桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑い泣き -≪“おじさん”@総舞踊≫の格好良さ-

<<   作成日時 : 2013/01/07 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像舞台を観ると、
若いコと同じ衣裳で同じ鬘で同じ曲の中に、
ひとり、“おじさん”が居る。
例えばミニショーのラストや
三部ショーのオープニング、
総舞踊で、
若い役者さんに混じって、“おじさん”が踊ってる。
ワシは、そんなんを観ると、思わず笑ってしまいます。
笑ったあと、でもグッと来て、
でもでも照れ臭くて恥ずかしくって
ちゃんとマトモに観ていられなくなり、
目を伏せてしまいます。
でも、でもでもでも、
彼ら“おじさん”から目が離せず、
結果、顔やなく手とか足とかを観てしまいます(笑)
うん、ワシはアレ、嫌いじゃないのです。

しんどいやろうな。
今現在人気爆発なイケイケの若いコと同じ列に並んでいることは。
しんどいやろうな。
体力的に、と云うよりも、気持ち的に。
観ているこちら以上に、ずっと気恥ずかしくずっと照れ臭さ、あるんやないかなぁ。
もしかしたら、「嫌やなぁ」かもしれへんなぁ。

でもワシは、同情や肩入れやそんなんやなく、
そんなときのそんな“おじさん”を「ああ、格好ええな」って思います。

うん、確かにヴィジュアル的には美しくなくカッコ良くないかもしれない。
でも、その舞台に生き、若者に混じってキメているその姿は、
本当に、本当の意味での、人としての「美しさ」「格好良さ」やないかなぁ?

数年前、大衆演劇界のEXILEみたいな某劇団を観たとき、
長身の男前たちに混じってちっちゃいおじちゃんが端っこで踊ってた。
曲が終わった後、ちっちゃいおじちゃんは太った息子を担いでハケていきました。

数年前、イケメンばっかりの某劇団では
ラストショーで骨折した若い座長の代理で
彼の叔父にあたる元座長が若者たちの真ん中で踊ってた。
『祭男爵』(ORANGE RANGE)で、
「こんな格好、オレ、恥ずかしいわぁ!」言いながらも、ニヤリお得意の流し目でキメておられました。

今よく観ている劇団でよく観るおっちゃん(失敬)も、
よくイケメンズに混じって踊っている。
こちらも「恥ずかしい」「照れ臭い」言うてはるけれども、
そのちゃんと“舞踊”してきた手や所作は、イケメンズの中でもお世辞抜きで一番きれいやと思います。

人生の切なさ逞しさ、素敵さを教えてくれる≪“おじさん”@総舞踊≫には
生活が、生き様がそのまんま舞台に現れる大衆演劇の舞台の残酷さ、
そんな逃れようのない“ゲンジツ”をそのまま見える。

ほんま、悲喜こもごもやね、泣き笑いやね。

けど、“おじさん”たち。

ちゃんと、めっちゃ、ホンマに格好ええでー。
だから、無理したらあかんでー。

噴き出した後真面目な顔になり、
でも、照れ臭くって眩しくって、だから手とか足とかを観ながら、
切なくなりながらも、ワシ、客席からそう秘かなエールを送っています。

頑張れ、“おじさん”たち。
いや、“おとうさん”たち、“おじいちゃん”たち。

「生きてく」って、格好いい。

だから、ワシ、嫌いじゃないのです、アレ(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
写真は3年前のもの。その際書いた、軽〜い“背中”記事も、よろしければ。

本年初の≪“おじさん”@総舞踊≫は写真と同じ劇場&同じ劇団で、冠二郎の『炎』な総舞踊で観ました。
やっぱ、手と足ばっか観ちゃったよ(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笑い泣き -≪“おじさん”@総舞踊≫の格好良さ- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる