桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS フルコースは最後まで -舞台=人生を味わうために-

<<   作成日時 : 2012/03/19 06:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

大衆演劇の舞踊ショーで、
客席の空気があきらかに盛り下がるときがあります。
それは、ちょっと歳をとった人の出番だったり、
「誰?あの人?!」的な役者さんの出番だったりします。

でもワシは言わないよ!

「お目当て」だけでなく、「皆を愛そう!」なんて。
「ベテランは凄いんだ!」「誰かわからんあの人も格好いいんだ!」なんて。

だってそんなの、キレイゴト。
しょーじき、キレイじゃない人も格好良くない人もいる。

ワシはそれを「歳だから味がある」「渋いよ格好いいよ」なんて言いません。

だってそんなんテキトー、そんなん本人に逆に失礼。

でも、

「うわぁー!このひと、たぶんもう結構ええ歳やろのに片耳にピアスしてる!」
「ぎゃー!おばあちゃんが『命くれない』って、なんかリアルー!」
「なにあれ!ピンクの鬘に羽織袴!」

たまに、めっちゃおもろいの、ない?(笑)

いや、バカにしてツッコンでるんとちゃうねん。
嫌いやから笑ってるんとちゃうねん。

舞踊ショーという「起承転結」、
その「承」から「転」の≪間≫や、「転」から「結」の≪間≫で踊る、
≪人生的にも今「転」から「結」の間?!≫みたいな人は、
でも、今、ワシらの目の前の舞台に立っている。生きるため、戦っておられる。

その姿は、
ときに、
ワシらが「生きてゆく」ということの可笑しさ哀しさを教えてくれ、笑い泣きをさせてくれる。

ワシにはそんな方々は、
まさに、
≪「人生がそのまま舞台に現れる」大衆演劇というものの魅力≫を教えてくれるような役者に思えるのです。

あのピアス、あの金歯、あのコッテリ化粧、あの眉毛、あの化石、そして、あのスケスケ

大衆演劇の舞台には、
その人が生きてきて、生きてゆく、「起承転結」の人生そのものが滲み出る、カタチに出る。

だから、「フルコース」は最後まで味わおう。

メインディッシュ以外を「トイレタイム」だなんて口悪く言う人もいるけど、
食事中にトイレはあかんやろ?

いや、そうじゃなく、トイレ行ってたら、ほんまに美味しいもん、逃しちゃうよ?

トイレは、全部終わってからで、ええやん。いや、幕間に済ませておきましょう。

オイシイものをみぃーんなたっぷり味わうために…。

大衆演劇を、人間というものを、いっぱい、いっぱい、味わうために…。


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
と、「現・干からびかけの餅」、
あ、でも「昔も腐りかけみたいなんが魅力の餅(色はピンク)」みたいな人(うん、愛しのスケスケ。笑)に、
この世界の本当の面白さを教えてもろた、ワシは、思います(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「幕の内弁当」がいい-舞踊ショーにおけるポップスの割合-
大衆演劇のショーにおけるポップスの割合って、重要やと思いませんか? 大衆演劇のショーにおけるポップスの割合って、なんか、多くなったと思いませんか? ...続きを見る
桃花舞台
2012/05/06 02:03
色気 -≪腐っても鯛≫いや≪老いても役者≫-
例えるなら、≪腐っても鯛≫いや≪老いても役者≫。 ワシは大衆演劇の舞台に上がるそんな役者さんたちに ちょっとトホホながらも、眩暈がするほどの「色気」を感じます。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/06/19 19:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フルコースは最後まで -舞台=人生を味わうために- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる