桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでもあり@関東(も、関西も九州も皆!)-劇団翔龍-

<<   作成日時 : 2012/06/12 16:23   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

大衆演劇って、「なんでもあり」!
綺麗事ではなく綺麗事も何もかも全てポーンッと超越して「みんな違って、みんないい」!
関東の面白劇団「劇団翔龍」は、
そんな「大衆演劇の魅力」を改めて感じさせてくれます。

昔っからある、伝統を持った劇団という訳ではない。
うん、出来て10年も経っていないらしい。
でもその短い間、いろぉーんな役者さんが、入ったり出たり、また、出たり入ったりしたらしい。

今年、今月、
念願かなって(?!)、観たそこは、
いい言い方をすると「個性の集合体」でした。
いい風にとられない言い方をすると「いろんなひとがごっちゃ混ぜ」でした。

おじさん、おばさん、若いひと。
おっきなひと、ちっさなひと。
しろくてうすいひと、白くて濃い人、
明らかに謎っぽい人、無味無臭の雰囲気の人、ふつうのひと・・・

個性バラッバラ。

なのに、
全体はバラけることなく
微妙な、もうなんちゅうか絶妙なバランスで皆が目立ち合ってる!

この不思議さというか、奇妙な連帯感!
絶妙な、すれすれ・ギリギリのバランス!

「ええなぁ」

ワシは観ていて、
ときにひとりツッコミ、ときに魅入り、
もう忙しくしながらも、ニンマリ・ワクワクとしました。

例えば…
「ウチの店は江戸っ子気質でやってんでぃ!」
「ウチ?大阪のもんやけど?なんやねん文句あるけ?」
「ウチの会社の社風は九州男児やけん!」 ってな、そんな≪カラー≫って素敵だ。

なんせ、はっきりと「1(ワン)カラー(色)」で、わかりやすい。

それは社長だったり、代表だったりの、個性であり、色。その団体のカラーになる。

でも同じ「ご当地」的例えをするならば、東京、
今の東京という土地は、いろんな人間の集合体。

いろぉーんな地方から
仕事だったり学業だったり夢を追ってだったり、
いろぉーんな理由で上京してきた、
いろぉーんな経歴や生き方を持った人らの、いい意味での「寄せ集め」。

いろぉーんなカラーの、
バッラバラの人々が、
バッラバラやけれども、一緒に、狭いとこに一緒に住んで、暮らしてる。

そんな東京と云う
いろぉーんな地方から来た人々が住み、仕事し、生活し、根付くように、
この劇団は東京に、あり(出来?)、そして絶妙なバランスで、ひとつの舞台を創り、魅せてくれている。

「ああ、どんなひとも生きててええんや!」
(…いや、そりゃ、あかんのかもしれへんけど。笑)

「あんたは、あんたでええねんで!」
(いや、それ、思いッきし開き直られても、うっといねんけど。笑)

大袈裟かもしれませんが、
「いろんなひとが絶妙奇妙なバランスでごっちゃ混ぜ」なこの劇団は、
そんなトホホでワハハで、楽しくてほろ苦く、夢と現実な、
「なんでもあり」という「大衆演劇の魅力」を改めて、教えてくれるような気がしました。

その「なんでもあり」という「逞しさ」は大きく言うとたぶん人間ってヤツの逞しさ。
だから、観ていて、心から「笑い泣き」出来るのかもしれない。

「みんな違ってみんないい」。

「ミミズだっておけらだってアメンボだって」、
ややこしそうなんだってフツーのだって、
人間的に何の問題もないマットウナ人だって、
破天荒に生きてきた人だって、
今は、今んとこはみんなみんな、あっちでこっちで、生きているんだ、舞台をやってんだ。
そして、みんなみんなそれを観てるんだ、(なんやかんや言って)友達なんだ。

でも…「大変やろなぁ」、作ったひと、束ねるひと、居るひとは(笑)

そう思うと、
いろいろシンドさはあるねやろうけれど、
口上後客席にニッコリと手を振り、「じゃ〜あね〜ン」なぁーんて言いながら幕ん中に入る
この劇団の座長、春川ふじお座長も(「は」&「も」)凄い「力」なのかもしれないね。

強烈な個性や鋭い芸風なんてなく、
ホンマ人好きのする、あのふんわか(ふんわり+ほんわか)キュートな、「力」!

画像


ほなここ、もしかしたら関東最後の「龍」、昇り龍、もとい「翔ける龍」なのかもしれません。

やっぱり、面白い。
やっぱり、素敵だ。
「大衆演劇」ってやつ、つまり、「人」ってやつは。

びば、「なんでもあり」! 

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
6月7日(木)、ファミリー湯宴ランド小岩、昼にて。

お芝居は『浅草の灯』だったよ。なんだかひとり勝手にグッと来てしまったよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
華 -獅童礼斗-
まァるい顔にそぐわぬ、三日月みたいな目。 まるいのかトガっいているのか。 「純」なのか、「妖」なのか。 いや、「純」なのか「愛」なのか。 その名は、今、「獅童礼斗」。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/06/12 22:12
笑顔 -藤川雷矢-
あんなええ表情(かお)を観たら、 はじめて観たのに、 はじめてでも一瞬で「うわぁ」ってなっちまうや。 ウソじゃないや。 なんだかめっちゃ「これから」にワクワクするや、 藤川雷矢(「劇団翔龍」 花形)。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/06/12 22:13
お疲れ、扇さん!-その姿は熱く、セクシィ、扇さとし-
「扇さとし」が踊っていたよ! 立ちで!コート着て、赤い着物に!面長の顔に細い目で! 長渕剛の知る人ぞ知る名曲を! 色っぽく! ワシ、思ったよ。 こういう役者さんが居なきゃ!って。 こういう役者さんが居ての人気劇団なのだ!って。 そのちょっとお疲れセクシィ≠ネムード漂う姿を観ながら! ...続きを見る
桃花舞台
2013/07/21 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでもあり@関東(も、関西も九州も皆!)-劇団翔龍- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる