桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 華と咲くか月と欠けるか -例えば、華月慎-

<<   作成日時 : 2011/09/21 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像やさしげ。
とか
きれい。
とか
上品。
とか
そんなカンタンな言葉じゃ表せない雰囲気。
儚い。
とも違うし。
なんなんでしょう。
解りません。
解りませんが、一言で言うと、
なんか、禍々しい雰囲気を感じたのはなぜでしょう。

禍々しいなんて言葉はあまりええ意味では使われませんね。

ので、誤解を招きそうですね。

けど、

浮かんだのは、この言葉なのです。

決して悪い意味じゃない。

って言っても、伝わらないかなぁ。

出てきた瞬間、

何?!

なんなんだ?!

って、なったんです。

何年か前、息子さんの劇団に居てはったときも、そんな雰囲気は感じました。

けど、今回、さらに、感じました。

何?!

なんなんだ?!

禍々しいくらい、
なにか、ものすごい、出てくるだけで、雰囲気、いや、なにかを感じさせる役者さんだ。

女形が、むかしから、若い頃から、お得意なんですよね?

すごい、所作、綺麗。
雰囲気も、他とちゃう、持ってはる雰囲気。

あ、このひと、女形のひとやぁ…。

けど、そんなだけの話やないのです。

そんなだけでみたら失礼な気すらしたのです。

だって、出てきたときの、あの禍々しいくらいの、あの、空気!

(雰囲気ってカンタンな言葉とも、ちゃうねん)

どっか、からだ、悪いんかなぁ。

いや、でも、芝居出てきはったときは、そんな風でもなかったなぁ。

ひたひたひたひたひたひた滲み出してる、漏れている、なんか解らん、あの空気。

舞台に女形姿で出てきただけで、
ほんで、ふ〜〜〜〜わ〜ぁ〜〜〜、と、少し、笑いはったときの、あの空気。

これが、

「博多人形」

「九州の玉三郎」

って言われた、かの人ですか?

そんな話は、もう、むかし?

でも、その雰囲気。

いや、出てきたときのその空気は、

確かに、禍々しいほど、うわぁっと静かに押し寄せるものでしたよ。

元・荒城慎さん。 現在のお名前は、華月慎さん。

先日、唐人お吉をやると知り、色々確かめたくて行った長谷川劇団に、この方がおられました。

あの、なんともいえない空気、以前息子さん(華月照師)の劇団で観たときも感じたけれど、

今回、さらに感じました。

そんな慎さんがお吉やったら良かったのに、とか、無茶苦茶なこと思いました。笑

(いや、今回のお吉がダメとかではなく、今回のはすごく良かったんだけど、滲む、という意味でね。笑)

綺麗わ。

でも綺麗だけじゃないわ。

綺麗なんて一言じゃ失礼やわ。

華と咲くか、月と欠けるか。

うわぁ。

どんな生き方、どんな歩まれ方、してきはったんかなぁ。

華と咲いてきたか、月となったか、なっているか。

禍々しいってきれい、でも、それでも、綺麗。

芸人って、そうかも、そうなのかも、ね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
こういう役者さん、出てきたとき、直感的にナニカ感じてしまう(=ワシの妖怪アンテナが掴まえる)役者さん、
その佇まいから、観ているだけで、いろんな興味をかき立てられます。

が、もう、そういうの、一件(ひとり?!)、追ってるからね、もう、ワシ、手いっぱいやからね。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この方は『慎さん』と呼ぶのが一番ふさわしいような気がします

踊りの【お吉物語】はいいですね
小道具の徳利がとっても絵になります
泣いて昔がかえるならぁ〜
見たいぃ〜
へっぽこおやじ
2011/09/22 11:23
「さん」、ふさわしい、なんで?!笑

踊りでのお吉は、一度だけ、
大衆演劇を観出して何度めかの頃、女優さんで観ました。
今、関東で公演をされている人気の若い座長サンのお姉さん。
気合いが違いました。

でもやはり芝居でしょう。

泣いても昔はかえりません。
あ、でも泣いて昔がかえるハッピーエンドなオチのお吉も
よくやられてますよね。最初びっくりしたけど、あれも嫌いじゃない。
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/09/22 13:27
華月慎さんの女形観ました。
すごく優しそうな表情で本当にキレイな人だなぁと見とれてしまいました。見れば見るほど圧倒的な色気に引きこまれて、目が離せなくなってました。
私は知らない内に取り込まれてましたね
禍々しいですかぁーなるほど。もはや魔界レベルですか。上手いなぁ
はんつー
2011/09/22 23:19
えー。
ほな私の感じとり方が変なだけですかねぇ。
桃♪⇒はんつー様
2011/09/23 17:24
いや、変ではないと思いますけど。
尋常ではない、普通の人間ではない何か、つまりは化け物か神かという意味の何かを、桃さんは禍々しいと感じたんですよね?
私は知らない内に取り込まれてたから、正体がよくわからなかったです
はんつー
2011/09/24 12:48
つい先日も、
友人たちと
この方の話題をしていて
彼女いわく「優しそう〜!好き〜!」って。

で、「やっぱ、ワシが、変なんかなぁ〜」って。笑

ワシの妖怪アンテナも鈍ってきているのかもしれませんわ。笑
桃♪⇒はんつー様
2011/09/24 17:30
私も淡々と禍々しい気配を感じました。
儚げで優美なその舞姿に、なにやら異界のものの幻影をみたような気がして、背筋がぞくっとしましたよ。桃さんとは、また感じかたが違うかも知れませんが。
ひつまぶし
2011/09/26 13:57
あら、感じられましたか?!
不思議な雰囲気、
決してワルい意味ではないんですけどね。

なーんかね。

こういう人に弱いんです、私。
注意しなければ。笑
桃♪⇒ひつまぶし様
2011/09/28 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
華と咲くか月と欠けるか -例えば、華月慎- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる