桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 役者、『神奈川水滸伝』

<<   作成日時 : 2011/09/18 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像『神奈川水滸伝』はヤクザを描いた曲です。だそうです。
でも別にほんまにそうだろうとそうじゃなかろうと、
ま、どっちゃでもええ話です。
あ、『神奈川水滸伝』は某ナントカ会のテーマ曲だそうです。
ま、それもどっちゃでもええ話です。おもろいけどな。
その男はヤクザではありません。
いわば、ヤクザな商売フーテンな商売。
あ、いやいや、せやない、男、一匹、きりりと旅鴉です。

いつから踊っておられるのか知りません。

訊いた気もしますが忘れてまいました。(忘れるな桃)

が、どうやらちょっと特別な曲/踊りのようです。

あ、実際のところはどうか知りません。

が、ワシがなんとなくそない思って観ます。

だって、よく観るしゅっと着流し一枚だけでなく、
中に、入れ墨(墨肉って言うのか?)着てるし、傘、持ってるし、雨の『神奈川水滸伝』。

『神奈川水滸伝』はデッカい曲です。だと思います。

でも、デッカい曲やけども、男一匹。舞台の上には、鴉、一匹なのです。

ちっこいのになぁ、と、いつも、不思議に思うのです。

正直、実際、失礼なこと言うてまいますが、おっきくはないと思うのです。

あ、体型の話ですよ。

だって、昔はずっと、いつも、結構「女(形)」やったそうですもんね。

腰とか、姿勢とか、もう、長年の癖がついてしもたり、また悪くしたりしてはるのか、
だから、実際はそんなにちいさくないかもしれないけれど、ワシには大きくは見えません。

そして残念ながらなぜかどうしてか今は、事実、ポジションもそんなにおっきくない。

それがダメとか嫌だとかではなく。
逆にそれは、今ちょっと気になってるワシには悔しい気もしますが、おっきくはない。

でもそんな体でも、ポジションでも、どこでも、なんだろうと、男一匹、旅鴉一匹。

その姿はデッカい曲に見合うくらい、いや、曲より勝つくらいデッカく見えます。

うん、うーん? いや、でも、確かに大きく見えるような気がするのよ、その『神奈川水滸伝』。

不思議ですね、『神奈川水滸伝』。いや、不思議でもなんでもです、その『神奈川水滸伝』は。

だってこれって、いや、きっとこれぞ「芸の力」でしょう、その『神奈川水滸伝』は確かに。

え? 言い過ぎ? ちょっと、情、寄せ過ぎ?『神奈川水滸伝』に。その男一匹に?

…かもしれん。

でも? だから? せやから?
うーん、なんでやろと思いますが、
そんなその『神奈川水滸伝』は、いつしか、ワシ、
客席に座っていて、あの「ジャジャジャジャーン」って
「いかにも任侠でございっ!」みたいなイントロが来た瞬間、
「ぎゃっ!」「来たぁ!」って背筋伸びる曲、踊りになりました。

何回観たかなぁ。何回観せてもろたかな。いや、何回当たったかなぁ。

あ、一回、急遽“チェンジ”で思わぬものと変わったけどなぁ。

でも、あれもエエもん観たなぁ、あ、あれは『男の履歴』。笑

先日観た『神奈川水滸伝』は劇団のとても華やかな日の『神奈川水滸伝』で、
日も、客席からの反応も華やかな『神奈川水滸伝』でした。

だから、わぉ、笑顔で、客席にひょいっと降りてきたりなんかもした!笑

えー!(笑) そんなん『神奈川水滸伝』やない〜、そんなん世界観もへったくれもない〜(笑)
と、思ったりもしたけど、
でも、そんな華やかニコヤカな『神奈川水滸伝』が観られたこともちょっと嬉しかった『神奈川水滸伝』。

光り輝く表の顔を裏で支える、裏で支える男前がいる。

ワシは1客席です。なので、「骨は拾ってやると言う」とは超おこがましい。笑

てか、ワシもこれまで舞台で客席で会うてきはった沢山いろんな人同様、すれ違ってったりな1人っす。

んー、ワシ、飽きっぽいしね。ワシ、アホやし根性ないしね。
てか、今のワシはまだまだ何の力も無いヤクザなフーテンですしね。

でも、「無事でいてくれおまえのからだ」とは、
実はこっそり素直に(笑)思ってたり、あー、えー、思ってもうたりしてもうてます。笑

ねぇねぇ、「これがしたくて生きてきた」?

…あ、これって、なんやよぉ解らんけど。笑

その姿は、情でも、主観だけでもなんでもなく、単純に、素直に格好ええです。

少なくともワシは、
表面的な意味でなく、変な意味でなく(変って何?!笑)単純に、素直じゃないけど素直に格好ええと思います。

悔いを残さず燃えよじゃないか、役者、『神奈川水滸伝』。

観るよ、『神奈川水滸伝』。みてろ、『神奈川水滸伝』。

…うはは。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
ワシがさいきんよく観ている劇団で、いっちゃん(は言いすぎ?)、うまいなぁー、かっこええなぁと思う役者さん。見城たかしさん。
先日、座長5周年の記念公演で踊られていたのがこの曲。

ま、元々、ワシ、『神奈川水滸伝』とか、こってこての演歌、けっこ、好きなんですけどね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
みんな違って、みんないい -どれも『神奈川水滸伝』篇-
どちらが『神奈川水滸伝』? どちらも『神奈川水滸伝』! どちらも『神奈川水滸伝』やけど、 どちらの『神奈川水滸伝』も、 舞台に表れたカタチは、 そのどちらもの「色」「個性」が満々!匂いが、ぷんぷん! せやから、どちらも『神奈川水滸伝』も、だから、それゆえ、格好いい。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/11/02 01:57
「今」(「生」)-“師匠(おっちゃん)”、役者、『男の人生』-
北島三郎の今が好きじゃない。 テレビで“氷川クン”に手をひかれたり、 “北山クン”にヨイショされる北島は、老害としか思えない。 故郷に錦飾り、生きてる間に記念館建て、 業たっぷりの典型的な「成り上がってきた演歌歌手」、 今その業は蝋燭の最後の火が燃えるように見え、 せやのに出し続ける新曲はどれも味はなく只枯れていて 苦笑いを通り越してやりきれなくて爆笑! トホホ! そんな北島の聞いた事も見た事もない曲を踊ると言います。 若くない役者がある日突然『男の人生』を踊ると言います... ...続きを見る
桃花舞台
2014/07/18 18:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
東なら神奈川水滸伝、西なら花と龍ですね
へっぽこおやじ
2011/09/18 10:49
え!それって、もしかして、深い意味あります?
役者さんにかけて、例えてます?

だとしたら、深い!
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/09/18 23:57
深い考えなんて私にあるわけがありません(笑)

以前、お芝居のある場面で座長が湯のみを落としたんです
その転がり具合と割れ方が
心情を表すようで素晴らしく
感動して終わってから聞きました

あの湯のみを落とす演出が良かったっすね
えっ、あぁ・・アレ?ただ手が滑っただけ(笑)
へっぽこおやじ
2011/09/19 11:27
そっかー。

私も無駄に深読みするタイプです。
ね、それって完全にジコマンですよね。

そんなしょーもないこと考えるほど
むこーさん方は暇やないっつうの。みたいな。

失礼致しました。
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/09/20 02:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
役者、『神奈川水滸伝』 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる