桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「陶酔」と「ハートフル」 -堀内孝雄-

<<   作成日時 : 2012/05/31 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

堀内孝雄の曲は、
「陶酔」と「ハートフル」。
そんな全然違うものを両方持ち備えている。
だから・・・≪大衆演劇≫に(も)とても似合う。

堀内孝雄と云えば、あのチョビ髭ですよ。
いや、それよりも、
堀内孝雄と云えば、あの歌い終わった後の「サンキューぅぅっ!」ですよ。

ワシはあの「サンキューぅぅっ!」が気になって仕方ありません。

あれ、もはや客へのお礼という意味は通り越しているよね?
あれ、絶対、「サンキューぅぅっ!」って言う自分に酔うてはるよね?
「サンキューぅぅっ!」って、あれ、絶対、めっちゃ気持ちよくなってはるよね?

ワシはあれをテレビなどで観るたびに笑ってしまいます。

キモいなぁ。
でも巧いなぁ。
キモ巧いよなぁ。

笑えるなぁ。
笑えるけど、笑えるから?、嫌いじゃないなぁ。
むしろ、ええな。

同じ、元「アリス」でも、
ワシ、谷村新司はもひとつ好きになれへんねんけど、
堀内孝雄は、なんか、気になる、むしろ、ハマってしまう。
そして、曲、結構、聴いてしまうのです。

同じチョビ髭、同じ陶酔型やのに、
例えば、『昴』を歌う谷村新司は、「ああ、うん。」なんだよ、ワシ。

あれも相当「気持ちよく」なってはるように見えるよ。(※特に、『昴』んとき)。

けどあれは、
「ただ、ひたすら、(自分が」気持ちいい」。
「この曲を歌う私、いいわぁ、いけてるわぁ」。(※偏見)

言うなれば、≪内にこもった陶酔≫?
けど、堀内孝雄は≪発散する陶酔≫!

「サンキューぅぅっ!」

ほんまに、ウザい。

その自意識と陶酔はどこかちょっと、いや、かなりウザく、
でも気になる、目をひく、観てしまう、クセになる。
聴いていて、こちらも、気持ちいい。

そんな「サンキューぅぅっ!」(with チョビ髭)。

堀内孝雄の歌は、
大人の男、の「純」な気持ちを歌った歌が多いように思います。
大人の男、というより、“おっさん”の中にある子供のような心とか、
ええ歳したオッサンがええ歳だからこそ感じる、
郷愁とか、若い頃の己への想いや周りの人への思い、そんな寂しさ切なさ…「あったかさ」。

もしくは、
男が歌う女ごころ。
これ、女形的世界だと思う。
チョビ髭のオッサンやのに、しっとり女ごころ…「陶酔」。

だから、大衆演劇の舞台でかかると、とても、しっくり来る。
キーワードは「陶酔」&「ハートフル」。全然違うこの2つの兼ね備え。

先週、NHKの番組『大阪SHOWTIME』で石川さゆりと2人ショーしてました。

堀内孝雄と石川さゆり…。

うわぁ、「陶酔」と「ハートフル」。

だから・・・。

うわぁ、≪大衆演劇≫!


ザ・ベスト‐男が抱えた寂しさ‐

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
で、だから、『ガキの頃のように』とか『東京発』とか…(笑)

そんなことはともかく、きのう、己の関わる番組収録のため行ったラジオ局で、
お昼の番組に生出演してた堀内サンとすれ違いました。で、ちょっとテンション上がりました(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プチ・小悪魔 -私的長山洋子の魅力-
長山洋子って性格悪いと思うんです。 元アイドルだったし、 その頃、ショッキング・ブルーの『ヴィーナス』なんてカバーしてたし、 その後演歌歌手になってなんか妙に色っぽい曲を次々にさらっと歌って、 突然海外の男前社長と結婚なんかしたし。 あ、この「性格悪い」はいい意味で…! ...続きを見る
桃花舞台
2012/10/21 23:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「陶酔」と「ハートフル」 -堀内孝雄- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる