桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 華 -獅童礼斗-

<<   作成日時 : 2012/06/12 16:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

まァるい顔にそぐわぬ、三日月みたいな目。
まるいのかトガっいているのか。
「純」なのか、「妖」なのか。
いや、「純」なのか「愛」なのか。
その名は、今、「獅童礼斗」。

ワシは昔の名前の彼を知りません。

しかし休憩中の女子トイレでもお客さんたちが口々に彼の評判(イイ!)をしていました。
客席でも、着物姿の、
温泉目当てではなく、あきらかに舞台を観に来たのであろうお客さんも彼の評判をしていました。

舞台に現れた彼は、
今風実力派演歌歌手「カレン」ちゃんの
ユーロ&三味線&ポップ・ド演歌『純情花吹雪』に合わせて、
センス、いや、扇子を物凄いスピードで回してた。

ワシは個人的にこの「扇子くるくる系舞踊」があまり好きではない(※どこの、誰のでも)。
だって、これ、ヒネクレ桃が付けた別名「オレのテクを見せてやるぜ舞踊」に見えるから。

でもね、嫌いなのに、魅入る何かがあったのです。
魅入って、構えたデジカメを連写させる何かがあったのです。

嗚呼、それを指して、人は一言、「引力(オーラ)」と言うのかもしれないね。

先月から「劇団翔龍」に入ったらしい彼、
2年ぶり?3年ぶり?に役者となったらしい彼は
昔から観ている方曰く、昔より「顔が穏やか」で「雰囲気が変わった」。

けれども、
かつてさぞ話題と視線を集め、
そしてこれからも、きっと多くの目と話題を集めそうな、
そんな雰囲気を滲みに滲ませて踊っていました。

ワシの今まで観たことのない雰囲気を持つ役者さんでした。

穏やかにも妖しい、隠しきれずだだ漏れの「華」。

その華は「毒と純」?いや、「純と愛」?!

でもワシには、
シルバーの鬘で扇子を回し『純情花吹雪』を踊る彼の後ろに、
見えもしない花吹雪が舞うように見えました。

うん、確かに、見えて、ゾクッとしました。

ヘンテコな名前の彼は、きっとどこまでも「役者」なのかもしれません。

画像


おかえり。

好き嫌いや賛否はさておき、
その「華」が忘れられず、これからもみてゆきたいと思っている人はきっと多いはずだから。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
今ワシが面白いと思っているカレンちゃんの曲やったからか? いやエエと思った理由はそれだけやないはず。うん。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
華 -獅童礼斗- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる