桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞台と人間 -狐狸狐狸 World、芸の≪本音≫?!-

<<   作成日時 : 2012/08/25 19:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

「自分の世界に入って≪集中≫…(スイッチ)インして踊りたい」
「お客さんなんて放ったらかしで、曲の世界に入り込んで、曲の主人公になりきりたい」
≪自分に正直に生きてきた≫(名言、いや、迷言?!)その役者は言う。
これって、正しい? これって偉い? 解らない。
でも、これって、ちょっと、≪役者の本音≫じゃない?!(笑)

大衆演劇の舞台は「舞台=生活」。
大衆演劇と云うのは、舞台と客席の距離、役者とお客さんの距離が近い世界。

見栄や生活やに繋がる「ゲンキン」というものが舞台上で見える世界ゆえ、
そして「生活」=「舞台」だからこそ、役者も、客も、気を遣ったり遣われたりが起こる。

それはこの世界の舞台上の「芸」がええときもあり、悪いときもあり、
なかなかそれゆえ安定して、一定以上のレベルにならん理由のひとつかもしれない。

だって良くも悪くも、
お客の顔が見える、お客をいやおうなしに意識せなあかんこの近い世界では、
客のためや、いわゆる“スポンサー”(ご贔屓)への、
ワルイ意味ではなく、意識的・無意識的気遣いも舞台に現れると思う。

例えば選曲、例えばその日の舞台への集中力といった点とかサ(笑)

決して客に媚びている訳ではないけれど、
それって彼らこの世界の役者ならではの、悩みであり、やっていかなあかんことであり。

そんな世界で、そんな世界だからこそ、
多くの役者(特にポリシーを持った役者)が言う
「自分の世界に入って≪集中≫…(スイッチ)インして踊りたい」は、
冒頭の名・迷役者のみならず、
役者の、役者やからこその≪本音≫なんとちゃうかなぁ、と思うのです。

けど、≪自分に正直に生きてきた≫、名・迷役者は更に言う。

「涙を流すことは出来る、なぜなら「役者」だから」
「舞台上で泣ける、その技(テク)はある。でも…「意識してそれはしたくない」」

そうではなく、「自然と、入り込めたら…」。

…正直だなぁ。正直すぎるなぁ(笑)

今日は8割出すぞ!やるぞ!と肩に力ガチガチに込めてたら、気合いが空回りする。
そう、それは「客<俺」だから、いい舞台じゃないんだよ、きっと。

でも「客>俺」は、自分の世界に入れへんから…

って、

嗚呼、芸の道って果てしない!
「舞台=生活」、「舞台(役者)と客席(客)」の距離が近い大衆演劇の芸って果てしないね!

だからこそ、ワシは
この世界で、「今日はすごく“イン”出来てはるんちゃうか」ってな舞台を観られると幸せです。

でも、ワシは
この世界で「あ、今日はこの曲でもいつもと違うこんな仕草が出た!あれ、意識的?無意識?」
とか想像するのも、好きです。

ちくしょうややこしい、ちくしょう面白い。
本音と気遣い・実と虚の混じる、なんて素敵な狐狸狐狸 World! 
大衆演劇と云う舞台世界、いや、人間世界!

ワシはまだまだ勉強不足。
筆(芸)を磨きながら、バテながらも、長ーい目でこのややこしWorld楽しみたいと思います。

一緒に楽しもうね、客席のあなたも、舞台上のあなたも、みぃーんな、ネ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
そんな世界やからこそ、「Don't think.FEEL! 」(ブルース・リー)。
アタマではなく心で、本能・感覚で楽しみたいよね。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「俺」系か「成りきり」系か…中でも「成りきり」系が好きな訳。
先月ワシは「おさん」に出会いました。 そこにはちょい歳くったシンドそうな56のオッサンは居ませんでした。 あ、ウソ、3割は居ました。 でも、7割は「おさん」でした。 7割、手代と間違いを起こし恋の道行する暦屋の女房、 近松が、西鶴が、その事件をモデルに書いたドラマチックな女「おさん」でした。 前日は脚絆つけた玄界灘の船人足に成っていたそのひとが、です。 …うぉー。(※客席でのワシの感嘆の唸り声) ...続きを見る
桃花舞台
2012/10/25 16:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
狐狸とはキツネとタヌキですよね

動物といえば大衆演劇の舞踊ショーでは
ここでしか聞けないような動物の曲が出てまいります
♪兎のコン♪黒あげは♪キリギリス・・etc

特にうさぎのコンなんてのは
自分の世界に入って楽しんでるように感じますよ
♪コンコン 兎のコンチクショウ(笑)
へっぽこおやじ
2012/08/26 09:29
そうそう、私がよく言う「動物の歌シリーズ」(笑)

キリギリス、おにやんま、蝉、黒あげは。
兎のコン、月夜のうさぎ、渋谷の猫…。

全部「カッコツケ系」「パフォーマンス系」舞踊になる曲ですね、うーむ(笑)
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2012/08/28 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
舞台と人間 -狐狸狐狸 World、芸の≪本音≫?!- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる