桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私」 -大衆演劇誕生日公演における『乾杯』から-

<<   作成日時 : 2012/06/30 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

結婚式で友人代表が新郎新婦に歌うことでお馴染みの歌、
『乾杯』(長渕剛)は大衆演劇では誕生日公演で歌われたりします。
それも、自分の誕生日公演に自分が自分に歌ったりします。

先日は真っ白けの後見が自分の誕生日公演で歌っていました。
「乾杯!今!!!君は」
真っ白の顔に黒い帽子黒いスーツで、やたら「今」んとこに力をいれて歌ってはりました。

何年か前に観た、ヤンチャ座長も自分の誕生日公演で歌っていました。
「オレに幸せあれ〜!」
なぜか目の前に譜面台を置き、号泣しながら、歌っておられました。(※コレ

≪なんちゅうナルシズムや…≫

どちらの際も、ワシはドン引きしながら、笑いました。

バカにしたり、茶化して笑っているのではありません。
そのナルシィな姿は、骨の髄から「役者」に見え、
「人間らしくて」、グッときて、

観ていて、たまらなく「人間」(というものが)愛しくなるのです。

グッと来たワシは泣く代わりに、笑います。

≪ええなぁ、たまらんなぁ≫

人間は、みんな、自分が可愛い。
それじゃたぶんあかんねやろうけど、でも、「本音」はせやで。
自分のことが嫌いな人も、コンプレックスがある人も、皆、でも、自分が好き。

今日の主役はまぎれもなく「自分」。
これまで積み上げてきた役者としての軌跡がこの日、誕生日公演と云う「カタチ」なる。
最大の拍手と最高のライトを浴び、「自分」が「自分」でいることを祝ってもらえる。
舞台のセンターに立ち、大勢の皆の前で自身を魅せる「私」。

≪人生のおおきなおおきなァァ舞台に立≫っている≪オレ≫
そんな≪君=オレに幸せあれぇ〜ぇぇぇぇ≫!

画像


やっぱり、笑えます、泣けます。

≪かたい絆に想いをよせ≫る『乾杯』(長渕剛)は、「私」への応援歌。人生の、応援歌。

信じた愛に背を向けず、これからも共に笑いましょう泣きましょう。

≪人間ってヤツぁもォ…≫

乾杯!

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
次記事(後見)と、そしてその次記事(会長)に書いた、お2人の誕生日公演を観て。

なんしか、完敗!あ、間違った、乾杯!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まっすぐ!!! -大衆演劇における長渕剛について(笑)-
股旅! 任侠! THE ヤクザ!…「男、かくあるべし」! そんなある意味もはや時代錯誤。 でもいい意味にほんの美学、理想。 その姿勢を目標とし、 時代が移り変わろうと 極端過ぎるんはあかんけども、 あんな格好いい男(と書いて「人」と読む) でありたい!目指したい! そんな理想の男像、人間像を(極端に)描く 大衆演劇の芝居…… よりもショーがメインとなってきた今、 でも、でもでも、 その流れを感じさせるような舞踊がある! この歌手の曲を使った舞踊である! ―長渕剛... ...続きを見る
桃花舞台
2013/02/05 16:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私」 -大衆演劇誕生日公演における『乾杯』から- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる