桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 桃版・富嶽百景

<<   作成日時 : 2012/10/13 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像富士山を見てきました。
一泊二日の間に晴れたりまた曇ったり…。
コンジョワルのワシは思いました。
「あの雲と山は
グルになって人間をバカにしてんちゃうか」。
そんなことを母に言うと、
「あんた、ほんまにスレたな(笑)」と言われました。
そう、富士山に行きたいと言ったのは実家の母。
モノカキというヤクザな稼業についている長女、
せめてもの親孝行で、お連れ致しましたのです。

この春亡くなった父はバカみたいなお人よしでした。
面白い人でしたが弱い弱い人で、酒で死にました。
プライドの高いそのくせ弱い母は、最後まで素直になれず、でも、最後素直になりました。

ワシはそんな父そっくりです母そっくりです。

ワシがずっとその目を意識してきた母も一人の人間に見えてきました。
母も己も歳をとったなぁとしみじみ思いました。

遠くで見ると、ツンと綺麗な富士山は
近くで見ると、ゴツゴツとした素のまんまで面白い。

まるで化粧顔とスッピン。まるで舞台姿とスッピン。
富士山って、役者。人間って、役者。

母は大衆演劇が嫌いです。
嫌いどころか、彼女の前ではこの四文字を口に出すのもNGです。

雲と結託している山を見ながら何度も、苦笑いしました。

オトォハン、オカァハン、ええ歳してカッコ悪いが、親不孝極まりないがもうちょっと待ってくれ。

「ワシ、富士山になりますから」

画像


うん、富士山みたいな人々がいっぱいの大衆演劇を追うことで…。

あ。ウチの大衆演劇の“師匠(せんせい)”、今月、もう『富士山』踊りはったんやろか?

そんなことを考えながら翌日芝居小屋に行ったら、
“師匠(せんせい)”は『富士山』やなく『歩』を悠々と踊っておられました。

ちぇ。

…たまらない(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
富士の麓、河口湖にはあの「カチカチ山」(太宰治の『お伽草子』から)があるんだよ!
狸と狐!…ではなく、狸とウサギ!(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桃版・富嶽百景 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる