桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 芝居の面白さ、大衆演劇の面白さ -その日の「変えてみた」『川北長治』-

<<   作成日時 : 2011/11/04 15:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「いつも津軽弁でやっているこの役、その津軽弁をやめてみました」
それだけで、その1つの趣向(試み)だけで、芝居が変わる。
同じストーリーの芝居でも、その芝居、全部、全然、変わる!
大衆演劇の芝居ならではの、面白さ、観ごたえというものを教えてもらいました。
また、芝居の面白さ、大衆演劇の芝居の面白さを、教えてもらいました。

深い理由か、それとも楽しい思いつきか、どちらかは解りません。

でもその日その役者さんは、
いわゆる『遊侠三代』、この劇団で言うところの『川北長治』の重要人物、
お話を転がす登場人物である「人斬り」、その出身地を、変えちゃった! 笑

その芝居がすごく好きで、あちこちのその芝居を観てみたいとすら思っているワシは、
出てきはって、台詞喋った瞬間、
「うわ!今日はこんな風にやらはるんか?!やらはるんや!」とゾクゾク!

そして、その役が喋り方ひとつ変えただけで、共演する…っていうか、
一緒の舞台の上にいる役者さんたちの演技・演じ方は、
例えいっつも演ってる同じストーリーだとしても、変わる、変わってた。

それが、ワシは、すごく、面白くて、ワクワク!

で、また【芝居のおもしろさ】を学ばせてもろた次第です。

口上や歌のあとの、お喋りの際、座長やご自分(会長)、「10分前に変えることになった(変えることにした)」って。

…うわぁ。

画像


芝居って、ほんま、こんなに「生き物」なんだなぁ。

そして、その芝居を、そんな急に変えて(変えられて)、
でも、(ちょっとピリピリ緊張感ありながら、手探りながらも)「カタチ」にする
彼ら彼女らの芝居力って、いやはや、やっぱ、ほんま、凄いなぁ。

アホみたいな感想ですが、そんなことを思いました。

芝居って、生き物。そして、そんな生き物な芝居をもっと生き生き生かすんは、役者、「その日の」、役者。

これは、大衆演劇の芝居ならではの、面白さ、観ごたえ(演りごたえ)なんだろうなぁ。

と、ひとり、静かにもぎゃあぎゃあ(※心の中でやで?笑)!

10分前の「変えてみよう!」企画(ワガママ?!)は、
同じ舞台に立つ人たちにとったら「うえぇ?!ちょっと待って!」かもしんない。

でも、それもきっと、楽しいんちゃうやろか。

ピリピリ、ちょっと緊張感と、マンネリではない、面白さ?

そして、「変えてみよう!」「変えてみた!」ことで、

ワシら客席は、

・ひとつ変えたことでストーリーは同じでもこんなに変わった芝居を観られること
・ちょっと緊張感とかいつもとちょっと違った新しい気持ち(みたいの)で演じる役者さんたちを観られること

そんな楽しみを得られる。

ああ、なんて贅沢で、楽しい。笑

個人的には、正直、『川北長治』(『遊侠三代』)の「津軽」は、
ワシ的には、なんか、勝手に、ポイントだと思っているところ、だったりもします。

だから、「変えてみた!」初演、
その「訛っていない」人斬りは、ワシ、好き嫌いで言うたら、「カッコイイけど好きではない」かも。
(訛ってて欲しいねんな、個人的にな。理由話しだしたらキモいくらい長いから、また、いずれ。笑)

けど、いやぁ、
「芝居って、大衆演劇の芝居って、こんなに、ほんま面白いんだなぁ」と
思わされたこの日の『川北長治』は、大袈裟かもしれませんが、私的に、忘れられない『川北長治』になりました。

でも…

この日はさらに、“趣向”がこらされたのだ…。

「夜は、おこも役を父にしない、そんな設定でやってみます」

うわぁ!さらに!!!

でも、ワシ、観られなかったのです。

観たかった〜!!!泣

…そういう意味でも、この日の『川北長治』は、私的に、忘れられない『川北長治』。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
ひとつの芝居観て、ごちゃごちゃごちゃごちゃ…あ、いや、あの「噛みしめる」「反芻する」のが好きなんです。
そんなん考えながら、歩くんが、帰るんが、好きなんです。(気持ち悪いなぁー、桃。笑)

前にも書いたけど、この「人斬り」という役にはなんだか妙に思い入れがあるのよね。
またいろんなバージョン、いろんなこの芝居を観てみたいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねぇ〜そういった企画
歳のころなら五十と二、三
津軽訛りで通称人斬りとよばれる男

でも名古屋弁じゃ合わないだろうなぁ・・
へっぽこおやじ
2011/11/04 18:30
さすが「芝居の鬼」、
同魂会の会長だなぁ、と思いました。

ああ、夜も観たかった。泣。

以前も書きましたが、
私はこの芝居の人斬りという役にとても興味があります。
すごく難しい役やないかと思うのです。

名古屋弁やと、ちょっとシマリがないかなぁ。
大阪弁やと、もっとおかしいやろうけど。笑
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2011/11/05 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
芝居の面白さ、大衆演劇の面白さ -その日の「変えてみた」『川北長治』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる