桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS まっすぐ、まっすぐな『田原坂』に。

<<   作成日時 : 2011/10/30 15:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像まっすぐまっすぐ、まっすぐな『田原坂』。
健康センターの宴会場、大広間の舞台で
団体さんやら
おじいちゃんやおばあちゃんやら
地元のお客さんやら
純粋に芝居観に来てる人やら
そうじゃなくて寛ぎメインで、
まぁ芝居もついでに観ていこっかなって人やら
そんな人らの前で、
まっすぐまっすぐに、まっすぐな『田原坂』。
役者になってまだそう経っていない、
20歳の、オットコマエが、
袴着て、袴踊りで、健康センターで『田原坂』。
それは、後から反芻して、
ワシ自身、我が身を振り返らされた、『田原坂』。

劇場の客席って、
「わざわざ」、自ら、「観たい!」って足運ぶ人がほとんどやん?

でも、健康センターは舞台だけじゃない、お風呂もあるし、
保養や宴会がメイン目的で来てる人もいるだろう。
ほな、健康センターの客席って、オール「大衆演劇観に来ました!!!!」な客ばかりじゃ、ないやん?
(いや、これは悪い意味じゃないねんで? ダメって意味じゃないねんで?)

そんな、舞台で、そんな、いろぉーんなお客さんと一緒に観た、『田原坂』。

それは、まっすぐまっすぐ、まっすぐな『田原坂』でした。

そんな『田原坂』に、ワシには見えました。

巧い、とか、下手、とか、もひとつ、とか、そんな問題ではない。

てか、ワシ、正直そんなん解らない。

(いつも解ったようなフリしてるナマイキですが。笑。苦笑)

「雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ田原坂」。

袴踊りだからカッコイイとか、六三四の田原坂だからイイとか、
そんな固定観念はくだらない。そんな固定観念は抜きに「ちゃんと」観たい。
ワシは、ただ舞台を観るのが好きなだけやけど、そんな阿呆やけれど、
でも、好きやから、「ちゃんと」観る力を持ち、「ちゃんと」向き合いたい。

それが、毎日毎日舞台して生きている彼ら彼女らへの、ワシなりの、姿勢やと思う。

(ま、そんなのそんな気持ちもただのジコマンでしかありませんが。笑)

まだまだ、ワシ、要らん雑念が入ります。
無駄に情が濃く、情に流されやすく、エゴイズムいっぱいの生意気なワシは、
あれは嫌いあれは好き、それはダメ、それはありえんとか要らんこといっぱい思ったりします。

てか、感覚です。ワシは何でも感覚でモノを感じてモノを発するので、むちゃくちゃです。笑

けど、この感覚、感性ってヤツ?!、磨きたい、磨きをかけねば、かけよう、と日々努力…
これでもしてるつもり。(これでもネ。笑)

「行こか戻ろうか思案の坂を、ままよ進まにゃ夜が明けぬ」。

それでも、そんなこんなワシが言うても何の説得力もないかもしれへんけど、

健康センターで、20歳の、オットコマエが踊った、『田原坂』は、良かった。

「今」しか出来ない舞台がある。「今」「ここで」「自分に」しか出来ない舞台って、ある。

そしてそれはきっと、「次」「これから」へと、繋がる。

急いだらあかんで、焦ったらあかんで。チョケすぎたらあかんで、転んだらあかんで、惑ったらあかんで。

…でも、惑ったり、転んだりしちゃうのも、それもきっと人間なんだろうねぇ。笑

だから、「急くな騒ぐな世間の大事、暫し美人の膝枕」。

若く、まっすぐまっすぐ(に見えた)オトコマエの彼の舞台、
茶髪の、ちょっと香水が香る(ん?ワシの錯覚かなぁ。ワシ、別の人のと勘違いしたかも)『田原坂』は、
ワシに、改めて、振り返らせてくれました、教えてくれました。

…んー、前の晩の舞台で観た“アンティウス”な女形(今回観ること叶ったのは“アンティウス”な『おんな道』!)、
に、めちゃ、これ以上(言い過ぎ?)に学ばせてもろたからかなぁ。

その余韻さめやらぬうちの、昼の、『田原坂』だったからかなぁー…。笑

「どうせ死ぬなら桜の下よ、死なば屍(かばね)に花が散る」

まだまだ、なワシも、まだまだ、もっと、もっともっと、まっすぐ、精進せねばです。

…なぁーんて、そんなワシのゴチャゴチャ戯言はともかく、
そんなん置いといても、袴踊りって、びしっと空気が変わって、カッコイイよね!気持ちいいよね!

ね!観たいよね!他の、いろんな人や、いろんな袴踊り、ネ!

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
先日書いたこの『田原坂』ネタの続編です。こんな早くに観られるなんて思わなかった。嬉しかったな。ってか、勿体ないほどでした。

“アンティウス”な『おんな道』については、また、いずれ、じっくり。笑

で、袴踊りってのの話から、某人の、あんな曲、こんな曲に、思いを馳せ、妄想中です。ああ、いつか観られたらいいなぁ…うん、いつか。笑。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぎりぎり、ぎりり…舞台上ゆたかな美少年 -「田原坂」-
弓を引く。 ぎりぎり、力をこめて弓を引く。 その仕草、のときの、その表情。 彼が居るのは「舞台」という田原坂。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/12/05 14:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まっすぐ、まっすぐな『田原坂』に。 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる