桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS その「男」、その「おんな道」

<<   作成日時 : 2011/11/30 02:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「男」の人生 は理窟ではないそうです。
愛を信じて生きていくのが「おんな」道 なのだそうです。
では、そんな曲を若い頃から踊り続けてきた
その「役者」の人生、その「役者」の道って、一体、どんなのなのでしょう。

解りません。

それはきっと本人にしか解らないことだろうと思います。

同業者(役者同士)も、もしかしたら、身内(家族)も、解らないんじゃないか。

いや、もっと言うたら、本人にも、解らないかもね。

だって、そんなこと考える暇もないくらいに舞台=生活という毎日は忙しい。

舞台の上で、演じて、踊って。

いや、舞台を降りても、人間って、人前で、人付き合いで、演じて、踊っている毎日。

ほな、「人生って?」とか「俺の道って?」なんて、そんな、しょーもないこと、考える暇あれへんで、たぶん。

生きてかなあかんねんからね。食うて、食わせて、生きて、生きてかなあかんねんからね。

切り替えて、酒でも呑んで、ぱぁっといろいろ遊んで。仕事して、食うて、寝て…。

でもね。

でも、ぺーぺーモノカキのワシは、
ぺーぺーだからこそ暇なんて全然あれへん、生きてゆくんに必死のパッチやねんけど、
でも、ナマイキにも「人」をみて「人」を感じて「人」について考えてしまう、思い馳せてしまう。

そんなワシの目の前にいる人、舞台の上にいるその人はね。

「男」、そして「おんな道」、

どちらも、美空ひばりの曲、
でもはっきり言ってメジャーではない曲、しかし隠れた2つの名曲を、
若い頃…もう10何年も前に踊っていて、そして、今、50と少し過ぎた今も、踊った。

その「役者」の人生、その「役者」の道って、一体…どんなのなのでしょう。

それを、それをワシは不躾にも生意気にも見たい追いたい書きたいと欲してしまうのです。

それが苦しくも楽しくもワシの「おんな」道、モノカキ道。

…なぁーんて気付いちゃったワシの、この先の道は、たぶん、めっちゃ、厳しい!

けど、もっかい言う、それが苦しくも楽しくもワシの「おんな」道、モノカキ道。

…怖い。しんどい。さきみえない。どないしていいかまだわからへん!

けど、ワシには

その「男」も、

画像


その「おんな道」も、

画像


とても綺麗なように、見えるの。

汚いような、綺麗なような。綺麗なような、汚いような。正直、解らへん。

解らへんけれども、綺麗にも汚く、でも汚くも綺麗に、それは、めっちゃ綺麗なように見えるの。

それが、もう、ぎりぎり、もう、ぼろぼろ…でも、ぎりぎり、まだ、楽しかったりも、するのね。…参ったねぇ(笑)

だから、これ、苦しくも楽しくも、今んとこ、たぶん、「ワシの道」なのだと思います。

よければ、付き合ってね。

ぼちぼち、うん、ぼちぼち、行くからね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
美空ひばりってな、正直、正直、ワシ、あまり好きやないねん。ってか、たぶん、まだその魅力が解らへんねん。(お子様すぎて)

でも、この曲、この2曲は、なんやろな、「うわぁ」っと、感覚的に、「キ」ます。そんな曲です。
そんな曲を「踊り」というカタチで観ることが出来て、嬉しかった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
その「男」、その「おんな道」 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる