桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて「大衆演劇の楽しさ(&凄さ)」 -素人さん@舞台から-

<<   作成日時 : 2012/07/09 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像大衆演劇の舞台でたまに「素人さん」を観ます。
素人という言い方はちょっと違うな。
「大衆演劇の役者ではない人」が、
「大衆演劇の舞台」に、
「大衆演劇の役者」として
出るのを観ることがあります。
これが、結構、悪くない。
これが、結構、楽しかったりする。

先月観た「劇団大川」(@朝日劇場)にも、2人ほど。
座員が少ないので
応援というか
お手伝いで入っていたらしい若い男の子。
彼らはどこか養成所出身の、大衆演劇ではない役者さんらしい。
(と、客席でお客さんが言うてた)

こりゃまた先月観た「劇団美鳳」(@つくば、お誕生日公演)にも、3人ほど。
役者さんやなく、芸人さん。
大衆演劇の舞台によく出ている芸人さんらしい。
大衆演劇雑誌に連載が載っているので名前は知ってた。

正直に言うと、ワシは本音ではこういうのが好きやない。むしろ、嫌です。

ワシもこれでもマスコミ人の端くれなので、行政(=大人の事情)というのは、わかる。

でも、ヤダ。

だってワシは大衆演劇の芝居を、大衆演劇の舞踊を観に来てるのである。
せやから、一回でも多く座長や好きな役者の踊りが観たいのである。(贅沢&ワガママ客)

でも、悪くなかった。

ニタッとなった。

大川での若い子は、
様になっているはなっているがどうも何かどっか違和感あるお化粧で、
劇団の若手リーダーと一緒に海系の格好(侍みたいな鬘に棒持って)で
鳥羽一郎の『龍神』を緊張気味の表情(かお)で踊っておられました。

荒々しい大きな振り付けを、結構様になる感じでこなしてて、
でも、やっぱ、なんか、ちょっと、どっか、「ぽくな」くって。

美鳳で観た芸人さん(たぶんそんなに若くない)は、
芝居でも斬られ役で出演し
ショーではスーパー歌舞伎みたいな大そうな格好(でもどこか笑える風味)で
パチスロ『花の慶次』のテーマ曲に合わせて、舞踊、いや、寸劇、『三国志』。
なんかなぜかどっか“どや顔”で。

ワシ、どちらも、ニンマリしました。

彼らのフレッシュで、こなれてなくて、
でもでも、なんか「俺、楽しいわあ!」みたいな姿は、悪くないというか、ちょっと楽しくて。

ワシらに、初心を思い出させてくれるようで。

そしてワシらに、また改めて「大衆演劇の楽しさ(&凄さ)」を教えてくれるようで…!

なんか悔しいような気もするけれど。

これが、結構、楽しかったり、するのです(笑)

「初心忘れるべからず」

そして、

「楽しいって素敵」

そう、そうなんやね。

あ、でも、たまやからええねん。たまで、ええで(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
写真はその「三国志」。角田さんの歌にのせて、首がぽろっと落ちたり、なんしかキメてみたり(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めて「大衆演劇の楽しさ(&凄さ)」 -素人さん@舞台から- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる