに、グッと来て、「ええなぁ」と、ニタッとしました。

ふふふ。ははは。ほほほ。

「LOVEマシーン」!

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
個人的にはおとうちゃんもおじちゃんもおばちゃんもWow Wow Yeah Yeahやって欲しかった感じです。
…ないか。無理か。わはは。笑

カゴちゃん。
何年前だ、一緒に仕事してた某でっかい広告代理店のにぃちゃんが、
「僕、さっき、カゴちゃんに会ってきたんですよー!」と2ショット写メを見せてくれたことがある。(ただのファンやないかそれ)
まさかなぁ、こんななるとはなぁ…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『LOVEマシーン』に関するエトセトラ 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる