桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ぐでんぐでん」に関するエトセトラ。

<<   作成日時 : 2011/10/01 03:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

あなたが ぐでんぐでん になった思い出はいつですか?
若い頃とちゃうで。若い頃は呑み方知らんからな。その微妙な境目のときな。
ワシは…せやなぁ…何年前かなぁ〜…。
覚えてるけど、言わない。でも後にも先にもあこまではもうあらへんなぁ〜…。笑

ぐでんぐでん、俺とお前はぐでんぐでん。

酔ってお前がつぶれたら俺がこの肩貸してやる or もしもこの俺つぶれたらお前が担いで帰るだろう。

この「俺」と「お前」、これはどっちも男ですよね

この「俺」と「お前」、これが男と女やったら、どやろか。

…あ、ぐでんぐでんになったら、アヤマってまうか。笑

…え?ショーケンと寂聴? 

男と女やけど、もはやそれすら超えた関係?!

…それも、ええなぁ。ある意味、それ、理想やなぁ〜…。笑

(ワシはこのエピソードを知ったとき不謹慎かもしれへんけど爆笑しました)

ワシのまわりは異常に酒呑みなおにぃさん&おねぇさまばかりです。

かつ、ワシは女のカタチしたナカミがおっさんです。

なので、残念ながら、清く正しくぐでんぐでん。笑

「人の心が川ならば俺とおまえは酒の川、夢も涙もこの酒に流し流され生きていく」

…ええねぇ。

やっと、さいきん、ちょっと、ちょっとだけ解るよーんなった気がしてきたわ。笑

先日、若ぁいイケメンがこの曲を踊ってはりました。

元曲のショーケンバージョンではなく、ほら、ほれ、怒髪天の、カバーのあれでした。

昼の部、ノリノリ。でも、夜の部は、ノリノリに加えて、缶ビール持って踊っててね。

呑みこそしてませんでしたが、呑むふりなんかもしててね。

それはもう観ていて、気持ち良かったよ。ねぇ、先月20になったばかりの君。

画像


酒が好き、いや、酒が好きということはつまりイコール人が好き。

いや、酒が好き、いやいや、酒が好きということはつまりイコール人が嫌いだけど好き。

そんなワシ、いや、そんな若い彼より9つもオバハンなワシは、観ていて、にたっと、嬉しく、楽しくなりました。

ぐでんぐでん、ワシはいつも人に酔ってぐでんぐでん。舞台に酔ってぐでんぐでん。

オバハン、いや、今、もっすご微妙な年齢のギャル、いや、オバハンギャルは、

でもそれゆえ、怒髪天より、ショーケンが好きかなぁ。

ちょっとワルくて、トホホな感じが、それゆえ、好きだなぁー。ダメだなぁー。

あんまり呑み過ぎたら体悪すんでぇ。ワシはかめへんけど血ぃ的に覚悟してるけど、皆、気ぃつけやぁ?笑

「今はなんにも出来ねぇが、いつかお返しするつもり」

ふふふ。

ワシ、やっぱり、女やけどちょっとオッサンみたいです。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
ちょいワタワタしてます。ゆっくりネタ書いてる暇がなく、ヤキモキです。ツイッターは呟いてますが。
また、ぼちぼち、じっくり、いくつか、書いてく。笑

ぐでんぐでんってか、呑む暇もありゃしませんここ数日。貧乏暇なしっす。笑

せやけど数日前、仕事仲間ってか上司のひとりに連れてっていただいたお寿司、
そこで調子乗って頼んだ冷酒は旨かった。
そういや、今年「初・鍋」ももうしちゃったんだよなぁー。あの酒もめちゃめちゃめちゃ旨かったなぁー。
(普段は死ぬほど粗食です。てか、あまり食いません。笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は余り強くないのですが、酒にまつわる歌は好きかも。大衆演劇の舞台では佐良直美の「ひとり旅」(本人のバージョンではなかったかも)が印象に残っています。
しかし、ハタチ前の若者が酔っぱらいや色恋を、実に「リアル」に演りますよねぇ。異性だって演じるのだから当たり前か。
コニタ
2011/10/01 09:03
ぐでんぐでん 俺とおまえは ぐでんぐでん
二人の関係が浮かんでくるイイ歌詞ですね
でも片方が酔っぱらうと
もう一人はしっかりするのも心配する気持ち

男と男、男と女 はどちらもいいと思います
私の友人は【女と女】のぐでんぐでんが多い(笑)

ところで、ぐでんぐでんとベロンベロンは
どちらが酔っぱらっている度合いが強いんでしょ・・?
へっぽこおやじ
2011/10/01 10:42
私もさいきんお酒にまつわる曲…を観るのが好きです。
ほんとに、ここさいきん、
その味(舞踊の!)が解るようになってきた気がします。

お酒の歌を踊る方をよく観るようになったからかなぁ…。

ひとり旅、ししゃも肴に呑む、あれかな。
原曲はひばりさんかな?
天童さんのカバーは見つけたのですが、
佐良直美さんも歌っておられたんですね!わぁ!

「リアル」、面白いです。
経験してるのか、していないのか。
しているからリアルなのか、していないけれどリアルなのか、
していってさらにリアルになっていくのか…。

そう考えると若者の踊る酒の歌も、ベテランさんが踊る酒の歌も、
観ていて、本当に面白い、飽きないものですネ。
桃♪⇒コニタ様
2011/10/02 01:03
せやねん。
片方が酔っぱらうともう一方はしっかりするねん。
せやから、
もしかしたら、
どちらも二人とも(程度は違うにしろ)ぐでんぐでん、
ってのは、もしかしたら、めちゃ、ええ関係、かも。

この曲は、やっぱ、男と男とちゃいますかね。
私のまわりにも女と女(一方はワシ。笑)が結構居ますが、
けれど、やはり、女の酔っぱらいは本当にみっともない。
自分も含めて、程度は軽くとも、本当に、みっともない。
女と女のぐでんぐでんは、みっともない、絵にはならない。笑

と、そんなここで、1曲いきましょか。
はい、「昭和流れうた」。今度は〜男にぃ〜生まれてぇきたいぃぃ。笑
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/10/02 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ぐでんぐでん」に関するエトセトラ。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる