桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おはなし」のびっくり箱、おもちゃ箱、「作品」の宝石箱-舞踊ショーの魅力-

<<   作成日時 : 2011/11/12 03:18   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像大衆演劇の踊りって、ひとつひとつが「作品」。
その日その瞬間の舞台にあらわれ、消えていく「作品」(踊り)たち。
毎日毎日あらわれ、消えてゆく。
ひとつとして同じ踊り、同じ芝居、同じ「作品」は、無い。
でも、だからこそ、目に焼き付けておきたいね。忘れたくないね。

ワシは、たいそうな言い方をすると、
踊りって、ひとつひとつが作品やと思います。

踊りって、ひとつひとつが、
大袈裟な言い方をすると、「おはなし」やと思うのです。

踊るその人 + 曲 + 衣裳 + 鬘 +たまに小道具=作品。

(せやから、この「セット(曲・鬘・衣裳)」に妙にコダワル。
  合うセットだと、めちゃ嬉しくなる。笑)

してみると、

毎日毎日、舞台上には、なんてたくさんの「作品」があらわれ、瞬間瞬間で、消えていくのでしょう。

してみると、

ワシらは1時間ちょいの舞踊ショーで、なんぼほどたくさんの「おはなし(作品)」を見せてもろてるのでしょう。

…うわぁ。

って思うと、ああ、舞踊ショーも、1分1秒たりとも、観ていて、気が抜けませんね。

で、ワシは舞踊ショーが好きです。

芝居が好きやねんけど、芝居が好きやから、
それゆえに「おはなし」がいっぱい見られる…曲によって表現される、舞踊ショーが好きです。

下手クソなん(失礼)も、

決して美的に綺麗ではないかもしれんものも、

イケメンのも、オッサンオバハンのも、

華やかなんも、

テクニシャンのんも、

かわゆいのも、

オーラむんむんなんも、

超自己陶酔だけみたいなんも、

サービス精神だけで作ったもんも、

イマドキのPOPSのんも、

昔ながらの懐メロ演歌のんも、

あんなんも、こんなんも、そんな、どんな「作品」も面白く、好きです。

そんな「作品」がいっぱいの舞踊ショーって、

曲の「おはなし」と「人間的魅力(踊るその人の魅力)」が、
踊るその人 + 曲 + 衣裳 + 鬘 +たまに小道具(扇子とか刀とか)=「作品」になってあらわれる、
びっくり箱、おもちゃ箱、宝石箱みたいね!

毎日毎日あらわれ、消えてゆく、その魔法みたいな箱の中には、
せやからこそ、ひとつとして同じ踊り、同じ芝居、同じ「作品」は、無いんだ。

でも、だからこそ、目に焼き付けておきたい、忘れたくない。

キモいけど、オタクみたいかもしれへんけど、ワシ、そんなことを思います。

ああ、見惚れてちゃダメだわ!失礼だわ!もうちょっとアタマ冷やしながら、観なきゃね!

そう、ホレテる暇なんて、ないんだから!笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
写真の作品は「虎」。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おはなし」のびっくり箱、おもちゃ箱、「作品」の宝石箱-舞踊ショーの魅力- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる