桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS スルメのように -私的大衆演劇の楽しみ方-

<<   作成日時 : 2012/09/12 05:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

例えば、舞踊ショー。
例えば、好き(変な意味ではなく)な役者さんが踊っている1曲の間。
3〜5分の間、アタマ、フル回転。
曲に関すること、踊るそのひとに関すること、己に関すること。
要ること、要らんこと、今考えんでもええこと、そういや思い出したこと。
浮かぶ、消える、また浮かぶ、残る、消える…。
あなたにはそんな経験はないですか?

ワシは3〜5分の踊りを観ると、
いや、その踊りのことを考えると、少なくとも数時間反芻出来ます。
舞踊ショーは×座員さん分…せやなぁ、だいたい、1つのショーで11〜14曲くらい?

観たら、一日、アタマの中で遊べます。

ワシは踊りも好きですが、芝居はもっと好きなので、
1本の芝居観たら、数日、一週間、いや、一か月は反芻して楽しめます。

なので、1日、昼か夜か、どちらか観たら、もう、アタマ、フル・オーバー。
観ている最中も頭いっぱい、帰ってもいっぱい、いっぱいいっぱい(笑)

ね。なんでこんなに、普段使わないアタマを使っちゃうんでしょう、キモいくらい。

先日、仲良くさせて頂いているオネエサマともメール対談(?!)となりました。

「なぜ我々は舞踊中(芝居中もだけれど)、
数分の間に、目まぐるしいほど、いろんなことを考えるのか」と。

それはね、たぶん、「好きだから」。

これに他ならんのよね。

なんやかんや言うて、「もーー。めんどくせーーー」(←ワシ)とか、
「あーー。もー。ええわーー」とか言いながら、
でも、好きで、好きで好きでしゃあないんだよ。

誰とかどことか何とか、そんなんではなく、この、面白い世界が。
人間まるだし、観てる「私(じぶん)」すらもまるだしになる世界が。

うん、ちょっと変態チックなほどに、「好きで、好きで、好きで。」(倖田來未)なんだよ(笑)

もう、しゃあない。一緒に、もっと好きになりましょう。
バテながら、でも、楽しみましょう。
あ、シンドなりすぎたらあかんから、ぼちぼち。

妙齢のくせに幼いアホ桃も、この世界からほんまいろんなことを学ばせてもろてます。

まだまだ、このでっかい“スルメ”みたいな世界、口に入れたばかりです。

ちょっとクセがあって、≪におい≫がある。

スルメ、いや、アタリメ。この美味しさ!

観るたびいろんなことに気付かされる、考えさせられる。
観るたび己の小ささと共に人間の面白さに気付かされ、考えさせられ、
しょーみ、途方にくれる、たまに、ちょっと病む(笑)

歯応えと旨味のあるこの世界、アタマと足と目と…客席で五感使って、もっともっと楽しみましょう。

マヨネーズつけたり、七味つけたり、あ、砂糖つけたりしてね。

モノカキ桃は、その「美味しさ」に気付く、ちょっとした“おせっかい”が出来たら、嬉しいです。

バテんよう、健やかなる時も病める時も、愛し続けることを誓います…うん、スルメを(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
ここんとこ仕事私事でバテているが、ネタ、果てしないほどにためている(笑)
ぼちぼち、ほんまぼちぼち出していくので、お見捨てなく、付き合ってやって下さい。ね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スルメのように -私的大衆演劇の楽しみ方- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる