桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS サウイフモノニワタシハナリタイ@なんでもありの大衆演劇世界

<<   作成日時 : 2013/01/25 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大衆演劇は生活!
そう声高に主張してはおりますが、
せやけどワシは≪作品至上主義≫。
生活ということを考慮はしても、
でも、 ≪役者至上主義≫ではなく、
≪歌(の内容)至上主義≫≪芝居(のテーマや内容)至上主義≫。
今日はそんなアタマカタイ小姑なワシの話、
大好きで大嫌いなこの世界を観ているときの
“やかまし話”にお付き合いください(笑)

観出して、8年くらいか。
観たのだよ、ワシは。

例えば…
桑田佳祐歌う『白い恋人たち』でウチワを持って踊っていた10代の男の子!
石川さゆりの『風の盆恋唄』を振袖みたいなヒラヒラで踊っていたイケメン座長!
菊池寛の『藤十郎の恋』から出来た島津亜矢の『お梶』を茶髪の鬘で踊るベテラン座長!
ちあきなおみの『喝采』をなぜかニコニコ笑顔で踊ってたイケメンさんや女優さん。

(※全てどの劇団の誰とは言いません。それぞれに事情があるやろし、そんなん書いたら営業妨害やしネ)

いいねんけど。
きっとそれはコダワリなんかもしれんけれど。

でもアタマの堅いワシは観出して数年間はそういうのに出会うと
ひとりで勝手に客席でキレていました。

今ではキレません。
何に出会っても。

例えば、いわゆる“スポンサー”、
つまりは相撲で言うところの“タニマチ”的な大きなお客さんが来てはって、
そのひとから頂いた衣裳を着ようというサービス精神だとか、
そういう人と人とのお付き合いによる「作品<今日」によるものだったり
そういう幕内の事情があるのかもしれない。
だって、これは舞台であり生活だから!
と、知るようになったから。

でも≪なんでもありが魅力の大衆演劇!≫
≪舞台(演者)と客席(お客さん)≫の距離が近いこの世界だからこそ、
ここ、大事に出来たらいいな、と思ってやみません。

漁師踊りのときにちゃんと、裾めくるからこそ、ほんまの褌はいている役者さん。
島津亜矢歌う“ヒロインシリーズ”の原作をちゃんと読んで、ちゃんと知って、
映画化されたのも観て、衣裳決めてる役者さん。

など、など、など、そんな“ほんまもんのコダワリ”を持っている役者さんも
いっぱい、居るのだもの。そういう人、そういう舞台に出会えると、ホンマに嬉しいもの。

そんなワシは、原作も映画も好きな『飢餓海峡』に異様な想い入れがあり、
「なんで『飢餓海峡』で面使う人とかニヤッて笑ったりとかする人多いん?!おかしい!」
「あのさ!皆が桃サンみたいに原作知ってる訳ちゃうやん!」
「せやけどさ!」
なぁーんて、めっちゃ仲の良い友人とも
呑みの場でマジ喧嘩をしかけたアタマの堅いアホでございます。
(彼女はワシより観劇歴長いのに、あのときは、すまぬ。)

ま、そう、ただ単にアタマ硬いだけの小姑の呟きなんですが、
そういう「勉強」を舞台上も客席の我々もしていくことが出来れば…
って、うーん、これは理想論かな。

でもそんなデカい口叩く生意気小姑は、せやからこそ、毎日、
ほんま、このでっかく面白く人間だらけの舞台世界を
もっとちゃんと! もっとオトナゲと、でも譲れぬ正直さも持ちながら
観る力を養うべく、勉強勉強です、まだまだですけどね、ああ、しんど(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
そんなワシは先日「(海モノ演歌だったから)着流しの下に、褌しめてたん気付いたか?」と訊かれましたが、
気付きませんでした。負け。勉強不足観る目不足。まだまだまだまだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サウイフモノニワタシハナリタイ@なんでもありの大衆演劇世界 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる