桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS なのに… -沢村千代音-

<<   作成日時 : 2012/02/19 22:43   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

「“座長の娘さん”なのに…」
それが、沢村千代丸座長の娘さん、沢村千代音ちゃんの舞台を観たとき思ったこと。
「なのに」ってのは色々語弊がありそうだけれど、
でも、「座長の娘さんなのに…」なのに、なのに…。
そして、さらに、「ものっすご今風のお化粧した今風な匂い漂う女優さんなのに」
「なのに」、なのに、なのに、めっちゃ、まっすぐ、素敵!なんです。

“座長の娘さん”ってのは、いわば、「社長令嬢」みたいなもんやん?

社長の娘さんってのは、
固定観念というか偏見かもしれへんけど、
やっぱ、でも、
社長!の娘さんやねんから会社ん中でそりゃあよくしてもらうでしょう。
お嬢さんお嬢さんって言われて、
本人は悪くなくとも、そうなれば、自然と…(以下省略)ってなったり、ある。

ましてや、
社長の娘さんならぬ、座長の娘さんは、女優さんで舞台に立つ、人に毎日観られるシゴト。

しかも、そこは、大衆演劇という、役者と客の距離が違い世界。

そこで、お父ちゃんが座長だったりお兄ちゃんが人気役者だったりすると、
ほな、お客さんは彼女に…(以下省略)。ほな、彼女は…(以下これももう省略)。

でも、千代丸座長の娘さん、千代音ちゃんは、“座長の娘さん”「なのに」、

なのに、

例えば大入りの挨拶の際も
座員が持ってきた大入りティッシュを貰ってぱぁっと撒くのではなく
誰より真っ先に座長(父)が喋るためのマイクを舞台袖に走って取りに行ってた。

例えばショーの幕が開いて皆で踊るというときも
座員の中で、誰よりも声(掛け声)出して盛り上げてた。

例えば芝居でも、
なんだろう、全く、一切、手抜き演技はみられなく、
熱演は当たり前なことやけれど、
それに増して、すごく「ちゃんと声を出そうと」していて、
それを含めて、なんて言うんやろ、舞台姿からすごく「ひたむき」な感じが伝わってきた。

うわぁ、なんでやろう、珍しいんちゃうやろか、「“座長の娘さん”なのに」。

素敵だなぁ。

さらに、彼女は、

すごくイマドキのオンナノコっぽさを感じさせるお化粧なのに、

喋り方も、「ヤバいっす!テンションがヤバいっす!(笑)」なのに、

(歌い終わった後の座長に「自分ら今日ハイやなぁー」と言われての返事)

「なのに」ってのも、あるのですよね。

うわぁ、もう、なんて素敵なんだっ。

そんな千代音ちゃんに、ワシは、なんかものすご「大物感」を感じます。

「ミニスカ金髪でボランティア活動に目覚めたコギャルが後々ベンチャー企業を立ち上げて社長になりました」

みたいな!

ああ、なんか、嬉しい、楽しい。

カワイイ。なのに、大物っ!(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
千代丸劇団、先週13日(日)昼、朝日劇場にて。
この日のお芝居『乾いて候』(そう、田村正和のあれ!!)での熱演がとてもキュートで素敵だったの。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとですね!
で、お芝居はどうでしたか?
^^
みかん
2012/02/20 13:33
お芝居は…めちゃめちゃ面白かった!
ので反芻中です。
じっくり反芻後、思い出して、書けたらなぁ、です。
桃♪⇒みかん様
2012/02/20 13:40
楽しみです。
みかん
2012/02/20 13:53
プレッシャーです。
でもウレシイ限りです。
ありがとうございます。

月末くらいになるかなぁー。
桃♪⇒みかん様
2012/02/21 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
なのに… -沢村千代音- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる