桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「無頼に生きて」に関するエトセトラ。

<<   作成日時 : 2011/10/16 21:46   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

半田浩二の歌う『無頼に生きて』は
大衆演劇の舞踊ショーではある意味“テッパン”なのだそうです。
かかった瞬間、踊ってるのを観たら、「うきゃー!!」なのだそうです。

ワシはこの曲を実は最近まで知りませんでした。

いや、聴いていたのかもしれませんが
歌詞がそれほどアタマの中に残っていなかったのかなぁ。
たぶんアタマの中をスルーしていたんだろうなぁ。

なんでやろなぁ。

やはり女形!の「踊り」!が好きで、
「キメキメカッコつけますオレめっちゃカッコイイやろ?!
オーケーオーケー、解ってる解ってる!」的立ちの踊りにはあまり惹かれへんからやろか。

こりゃもう好み主観好き嫌いの問題で
どっちがエエとか正解とかどっち好きな人が凄いとかそんな問題ではない。

けど、この曲は、改めて聴くと、

「キメキメカッコつけますオレめっちゃカッコイイやろ?!
オーケーオーケー、解ってる解ってる!」って踊りで使うと、踊ると、

「いやぁ〜!!!」「たまらん〜!!!!」「かっこいい〜!!」「抱いて〜!!!」

に、なる曲、なれる曲、その雰囲気を劇中に充満させられる曲やと思います。

そんな曲です。

歌詞も。メロディも。

笑ってしまうくらいに、「たまらん」感じです。

特に、ワルい男を好むアナタ、ちょいワルが好きなアナタ、
ちょっと“堕ち”たいアナタ(?!)にはドンピシャ(死語)な曲やと思います。

なぁー、だって、半田浩二やもんなぁ〜。(※何が「だって」やねん)

なぁー、だって、しかも、作曲が杉本眞人やもんなぁ〜。(※せやから何が「だって」やねん)

すばらしいのです。ほんまこれ。

めっちゃ今更なんですけど。

今更過ぎて、今更この曲聴いて唸ってるって時点で、
数名、気心知れた仲良しさんにげらげらげらげら笑われそうなんですけど。笑

すばらしい。

なんてストレート。

ロイヤルストレート無頼フラッシュやでホンマ。(※意味不明)

この曲はね、「踊り!!」「舞踊!!」じゃなくて、いいよね。

キメッキメ、きれっきれのキメッキメでいい、いや、その方がいいかもしれへんね。

イケメンに、キメッキメで、こっち見つめたりとかして欲しいよね。

んで、「ぎぃやぁ〜!!!」って言いたいよね、嬉し恥ずかし喜びながらね。笑

で、そんなワシら客席の反応を楽しんで(笑)、

「あ、オレ、かっこいい?オーケーオーケー、解ってる解ってる!」みたいな

“どや顔”してくれたりしたら、もう、最高気持ちええよね。

…なんだよ、“無頼”って。

ぶ‐らい 【無頼】
[名・形動]
1 正業に就かず、無法な行いをすること。また、そのさまや、そのような人。
「―な(の)輩(やから)」

…笑

この曲を実は最近まで知らなかったワシがこの曲を知ったのは、

この曲、で踊るのを観るのが好きだと、最近になって2〜3人の友人から聞いたことがきっかけでした。

世の中に曲は数多いのに、でも、この曲、2〜3人が、同時期に、(ちゃう踊り手やろうけど)この曲。

なんでやねん。

聴いたら、「ああ〜(なるほど)」…うきゃー。

なぁーんて言うてたら、

先日、

呑み屋のオヤジが…

絶対昔ちょっとワルかったやろ、というところがとても魅力につながっている、
と、ワシは勝手に思っているオヤジが、カラオケで歌ってました。
いや、チョケてワシに歌ってくれはりました。非常に似合っておられました。

せやなぁ、ワルそうな、ちょい年齢がいった人が歌ったり踊ったりすると、「うきゃー」なるわなぁ、これは。

…ねー、皆、好きだねぇ、バカだねぇ、楽しいね。笑


http://youtu.be/FqM34FFn088

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
いや、でも、ワシほんまこの曲観たことないと思うねんけどなぁー。
似合いそうやなぁと思う座長さんや役者さんの顔は、2〜3人浮かんでくるんやけどなぁー。

…でもワシそれらの踊り、嫌いやと思うわぁ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「無頼に生きて」に関するエトセトラ。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる