桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 『暁月夜〜あかつきづくよ〜』に関する歌の力(&踊りの力も)のエトセトラ。

<<   作成日時 : 2011/10/17 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像さいきん、「面白いなぁ」としみじみ思う曲のひとつ。
それが『暁月夜〜あかつきづくよ〜』です。
好きな人、多いですよねぇ〜。
ええ曲やええ曲やと、ワシの周りの皆、口々に言います。
踊りでもよぉ使われます。
映画の主題歌だったそうですが、
踊りで、よぉ使われています、いるようです。
ちょっと流行ってんねやろか。ネ。

一般的に好まれるようなストレート系の歌詞ではなく、
どちらかと言ったらフワッとした感じの歌詞です。

季節や自然を描いて、そこに恋情を乗っけて…
って考えると、なんや、「和歌」っぽいですね。

そんなイマドキ風今風和歌に、民謡チックなメロディ。

民謡というと語弊を招きそうだけれど、
音階、メロディ、むかーしからワシらの血の中に根付いているような、
日本人の(アジア人)の土着的なリズム。

せやからきっと、「血」、に訴えかけてくるのだろうと思います。

もう、メロディがもう、訴えかけてくるだろう…「血」に。

そして、歌詞もね。

アタマではなくカラダに訴えかけてくるから、カラダが、血が勝手にノルのだろう。
(って意味で“民謡”)

ってな曲を作ったのは、だぁれ?

宮沢和史。

…「ああ〜!」

THE BOOM の宮沢和史、『島唄』の宮沢和史。

…「ああ〜!」

まだいまだに島唄というのもアレだけど、
でもやっぱ、さすが“島唄の宮沢和史”やなぁ、と思いました。

音階、メロディ、むかーしからワシらの血の中に根付いているような、
日本人の(アジア人)の土着的なリズム。

に、季節や自然を描いて、そこに恋情を乗っけた和歌っぽい、詞。

…「ああ〜!」。

リズムとメロディの力と言葉の力。

そして、それを表現する人(=歌う人)の力。

これを表現する人は、だぁれ?

宮沢和史。

…うん、うん。

と、

石川さゆり。

…「うぉ〜!」。

はい、オッケイ、カンペキ、すべてがカンペキ 

…「巧い」なぁ、宮沢和史!

歌って、リズムって、血を呼び起こすのかもね 血に訴えかけるのかもね。

歌って、ことばだけど、ことばでもあるけれど、ことばだけじゃなくて、
ことばにのっけたそのリズムは、ことばというアタマで考えること以上に、
カラダに訴えかけてくる、血を騒がせ、血を呼び起こし、聴く者の気を上げるのかもね。

って思うと、歌って面白いね。

それを使った舞踊って、こりゃまた面白いね

聴いてる方は、せやから、感覚的に、「気持ちいい」…から「この曲、好き」に繋がる。

んでもって演ってる方…これを踊りで使う方もきっと、
踊っていて、出来がうまくいくいかんはさておき、「気持ちいい」んと、ちゃう?

そう思わされる曲です。

ちくしょう、石川さゆり。

ちくしょう、宮沢和史。

(何がちくしょうだよ。笑)

で、だから…
つい曲の本来持ってる「気持ちよさ」で、
つい「曲」で「曲の力」で「うわ、ええなぁ」って思っちゃうんだけどさ、

せやからこそ、これで「踊り」で、「踊りの力」で、

ばしっ!と、観せられる舞踊に出会えたらなぁ…。

それを観られる力、観極められる力を、持てる客でありたいですよね。

…精進精進!

観る方も、演る方も、精進精進!

越そうぜ、宮沢和史。

…うぉ〜。

(きついなぁ!笑)


http://youtu.be/UGlrutr_Bq0


暁月夜 ‐あかつきづくよ‐ feat.石川さゆり

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
写真は先日のゲスト出演時に観た、紅大介座長の『暁月夜』。はじめて観た。血が騒ぎましたよ。うわ、となりましたよ。

これまで他何人か、この曲を使って踊るの、観たことある。
けど、こんな、鬘も、衣裳も「和!!」ってのは、ワシは初めてでした。
なんていうの、沖縄っぽい衣裳&鬘とか(音階に合わせてかな?笑)、和やけど洋っぽい衣裳&鬘とか、そんなのでしか観たことがなくて。

演歌でなく、こういうコラボ曲というか企画曲で、シンプルにも派手に「和!!」ってのが、
その組み合わせが「うわ」「おおぅ!」で。すごく、格好いいと思った次第。
こういう、1曲に対する「演出」っていうの? そういうのが観られるから、センスや曲の解釈が観られるから、個人舞踊って、ほんま、楽しいですよね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
父と息子-似てるけど似てない、似てないけど似てる、その「これから」-
父と息子。 父と息子って、やっぱ、やっぱ「父と息子」なんだなぁ。 体型も、芸風も、雰囲気も、選曲も、 そして勿論、年齢もちゃうけど、 けど、やっぱ、やっぱ、父と息子って、うん、「父と息子」なんだなぁ。 なんのこっちゃという感じですが、 そんなことが、目に見える「舞台」というカタチで感じられるのって、 大衆演劇の魅力(のひとつ)だと思うのです。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/11/14 02:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわーーーめっちゃ見たかった・・・!

お昼なんで行かんかったんやろー。゚(゚´Д`゚)゚。

めっちゃ後悔!

2011/10/17 20:45
確かに・・・大衆演劇会では流行ってるかも〜

よー使われてますよねぇ。

美佳も好きですよ^^

なんたって・・・

未練たっぷりの歌詞ですからねぇ〜

(笑)
美佳
2011/10/18 02:14
わはは。
そういうとき、あります、あります。

私は夜の話を聞いて夜観たかったと思ったり。

…お互い無いものねだり&他人(ひと)が羨ましく見えるもんですね。笑
桃♪⇒夏さま
2011/10/18 17:06
なにー?最後の2行〜。
意味深メッセージですか?!
(ん?!私、深読みしすぎですか?!笑)

いかにも流行りそうな曲で、かつ、流行っているようですね。
私も好きです。
いろんな方の、観てみたいですねぇ。
桃♪⇒美佳さま
2011/10/18 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『暁月夜〜あかつきづくよ〜』に関する歌の力(&踊りの力も)のエトセトラ。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる