桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS まっすぐ、まっすぐ、『田原坂』

<<   作成日時 : 2011/10/04 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

画像『田原坂』は西南戦争を歌った熊本民謡。
明治時代、西郷さんを筆頭に、
若い士たちが若い命を散らしたあの内戦をうたった歌。
大衆演劇では若い役者さんが袴姿で踊るのをよく観ます。
これがなかなか悪くない。
清々しく、誇らしく、
思わず、ただ観ているだけのこちらの背筋まで伸びるようなんだ。

先月、若い役者さんが
初めて出た「大会」で『田原坂』を踊ったそうです。

「そうです」と言うのは、
残念ながら、ワシはこの目で観ることが出来なかったからだ。

でも、ワシはそれを先々月稽古してたのを知っていたのだ。

だって、先々月、狭い健康センターで
昼の部と夜の部の間にばったり会ったとき話してくれはったから。

いや、話は、もっと前、その前。

いつだったかな、この曲ではない袴踊りを観たときだ。

「さいきん若い曲やなくて演歌とかも多いね」って、何の気なしに言うたら、

彼、「若い曲もいいけどこういうのを練習していきたくて」って。

あ、なんかそんな気がした。やりたいんかな〜、挑んでるんかな〜、って、なんとなく。

ほな、若い彼は自分から握手を求めてきてくれて。

あれ、ワシに言うてくれたというより、きっと、自分に、「ちゃんとした踊り、うまくなりたい」って。

そして、「オレ、座長の袴踊りに憧れて役者になったんです」って。

ゾクゾクしました。

『田原坂』が観られなかったその日、ワシは悔しさと申し訳なさとで一日中ヤキモキしました。

(現場仕事。収録中。懐メロ流しながらもずっとアタマは田原坂。笑)

いや、別にワシなんぞが観ようと観なかろうとどうでもええ話なんですよ。

だって、ワシは彼の「お客さん」でもなんでもないし、とても好きだけれど、「ファン」というヤツでもないのだもの。

なのでこりゃ勝手に、ただ勝手すぎる、どーでもええ主観なんです。

けど、観たかったな…その、“初演”。

『田原坂』には替え唄があるって、知ってましたか?

「急くな騒ぐな世間の大事、暫し美人の膝枕」

もひとつ、

「行こか戻ろうか思案の坂を、ままよ進まにゃ夜が明けぬ」。

雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ田原坂。

「志を持ち、まっすぐに進んでいった若い士」と「芸の道を一心に歩む若き役者」。

「歌」と「彼」がオーバーラップ、「物語世界」と「現実世界」が二重に浮かび上がる、『田原坂』。

別の日、行った際、帰り、観られなかったこと悔しかったことをちょろり伝えると、

「明日また踊るんすよ〜! ほんまは今日踊る予定やったんすけどね〜(笑)」。

…ええい、次こそは。

そしてワシもまた、1芸人として、たゆまぬ精進をしていかねば、ですわね。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
せやで、日頃の行いが悪いというか足りないから、
観たいときに観たいものを観られへんねんでぇ〜。(例えば観たい某オッチャンの女形とか?!わはは。笑)
そ、まだまだ頑張りが修行が愛が足りんのですよね、ワシは、きっと。笑

紅劇団の若手人気者、紅和弥くん。
この若手さんの袴での踊りは結構あちこちでよく当たるんですけど、なのにコレに限って…ちぇー、ねぇ〜。笑。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まっすぐ、まっすぐな『田原坂』に。
まっすぐまっすぐ、まっすぐな『田原坂』。 健康センターの宴会場、大広間の舞台で 団体さんやら おじいちゃんやおばあちゃんやら 地元のお客さんやら 純粋に芝居観に来てる人やら そうじゃなくて寛ぎメインで、 まぁ芝居もついでに観ていこっかなって人やら そんな人らの前で、 まっすぐまっすぐに、まっすぐな『田原坂』。 役者になってまだそう経っていない、 20歳の、オットコマエが、 袴着て、袴踊りで、健康センターで『田原坂』。 それは、後から反芻して、 ワシ自身、我が身を... ...続きを見る
桃花舞台
2011/10/30 15:09
ぎりぎり、ぎりり…舞台上ゆたかな美少年 -「田原坂」-
弓を引く。 ぎりぎり、力をこめて弓を引く。 その仕草、のときの、その表情。 彼が居るのは「舞台」という田原坂。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/12/05 14:55
『今宵の月のように』
くだらねぇと呟いて冷めた面して歩く…と云うその曲 『今宵の月のように』を彼はちょっとスカしながらどや顔で踊っていました。 青臭いなぁ。若いなぁ。どうしようもねぇなぁ。だから、グッと来るなぁ。 彼は今、舞台には居ません。 今は何処で何をしているか解りません。 けれど若い彼は今宵もどこかで同じ月を見ているのだろうな。 青臭いあの曲を聴く度に青臭いワシは青臭い彼の事を思い出し、 そして、これからも思い出すと思います。 ...続きを見る
桃花舞台
2013/11/01 07:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
☆ちょっと、いい若い役者の彼の話☆舞踊曲の幅をひろげ様と日々精進し、新たな物に挑戦する、その気持ち、なんか見守りたくなりますね。(お客さん)でも(ファン)でもないけど、一人の人が自分の踊りを気に留めて観てくれてたという事が嬉しかったんじゃないのかな彼、その気持ちを忘れずいったら良い役者になる予感。田原坂の替え歌、初めて知りました又一つ知識がアリガト(笑)
柏もち
2011/10/05 17:50
田原坂の替え唄、
この日、行けずに申し訳なく悔しがって
ツイッターに愚痴っていたら、
歌ごころのある方が教えて下さったのですよ。

もう少し私に力があれば、
時間とお金とという余裕があり、
もっと融通の利くくらい著名で余裕のある仕事&モノカキなら
観に行けたのに、約束、果たせたのに…と、愚痴り、
己を恥じ、己のちっささに悔しがっていたら、

ら、この替え唄の歌詞、ふたつを、教えて下さった、と…。笑

いい歳して、こんなわたし。

と、若いのに、こんな、プロ意識高く、これから登っていく彼。

そんなこんなで田原坂と、替え唄田原坂と、田原坂な舞踊は、
私にとって、より、印象深い1曲となった訳ですワ。わはは。

若い人でも、歳くってる人でも、
そんな「気持ち」が滲むような方をいっぱい観てゆきたいものですね。
自分自身を成長させながら、負けないよう、ちゃんと「観る目」を持ちながら、ね。

よろしければ、今後とも、こんなんですが、よろしく付き合ってやって下さい。
(あ、私に、ね。笑)
桃♪⇒柏もち様
2011/10/06 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
まっすぐ、まっすぐ、『田原坂』 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる