桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸<人の魅力の境地-組長の『身も心も』@座長大会-

<<   作成日時 : 2011/12/29 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 4

画像前の座長はまだお花を貰い終えていない。
でも次の曲のイントロがもう流れてくる。
キザっぽくカッコよろしすぎるイントロが流れてくる。
わわ、次、
今日の座長大会に出演してる
どのイケメン座長がキメてくれるのだろう。
そう思ったらば、
まだ舞台手前の方でお花貰ってる若い座長を見もせず、
舞台後ろから、のっそり、悠然と、歩いてきた。
踊る?いや踊るとか通り越して、歩く。
歩くを通り越してもはや…「そこにおる」!
その人は「関西大衆演劇親交会 相談役」で「組長」。たぶん、妖怪。

「花組むらさき」(元 「劇団むらさき」)組長、
「南條すゝむ」さんのあの空気!

得体が知れない、この存在のでかさ、空気のでかさ。

ゆらぁ〜り、にかぁっ。悠然と歩き、にかぁっ。

余裕とか安定感とかベテランの力とかそんな陳腐なものではない。

「人間を越している」、これ、これしかない。

なんやあれ。なんやねんあれ。観てるだけで、観てるだけやのに、怖ぁなるねん。

70前?ん?過ぎてはる?年齢不詳過去不詳。

このひとには、人間だった頃があるねやろか。

このひとの最も凄いとこ怖いところは、
あまりに得体が知れな過ぎて読めなさ過ぎて、

もしかしたらこの人は若いころからこの空気をまとっていたのではないか、
若い頃から仙人だったのではないか、いや、たぶんせや…とすら思わされるところ。

どーーーん!!!!

喪黒福造(笑ゥせぇるすまん)?!

宇崎竜童の『身も心も』。こんなキザな曲でもキメキメやない。

てゆーか、ほとんど動かない。
踊りっても、もうほとんど動いてない。
なのに、ちょっと手を上げたり、ちょっと動く、そこから目が離せんようになる。
舞台に出てきたとき、出てくると成るあの空気。

いくら昔は踊りの名手だったとしても、歳的、体的に、しんどいんかな。
いや、でもその動か(け)ないことすら魅力んなってる、空気になってる。もはやその境地。

でも、この日、こんとき持ってきはった曲は、『身も心も』。

枯れっ枯れの、おじいちゃんおじちゃんっぽいド演歌じゃない。

竜童、『身も心も』で、ゆ〜らり、に〜ったり、にかぁ!

そんなもはや「そこにおる」凄いもんであるすゝむさん、
にかぁっと笑いながら、ゆらぁっと、踊りではなく「自分」を見せてくれたすゝむさんは、
歌詞のキメどころ、しかも2番のここ、「1ツの命」で、そこだけ、バシッ!と、人差し指を立て、
やはり、にかぁっと微笑みました。

そんなすゝむさんは、
お花を付けにきはったお客さん…
帽子を被っておられた彼女と、
貰ったあと握手をするんやなく、彼女の帽子のつばをキュッ!って直し、また、にかぁっと微笑みました。

「このひと、昔凄かったってよく耳にするけどほんまに凄かったんやろな」と思いました。

大衆演劇の魅力は芸を越えて、人。

もはや素とか全く見えすらしない得体の知れなさやけど、格好いいってきっとこういうことやないやろか。

やっぱ、「関西大衆演劇親交会 相談役」、「組長」は、
酸いも甘いも役者も客も全てを吸いとってきた大衆演劇界の喪黒福造なのかもしれません。

どーーーん!!!!

こういう役者さんがいるから、大衆演劇って怖い!深い!面白い!!って思ってしまうのですワシは。

こういう役者さんがいるから、大衆演劇の芸って、人って、と、途方に暮れくれながら面白く思うのですワシは。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
親交会の年忘れ顔見世座長大会@メルパルクホール(※なんでメルパルクなん?!)にて。

カラスの着物に、高い下駄履いて悠然と歩く組長はやはり何か超越していました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真似る 学ぶ 観守られる -例えば、三代目南條のぼる-
三代目・南條のぼる座長(花組むらさき)の顔が、舞台が、 ワシには“ショーエン”に見えました。 せやからワシ、相反する2つの顔になって観ました。 「うーん、どうなの?!」&「わ、これから面白ぉ〜!ふふふ」 “プチ○○”から“ミニ■■”、そしてそこからホンマの「私」に… これ、もしかして、若い役者さんをみる一番の楽しみかもしれへんね。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/01/07 04:48
カラフルからの「むらさき」 -三代目南條のぼる-
ワクワク!そわそわ…。ドキドキ…。なんしかワクワク! 「花組むらさき」三代目南條のぼる座長の 「これから」が楽しみなのには訳がある。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/03/13 01:16
フルコースは最後まで -舞台=人生を味わうために-
大衆演劇の舞踊ショーで、 客席の空気があきらかに盛り下がるときがあります。 それは、ちょっと歳をとった人の出番だったり、 「誰?あの人?!」的な役者さんの出番だったりします。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/03/19 20:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわーニアミス‼ 私も観に行きましたよ。お客さんの熱気にのぼせながらも楽しんで大満足でお腹いっぱいで帰りました(^-^)
組長って昔凄かったんですか?観てみたいなぁ…
なんか颯爽としてて素直にかっこいいなと思える人でした。たたずまいが完成されてますね。肩の力の抜け具合が絶妙。選曲もGOODだったと思います。
はんつー
2011/12/30 15:56
わ!ニアミスしていたのですね!(笑)

組長、絶対、昔最強やったと思いませんか?
何度観ても、この方のあの空気にはびびり、惚れます。

来年もいろんな役者さんに魅了されたいですね!
桃♪⇒はんつー様
2011/12/31 09:25
ご無沙汰しています。
久し振りにすゝむちゃん記事にとても懐かしく昔の事を思いだしました。
とてもスマートでカッコ良かったですよ。
ロカビリの流行っていた時代でした。
舞踊は長唄(名取でした)15歳の時です。
ちなみに私と同じ歳です。♪(゚▽^*)ノ⌒☆
むらさき
2012/01/02 20:54
そう、むらさきさんに教えていただいてから、
すゝむさんへの興味が更に増したのですよ。

ロカビリー…『ダイアナ』、また歌ってくれないかなぁ。
私はもう昔のお姿を観ることが出来ませんが、
今も、とっても格好いいと思います。
長いこと舞台に立ち続け、いろんな役者さんに影響を与え続けて欲しいですね。
桃♪⇒むらさき様
2012/01/03 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸<人の魅力の境地-組長の『身も心も』@座長大会- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる