桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日までそして明日から -広島・清水劇場-

<<   作成日時 : 2013/01/08 21:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像「古き」は要らなき? 
いや、それでもやはり「良いものは良い」。
時代が変わってもきっと、良いものはきっとずっと良いし、
残らねばならぬものは、残していかなあかん。
しんどそぉやけど、でも古く良く、
今日も生き続けている広島・清水劇場は、
ワシをしみじみ感傷的な気分にさせました。
そして、時代とそこに生きる人と生きてゆく舞台世界
≪大衆演劇≫と向き合う決意を改めて与えてくれました。

ワシの如き若僧ではありますが
大衆演劇を観ていて不安を感じることがあります。
時代を取り込み、時代と共に生きていく。
そんなところが魅力の大衆演劇やねんけど、
せやけどこれからの時代、
この大衆演劇という“生きもの”はどないなってゆくんや、と。

どちらかというと古典芝居が好き懐メロが好き。
今時のラブソングでばっちりカッコよくキメてくれる「ダンス系アテ振り」よりも、
流れとリズムのある演歌でトメ・ハネ(※お習字?!笑)を丁寧に踊る「舞踊」が好き。
そんなワシは若僧ながら心配になるときがあります。
裕次郎やひばりや三橋や村田は時代が変わっても残ってきた。
せやけどEXILEやソナポケや東方神起はこの先10年先次の年号まで残るんかなぁ、と。

若いコやポップスやアテ振りや新作今風芝居など“今の光”を観ていると、
眩しくて明るくて楽しいけれども、同時になんだか寂しいような怖いような
なんとも言えない気分になるときが、正直、あるのです。

昨年12月、5年ぶりに訪れた広島・清水劇場。
この劇場は昭和58年に建てられた歴史も実績も名高い劇場、
名物支配人さんの名と共に、ワシの如き最近の若僧ファンでも知る劇場。

画像


画像


画像


画像


でも年末というシーズンのせいなのか、
それとも今という時代のせいなのか、
それともただ単にワシが行ったその日だけの話なのか、
決して大入り満員大盛況ではなく、ちょっとビックリした。

「古き」は残らないのかなぁ。
それは「ゲンジツ」「セイカツ」「ジダイ」というものにとっては仕方のないこと。
ほな、結局、「良き」ものであっても
「古き」は入れ替わってゆき、だんだんと消えてゆくものなのかなぁ。

いや、そんなことはない。ないだろう。ないって思いたい。

若いイケメンもおれば、技巧派のおっちゃんも居る。
新作「今」芝居もあれば、古く古くから継がれてきた古典みたいな芝居もある。
EXILEから派生した超最新ユニットの最近ヒットチャートも使われれば、
カセットやレコードから録音された美空ひばりの曲だって使われる。
そして、昭和の名曲を己のカラーで面白くカバーした徳永英明の曲も好んで使われる。
そんな、“新旧・東西・和洋・老若”がごちゃ混ぜ!全部あり!なところが、
大衆演劇の何よりの魅力。

時代が変わってもきっと、良いものはきっとずっと良いし、
残らねばならぬものは、残していかなあかん。
それは演る方の責任や力もやが、観る私たちの責任や力でもある。

画像


画像


しんどそぉやけど今日も生き続けている広島・清水劇場は、
5年ぶりに訪れたワシにそんなことを考えさせてくれました。
しみじみ、ちゃんとこの舞台世界に向き合おうと決意させてくれ、
思い出深い劇場のひとつになりました。

古きは悪き? いや、古きも、新しきも、全て、愛しき。
うん、難しいかもやけど、ゲンジツって途方もないけど、でも、せやからこそ、そう思いたい。

そんな清水劇場は、ワシにとって、
しんどいやろけども、ずっと生き続けて欲しいと願う劇場のひとつです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
昨年末12月に行きました。
前回訪問の際の記事(2008、5月)は【コチラ】です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
広島駅から路面電車で清水劇場へ向かう途中
水と緑の綺麗な街並みを見て
広島の過去をふりかえり
この静寂がいつまでも続くますようにと・・

さて清水劇場はビルの3階ですよね?
あたしゃ2階のエロ映画間の看板を見ると
こっちも見たいなと思うんです(笑)
映画館は今でもあるのかな?
へっぽこおやじ
2013/01/10 17:58
ありますあります、
私が行ったとき、
映画館ではホモ映画がやっていました。
興味津々のワシは役者さん方に冷やかされすらしました。

そんなことはさておき。

いい劇場ですよね。
ずっと、ずっとずっと続いて欲しい劇場です。
いや、そんな他人事みたいな呑気なことを言うのは失礼と
解ってはいるのだけれど、でも、それでも。

あ、勿論、映画館も一緒に、ずっと。ね。
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2013/01/20 04:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日までそして明日から -広島・清水劇場- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる