桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌は気持ち@舞踊ショー-ギャル演歌とヤンキー歌謡-

<<   作成日時 : 2012/09/05 02:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

画像≪ギャル演歌≫という言葉をご存知?
ワシは最近知りました。
さらに、もひとつ。
≪ヤンキー歌謡≫という言葉はご存知?
これはワシが勝手に命名しました。
そして思いました。
今、イマドキの、
今風の大衆演劇の舞踊で使われているのは
まさしくこれらの歌ではないか!と。

≪ギャル演歌≫、それは社会学者で関西学院大学の先生、
鈴木謙介さんが命名した言葉らしい。

例えば、「会いたい」
例えば、「寂しい」、
そんなイマドキの、
例えば、「素直になれない私」の気持ちをリアルに歌ったポップス。

そう、演歌じゃないねん、ポップスやねん。

「ケータイにメールしたけれど…」
「愛してるって言われるけれど…」

“ナカミ”は演歌の心情と一緒で、でも、“パーツ”は…今風。
なんというかケータイ的というかmixi的というかブログ的、それが≪ギャル演歌≫。

具体的な歌手名を挙げると、西野カナ、加藤ミリヤなどなどだそうなのですが、
ワシ的には、ここにHYとか、絢香とか、倖田來未も付け加えたい!
(だってそんな感じせぇへん?)

大衆演劇の舞踊ショー、特に今風女形では、これらの曲が使われます。

なるほど、歌詞がストレートで感情移入しやすい。
いわば≪今風演歌≫…≪ギャル演歌≫。

これらの曲を使って舞台に登場するのが、
着物やけど着物じゃない今風なフリフリ着物とかキラキラデコ着物みたいな女形です。

そんな曲・そんな役者さんだから、
今、今の客席からキャアって歓声やワァって溜息が上がるんだね。
若い子からは勿論、オバチャンたちからも…。

一方、そんな≪ギャル演歌≫に対する男版は、さしずめ、≪ヤンキー歌謡≫やない?

例えば、長渕剛、湘南乃風、EXILE、EXILEから派生したユニット…。 

スピリッツ(精神)、ファッションなんかを想像していただけると、
解っていただけると思うねんけど、なんか、なんつうか、“ヤンキー”やろ?

これはかつての村田英雄だったり杉良太郎だったりの「一本気」「男の道」が、
時代が移るにつれてカタチを変え、今風になったものだとワシは思います。

ヤクザじゃなく、ちょっとカタさや古さの抜けた、ファッショナブル・スピリットなカタチ、「ヤンキー」。

これらの曲も、ほら、もう、今の大衆演劇舞踊ショーではテッパン中のテッパン。
使われない劇団はないと言っていいでしょ?

そんな曲・そんな役者さんだから、
今、今の客席からキャアって歓声やワァって溜息が上がる。
若い子からは勿論、オバチャンたちからも…。

って考えると、舞踊ショーって、やっぱり、「時代をうつす鏡」なんやなぁ。

でもね、ワシは思うんだ。
カタチは変わろうとも、“ナカミ”は変わらないのだろうと。

そう、きっと、「歌」って、「気持ち」。

そんな「歌」を使った舞踊ショーって、カタチやけどカタチやなく、きっと、「気持ち」。
カタチの奥底、カタチの向こう側に、あるものは、踊る方・観る方の「気持ち」。

…なぁーんて思うと、歌って奥深い、
歌を使った舞踊ショーって奥深いなぁ、って、また、しみじみと思わされるのですよ、ね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
芝居観てもショー見ても、そんなことやらいろんなことが次々と頭ん中に浮かぶ。
せやから例え1日1回観ただけでも、アタマがパンクしそうになるのね。ああ、しんどくて、でも、めちゃ、楽しい(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
生-『Joker』(湘南乃風)-
湘南乃風の『Joker』。 This is the ≪ヤンキー歌謡≫! The Top of the ≪ヤンキー歌謡≫! これ、近年の大衆演劇の舞踊ショーで流行っている曲。 これ、ワシには大衆演劇役者さんの「生」を 解りやすく表す曲に思えます。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/10/29 21:35
血と矜持-旅役者、その誇り高き≪ヤンキーイズム≫!-
敬愛するジャーナリストに都築響一さんという方がいる。 彼がライフワークのひとつとして目をつけているのがヤンキーたちの独特のセンスだ。 改造車、バイク、特攻服、「夜露死苦」的フレーズ。 「ヤンキーは文化だ」「全身全霊の生き方から生まれた心からの叫びだ」 なのに編集者たちは眉をひそめるという。毛嫌いするのだ。 「僕たちはそういうやつらの爆音に耳を塞ぎながら必死で勉強して今ここに居るんです」 都築さんは言う、書く、叫び続ける、「それでもヤンキーは文化だ、芸術よりも芸術だ」 熱くなる... ...続きを見る
桃花舞台
2017/05/06 10:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌は気持ち@舞踊ショー-ギャル演歌とヤンキー歌謡- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる