桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS ドロッと流し目が語るもの-見城たかし@『情炎』-

<<   作成日時 : 2012/12/15 13:42   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

画像大衆演劇の役者さんを観ていて
「色っぽいー!!!」「わぁー!!!」と思わぬワシが、
ひさしぶりに「うぉう」「たまらん感じやな」となりました。
これも生舞台ではなく、7年前のDVDを観ていて。
その人の名は、(元)「翔龍」、「見城たかし」後見。
(※現「紅劇団」後見(※2013年にまとめた最新記事は【コチラ】))
その人が踊っていたのは、『情炎』(吉幾三)。

ワシが生でこの人を観たのは4年前の関西の劇場でした。
ずっと関東に居たが、
その年の正月からその九州の劇団に入ったばかりというその人は、
高英男もしくはボーイ・ジョージばりの変な格好で朗々と歌い、
世界入りまくリングの女形で踊っていました。
(※写真は去年観た『飢餓海峡』のラストポーズ)
「なんか解らんけど只者やないんやろな」と思いました。
ドロッと流れる「目」に妖気を感じました。

あのどろどろさはきっと「積み上げてきたもの」によるものやないやろか。
若い頃から、いや、若い頃はもっとどろどろしてたんやないやろか。

そう思い、昔の写真やインタを引っ張り出すと、
うん、20代の頃はさぞモテたろう可愛かったろうと思わせるイケメンやったよ。
座長の息子というポジションではない、
けれど幼い頃からこの世界にそして歌手として芸能界におり、
幼い頃から紆余曲折の道を生きてこられたからか、
鼻とアタマの高そうな、せやからたまらんイケメンの雰囲気がしたよ(笑)

そうして関東、関東、そっから色々あったようで、流れて、流れて、座長、後見、座員、後見…。

ほら、やっぱり。
ん? 何が、やっぱり?

腰はケガで痛めたそうだし昔を知るファン曰く痩せたらしいし、決して体は良くはなさそうです。

けれど、シンドそうな目が怖いくらいギラリと光る、いや、ドロッと流れる。
それは「殺すぞ!」くらいの怖い光に見える。
枯れているのに妖しい。怖い。

それはいい意味での、
≪オトナというもののワルい魅力≫≪役者というもののワルい魅力≫だと、ワシは思うのです。

そしてこのワルそげな魅力を幼いワシは誤解を承知で言いたい、それは、それこそ、「色気」だと。
「役者として」を通り越し、「人」としてのプライド光る、「生きている」という「色気」だと。

俺は役者だ一世風靡したんだ、
関東も関西も九州も観てるんだ、
だから、「うぉう」「たまらん」「いろっぽい人やなぁ」…!

≪女の情(なさけ)とは死ぬまで炎ること、役者の情もまた死ぬまで炎ること≫

先日観た7年前の『情炎』は、たまらんかったなぁ。
ボルドー(に見える)お引きを着、シャネルの簪いっぱいの鬘で、
白く濃い顔に赤い口紅を塗り、どろっとした流し目を…
今、更に凄味増す今、こんな色っぽい曲に当たったら、怖いなぁ、でも観てみたい。

≪役者の情(なさけ)とは死ぬまで炎ること、追うワシの情もまた死ぬまで炎ること≫

…なぁーんて。

さて、それは、どやろ!(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
前記事と同じく、DVD「観音湯 みなみ座 三周年記念 花の座長大会」(2005)から。

昨年も虎さんとセットで書きました(【コチラ】
生まれも、ポジションも、全然違いますが、でも、ワシにはなんだかこのお二方が似て見えるのです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大衆演劇芝居【その作られ方×楽しみ方、魅力】-『長良川艶歌』から-
『長良川艶歌』というお芝居があります。 これ、ワシが知る限り2〜3劇団で演じられているようなのですが、 時代劇らしい「美学」がしみじみ光る、 大衆演劇らしい(?!)、 え〜ぇ人情ラブストーリーなのです。 ラブストーリー芝居が好きやないワシが、 でも嫌いじゃないエエ芝居なんです。 途中まで「お!」って趣向もある、よく出来た芝居なんです。 これ、この芝居、なんとビックリ、 元ネタは、映画『刑事物語』(第一作目)なのだそうです。 ...続きを見る
桃花舞台
2012/12/18 10:31
個性(=色気) -写真でみる美川麗士総座長の魅力-
このポーズ! Don’t think, FEEL! ちょっと用があり、 ひさーしぶりに美川さん=i劇団美川、美川麗士総座長)を観た! 用事がメインだったため、 ショーの終わりがけ30分だけしか観れず、 気もそぞろだったのだけれど、 ジャンッ! 幕があいてこの構図が見えた瞬間、 ワシは即行デジカメを取り出し、撮ったッ! ...続きを見る
桃花舞台
2013/02/23 13:00
エンヤコラ!の美しさ -かつての女形座長が今、漁師姿で網を引く-
海モノ漁師系舞踊が好きじゃない。 そもそも男男した感じに興味がない。 棒やら櫂を振り回したりそんな男アピール舞踊は、 ワシにはあんまし合わんのだ。 裾をまくったり肩脱ぎしたりとか別にいいのだ。 そう思うワシが最近よく当たるのが、 師匠と勝手につきまとう役者氏の海モノ舞踊(笑) 角刈りにネジリ鉢巻き、 曲のキメでは裾をばっとめくって 足を出してどっかと座り込んだり、 男・男・男! ...続きを見る
桃花舞台
2013/05/07 18:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらは、200年くらいかかりますかしら(前記事参照)
はんつー
2012/12/15 19:38
じゃあ200歳まで生きなきゃ!ですね。
(意味不明?笑)
桃♪⇒はんつー様
2012/12/18 10:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドロッと流し目が語るもの-見城たかし@『情炎』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる